チミドロライブ情報

チミドロというテクノラップバンドをやっております!
簡単なプロフィールはこちらです!


ライブ情報:

2017/1/20@下北沢THREE






ライブ情報、Facebookの「チミドロ」ページでもお知らせしています!

気軽に遊びにきてください!



みに、


チミドロの作った曲は下記から聴くことができます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1stアルバムみんなのうた(2007年)
AMAZONでも売ってます

PV「TOKYO特許許可局」(2008年)

PV「ブルージーンズ」(2010年)

PV「ただの錯覚」(2011年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music」(チミドロ/TOKYO特許許可局)(2008年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music vol.2」(チミドロ/ブルージーンズ)(2009年)

ファミコン音源を使った曲ばっかりのコンピCD「F.C BROS 2011」(チミドロ/迷子)(2011年)

ダンスレーベルLBTのコンピ「Drinkers High!10」(チミドロ/ゲットー酒場)(2011年)

フランスのレーベルSONOREのコンピ「みんなの家」(2012年)

BANDCAMPで配信中のわんにゃんパークEP(2013年)
そしてそのリミックス音源

SCUM PARK周辺のコンピ「FRESH EVIL DEAD」(2015年)

下北沢THREEのイベント「NO FUN」のコンピ「NO FUN ISSUE01」(2015年)

チミドロのsoundcloud

チミドロのMyspace

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by chi-midoro | 2017-12-24 23:59

ブラックニッカ日々 2017-01-18

寝ていたら家にヤマト運輸の方がきて、
ポン酢6本届く。

昼は100円のカップ麺に白菜を煮たものを突っ込んで食べる。

今日はシカクの巴さんと一緒に、今度2月に二人でやる「マンハッタン洗濯機」というユニットのスタジオ練習。
梅田の246というスタジオ前で待ち合わせて1時間。
すごい広くてきれいなスタジオで、発泡酒を150円で売っていて最高。
自分が作ったトラックに巴さんがサックスを吹いて、
なんか予想以上に良い感じになった。
あっという間に時間過ぎる。

マスコットボーイさんの中崎町の店に行こうと二人でチャリでうろうろするもどうしても見つからず、
一度出直すことにしてシカクへ。

パリッコさんとLINEで話す。
酒場人、無事作業が一通り終わったとのことでホッとする。

スーパーで買い出し後、はやとさんとyamacotさんが仕事終わりに今日も来てくれて、
ポン酢食べ比べ会。
この前の金曜に会ったばかりでまた今日も。良い仲間である。
楽しいひとときが過ぎ、シカクで「ゆうき」の曲を聴いてやべえやべえと騒いで帰宅。
死ぬほど寒いが、手袋をしているのでいくらかマシ。
大声で歌いながら走る。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-01-19 01:47 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-01-17

今日はがんばって朝から仕事。
方々にメール送ったりする。
焼酎をちびちび飲みながら片付けていく。

昼、郵便局にポン酢代を払いに行く。
ひどい寝癖で。

昼ご飯はいただきものの沖縄そば。
具が何もなかったので純然たる麺と汁。

おとといぼーっと「ちびまる子ちゃん」を見ていたら、
お母さんが風邪を引き、それでまる子たちが普段お母さんが当たり前のようにしてくれていたことのありがたさに気づく、というような話で、横になったまま泣いて見ていた。

もう、こういうのなら自分はなんでもよくて、後で考えたのだが、
「誰にも顧みられることなく存在した思い」みたいのでもう十分感傷的な気持ちになれるっぽい。
30代後半まで生きてきて、ほとんどの思いは、結果に結びつかず、従って特に誰にも気づかれることなく消えていくものだということがわかってきた。
自分の努力(大した努力してないけど)が何か華やかな結果に結びつくことなどほぼ無いことがわかってきたし、
ということは、他のたくさんの人々の努力や思いのほとんどにも自分は気づけぬままにいるということだ。

なので、そういう人知れず続けられてきたことが、ふと、死後とか、その人が病にたおれた後に明らかにされてそれが奇跡的に誰かに伝わるようなのはもう、これは容赦なく涙が出る。みんなそうだろう。仕方ないことだ。泣くボタンを押されて涙が出るような、反射的な。

「北の国から」で、草太兄ちゃんが事故で死んで参加できなかった螢の披露宴で、本人がやるはずだったスピーチを練習用に録音していたテープが見つかって、それを流すっていうシーンがあって、もちろんそれも見せどころっていうか、泣くボタン、みたいなシーンなのだが、死んだ人の声とか、書き残した文章とか、それだけで威力ありすぎて、なんだか面白くなってきた。

実はこれだけがんばってきました。みんなのことをこんなに大事に思っていました。みたいなのをとりあえずあることないことテープに録音しておいて損はない。そんな気がした。

ずっと聴いてる小沢昭一の「日本の放浪芸」も、そこに収録された芸の主も、小沢昭一自身もみんなもういないっていう感じが何か思わせる部分が好きで聴いているのかもしれない。俺は死んだ人が、好きなのか。

チミドロメンバーから、スタジオで練習した模様を録音したMP3が届く(俺は不在)。
今度のライブ用に作った新曲をみんなが練習している。
それもなんだか草太兄ちゃんのスピーチのテープみたいに聴こえてきた。
みんなが「なんだこの曲!終わりがわかんねえよ!」などと文句を言っているのも良い。

大みそかに酒を売りに行って、そのお金で餅を買って新年を迎えようとするおじいさんが、
道端で雪をかぶっている地蔵を見て気が変わり、足元にその酒をお供えしてきて、
そのお礼に地蔵がお酒をたくさん持ってやってくるという「酒地蔵」という曲をみんなが何度も練習している。



[PR]
# by chi-midoro | 2017-01-18 02:37 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-01-16

10時過ぎ起床。
昼まで記憶なし。

なんとなく気持ちが落ち目で、今日の昼にドンと気持ちが高揚するような、
脂っこい旨いものでも食べたいと思って昨日は眠ったが、
起きて考えてみればそんな金はどこにもないのであった。
白菜の芯を煮て食う。

ずっと前に録画してあったNHKの原発特集番組を見ながら、
少し横になる。
原発の話はツッコミどころが多すぎて腹立ちたい時に見るとなんか逆に力が湧いてくる。
技術の粋を結集して、クリーンでかつできるだけ枯れないエネルギーを目指してっていう、
その方向が人類総体として目指すものなのはもちろん分かるのだが、
理想は素晴らしいとして現実の面倒くささが計算に入ってないのだ。
使用済み燃料の処分先が決まらないままとりあえず動かしてる状況なんて、
とりあえずなんでもクレジットで払ってる俺かよと思う。
どうすんのその金、どうやって払うの?来月は収入が倍になるわけ?
もし倍になるなら、今そうやって横になってゴロゴロしてるはずないよね。
というかむしろ今月の、あの人に言うのも憚られるほどの低収入に輪をかけて来月は少ないんじゃないの。
もうその仕事無理でしょ。ハローワーク行って非力でもできる肉体労働探した方がいいし、
そこまでじゃなくても、昔働いてた会社に頭下げてなんかシュレッダーとか雑用みたいなのでいいんで、
仕事ないですかとか言って手取りで12万円ぐらいもらって、
そこに加えてライター仕事でプラスしていくようにしないと無理、限界。
というような自分の状況と原発が似て感じられる。
あと、隠ぺいにつぐ隠ぺい。もんじゅの事故映像もなんかヤバいところがカットされてたとか、
そんな小ズルい部分もまるで自分のようだ。

この前、東京新聞で見たこの言い分が行き当たりばったり過ぎて忘れられない。コピペ。

”事故処理費用の中でも、賠償に充てる費用七兆九千億円のうち、二兆四千億円を「日本で原発が始まった一九六六年から電気料金に上乗せして積み立てておくべきだった費用」という意味で「過去分」と定義。過去から原発のなかった沖縄電力の管内を除き、すべての電気料金に含まれる大手電力会社の送電線の利用料「託送料金」に上乗せ。契約を新電力に移した消費者にも請求する”

シカクに出勤。
発送と入庫作業。
シカクの展示とか本作りに関しても色々自分がやらなきゃいけないことがあるのに滞ってる。
とぼけている暇はない。

夜は冷凍してあったお好み焼き。

少し眠って起きて仕事だ、と思って寝て、
深夜2時ごろに目が覚めて一度起きたのだが、あまりに部屋が寒く、
身を縮めたままそこに存在しているだけで結局何もできなかったのでもう一度寝る。
寒いのもうやだ。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-01-17 09:25 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-01-15

もらいものの生麺タイプのラーメンに白菜の芯を刻んで茹でたものを加え、それを昼ご飯にする。

やたらと眠たくて、横になって本を読んでまた眠って、無性にコーラが飲みたくなって夕方に買いに外に出た以外はずっと家にいた。

夜、原稿を書く。
なんとかできあがる。

2月に巴さんとやるバンドの曲をiPadで作る。
これでいいのか、わかんない。

遠藤賢司が去年サニーデイサービスと一緒にやった、癌からの復帰ライブの実況録音盤を買って、
ディスクユニオンで買うと、本編ではカットされてる当日のMC集のCD-Rが特典でつくということで、
それがむしろ欲しくて本編を買ったんだが、そのMC集の中で、エンケンが最近読んでるという本を紹介していて、
それが山田康弘「つくられた縄文時代」という本で、図書館で借りて読んでいるのだが面白い。

いま読んでるのはまだ半分ぐらいのところだけど、縄文時代と弥生時代という区切りとか対比が生まれたのは1960年代になってからのことで、いま漠然と縄文時代を想像するとそっちは荒々しくて狩猟主体、弥生時代はもっと高度で稲作してて、みたいなイメージが浮かぶけど、それもかなりそのようにどこかで作り上げられたイメージであり、研究が進めば進むほど、ことはそう単純じゃないっていうことがわかってくる。

なんなら、縄文時代がどういう時代だったかという印象は、それを考察された時代によってどんどん変わっていっていて、例えば70年代ぐらいだと「ディスカバージャパン」みたいな日本再発見、改めてみれば日本はこんなにも素晴らしいのだ!というような風潮に影響を受けて、縄文時代がすごく謎を秘めた魅力的なもの(オカルトっぽい要素も含めて)として紹介されるようになったり、バブル崩壊後だと、それまでは身分の差のないユートピアみたいにして捉えられていた縄文時代が、実は身分制度もはっきりあり、貧富の差もあった時代としてクールに再考されるようになったりとか、そういう風にその時々でイメージが操作されているというか、そういうものらしい。

まあ、確かになんせ残された土器とか骨とか遺跡から推察するしかないんだから、推察する側によって読み替えられることは当然あるだろうと、読んでいるとだんだん、自分の知識の基盤が疑わしくなってくる感じが面白い。エンケンが教えてくれなかったら絶対手に取ってない本。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-01-16 02:07 | 脱力