<< 行きたいメモ 3月7日にライブします! >>

清川泰次の写真がイイ!

たまたま手に取ったチラシがなんとも良い雰囲気を発していたので、小田急線・成城学園前駅にある「清川泰次記念ギャラリー」に出かけた。

小さなスペースに数十点のモノクロ写真が展示されているだけなのだが、これが素晴らしかった。なんでもない土産物屋の写真や、旅館の大浴場の写真や日が沈んだ江ノ島の写真など…。どれもこれも何でもない写真なんだけどめちゃくちゃ美しい。つうか撮ってる清川泰次がただただ美しいと感じてる感覚が写真からバイアスなしにそのまま伝わってくる。心静かで全部綺麗に見えてる状態…けど悟っちゃったような感じじゃなくて、俗な物にもバンバン心惹かれてる状態。

「何を見ても微笑んでいるじじいの視線」というフレーズが浮かんで、自分もそういう境地にたどり着きたいけど今はあまりに欲まみれで、とか思いながら会場に置かれた略歴と照らし合わせてみると、それらの写真は清川泰次が17才~21才ぐらいの間に撮ったものなのだった。どういうことだ!マジ天才的に早熟!

心打たれて、受付の人に写真を集めた本は出てないのですがと聞くと
「そういうものはないんですよ。あまり人気がなくてねー」と言う!なぜだー。あきらめて、ポストカードがあったので2枚、買う。

で、反面、その足で近代美術館に見に行った高梨豊の写真にはあまりジーンとこなかった。すごく好きなハズなのに、清川泰次に比べたらなんか作為を感じてしまった!「ほらここに写ってるこれとこれのギャップが面白いでしょ?」というように、見る人に感じさせたいことがもう最初に決まってるような感じがした!いくつか好きなのはあったんだけど…。

自分がちょっとじじいのような気持ちになってるからよく見えただけなんだろうか。

調べてみたらいくつか写真が載ってるページがありました!

↓これが今やってるやつ。
旅とカメラ 清川泰次が写した昭和日本紀行
http://wwwz.fujitv.co.jp/events/art-net/go/735.html


清川泰次が写した昭和15年のメトロポリス 大東京
http://travel.jp.msn.com/special/news/52690.htm


清川泰次が写した昭和のこどもたち
http://www.fujitv.co.jp/event/art-net/go/540.html



200円で入れて3月22日までやってるので近くを通ったり、興味があったら行ってみてくださいー。そんで感想を聞かせて欲しいです。これ系なら他にもこんなのがあるよってのも教えてもらえたら嬉しいです!
[PR]
by chi-midoro | 2009-03-02 21:31 | 脱力
<< 行きたいメモ 3月7日にライブします! >>