<< 渋谷の抗争 あきらめのフュージョン >>

鳥肌禁止令

先日、いきなり胸がズキズキ痛み始め、こわ!死ぬ!と騒いでいたら、帯状疱疹であることが分かった!周りにも「あー、なったことあるよ」という方が意外に多くて心強かった。疲れて免疫が弱まったり、ストレスフルな状態が続いたりするとなっちゃうみたい。

で、自分の場合はちょっとした疱疹が点々とできてるぐらいのレベルだったのだが、見た目に反してこれがとにかく四六時中痛い。Tシャツで擦れただけで激痛が走り、しばらく動けないぐらいの。

バカ高いバルトレックスっつう薬を飲んで、もうだいぶ落ち着いたのだが、面白かったのが、何かに感動して鳥肌が立つと超痛い。

自分が今感動してるんだなーということが痛みで知らされるシステム。もしくは痛いのやだから感動すんのやめるわーという無感情人間生成システム。そんな仕組みの中で数日を過ごしたのだが、先日チミドロメンバー(花井さんは体調不良で行けず残念)で、千葉の太東の海へ出かけた際、夏の終わりの海を眺めながらぼんやりしてた時は結構ズキズキきた。最高っす海。
f0159328_133057.jpg

f0159328_1331182.jpg

f0159328_1332282.jpg

f0159328_1333766.jpg

f0159328_1355797.jpg

f0159328_1334771.jpg

f0159328_134165.jpg

どこか一点を何十分も見つめてることなんて生活の中にない。本物の時間の流れを実感できるのは、そういう時だけじゃないだろうか。サザンのバラッド聴きながら。

あと、その前日に行った、ならずものサウンドシステム大集合パーティー「WHO'S PARK?@東扇島公園」もすごくズキズキだった!この世のものとは思えない光景を見た!FUCK MASTER FUCK先輩のDJがすげーかっこよかった。
f0159328_139755.jpg

f0159328_1444100.jpg

f0159328_1395242.jpg

f0159328_141726.jpg

途中コンビニ行こうとしたら迷って、まるで人気のない工業地帯を延々歩いた。距離感が途方もなくて、そのままどこか行ってしまいそうな不安に襲われた。街路樹とかあまりに手つかずで、歩道はあるにはあるが、生い茂ってボウボウなため、車道にでないとまともに進めず、視界の果てを目指して歩いていくが、いつどこから巨大な運搬車が現れるかは分からないし、暴漢など飛び出してきたら、誰も知らぬまま存在を掻き消されかねない…っていうそんな雰囲気。最寄り駅までは徒歩3時間半と聞く。

川崎の東扇島公園、目の前に広がる工場の夜景を見るためだけにでも行った方がいい場所だと思った。あまりに異様な場所だから!ちなみに今週末はここでTAICO CLUBなんだとか。想像できねー!!
[PR]
by chi-midoro | 2009-09-16 17:05 | 脱力
<< 渋谷の抗争 あきらめのフュージョン >>