<< 高円寺のデモ 間欠泉の思い出と次のライブのお知らせ >>

メランコフ2011増刊

PDFファイルをダウンロードして自分で印刷して作る(もちろんPDFのままパソコン上で読むこともできる)フリーペーパー「メランコフ」というものがあり、その増刊号の企画の「2010年BEST 100人アンケート」っていうのに回答させていただきました。そうそうたるメンツ!

メランコフ、いつも好きで読んでいたので光栄でした。しかも表紙は小田島等さん!可愛い。

よかったら読んでみてください!
↓↓↓
メランコフ
http://www.melankov.com/index.php
f0159328_1325067.jpg

内容:
◯2010年BEST 100人アンケート
2010年も、クラブシーンの現場は常にめまぐるしく変化し続けていた――それを少しでも伝えるべく、もはや年も明けきっていることは承知で、ちょっと遅めの大アンケートを敢行させていただきました。100人を超える方々の回答は、予想をはるかに超えてバラバラに。それこそが2010年クラブシーンの多種多様性の証明だろう。ぜひとも追いかけそびれた名盤、名曲、パーティーを見つけて後悔してください!
◯Maltine Records 座談会
Maltine Records主宰のTomad、去年Dommuneにも出演したDJ W_ildparty、Pet Soundsとの活動でも知られるG_onbuto。3人それぞれ、昨今のシーンで活躍中ですが、さまざまなパーティで会って話したときの彼らは、オールドスクール~現在進行形のクラブミュージックに対する広範な知識を蓄えたリスナーであり、優秀なDJでもあります。そこで今回は、音楽の話だけを延々として頂きました。聴いてきた音楽を追っていくことで、自然と2000年代のダンス・ミュージックの系譜が露わになっていく、仲良し3人組の批評眼がギラリと光る座談会となってます。あと、日常のこまごまについても少々。
◯KUKNACKE インタビュー
日本のアンダーグラウンドシーンの中で、90 年代から今にいたるまでその名を轟かせ続けるK_UK_NACK_E 。ノイズやハードコアから、軽快なダンスチューン、そして映像作品まで。そのフレキシブルなスタイルは、時代を軽く飛び越えて、常に新しいものとして発見され続けている。だが、あまりに多岐にわたる活動から、その経歴はとらえどころがない。年齢からして不詳、存在自体が謎に包まれきた。そんなK_UK_NACK_Eに聞く、音楽との出会いから新作「L E T T HE MUSI C PL AY」に至るまで。そして貴重なアンダーグラウンドシーンの現場体験記。10000 字を超えるロングインタビューでたっぷりお贈りいたします!





と、今眺めてたらなかよしグループのモリカワさんがチミドロの曲をベストに挙げてくれてるじゃないか!感激。ラーメンおごらなくっちゃ
[PR]
by chi-midoro | 2011-04-11 01:34 | 脱力
<< 高円寺のデモ 間欠泉の思い出と次のライブのお知らせ >>