<< 人形町の京城苑 「早く老人になりたい」新しいの... >>

毎度のコラム更新しました

こちらです!

↓↓↓

第4回「パンフレットに映り込んでしまった老人たち」
f0159328_035322.jpg


最近曲を作ってて、自分が好きで聴いてる音楽の特にシビれた部分などに近いものにできたらとか思いながらやってるんだけど、そのようにはできなくて、どうなのか良く分からない仕上がりになる。

とりあえず一旦やめて翌日まで待ってみて聴いてみると、良し悪しが少しだけ明確に分かるような気がするので、やり直す。そして…

何が言いたいのか、というと、とにかく、おっこれはいい!と思えるものを掴まえるのってホントに根気がいりますね。力が足りないかもしれないが、それは置いておくとして、この、訪れをひたすら待つような感じ、最高にもどかしくて面白い。

本当はチミドロのみんなで一同に会して、数日間、共同生活でもして音楽を作ったら思ってもみない曲ができるんじゃないだろうか。さらに根気がいるだろうけど、やってみたい。

・宮崎駿のこのインタビューがすごく面白かった。「自分と自分の周りのためにできることだけをとりあえずやる」という、なんか、手の届く範囲であることが大事そうだ。

・その宮崎駿について保坂和志が「宮崎駿がテレビで一番強く発してるメッセージは”喫煙”だ」って書いてたのを読んだのはどこでだったろうか。確かにドキュメントを見たら、ひっきりなしにタバコ吸ってた。あれがメッセージだとしたら何だかすごく面白い。

・今和次郎の展覧会に行って滅茶苦茶感動した。狂ったように何でも数え上げまくる。定食屋のお椀のひび割れがどうなっているかだの、往来にどんなヒゲの形をした男が多いかとか。またそれらを描いた絵に味があっていいんだ。うわーこれはすごいと思って図録を買ったら都築響一がコメントを寄せていて、読むと「今和次郎に興味はない」と言う。”今和次郎は徹底的に傍観してる人、対象に入って行こうとしない。そこが自分とは違う”というようなこと。そこを読んで、いつも対象にグッと入っていけない自分をどうにかしたいと思った。

・八広~鐘ヶ淵の通称「酎ハイ街道」をハシゴしたのがすごく幸福だった。途中に銭湯を挟むと幸福感が倍増する。「丸好酒場」と「はりや」がよかったなー。

・チミドロの練習を四ツ谷のスタジオでやった際に、早めに行ってひとりで立ち飲み屋で飲んでた。しばらくしてベースのイッチーが駅に着いたというので、今から駅に行くから一杯飲もう!とメールして、駅まで全力で走ってる時に春の夜の気温を感じて幸せだった。

・宮崎駿のインタビューをツイッターで紹介していたリボンシトロンさん(”変わったかたちの石”でDJしていただいた)が、ブログで「みんなの家」のコンピを取り上げてくれていたのを知ってとても嬉しかった。

・「孤独のグルメ」という深夜番組が見てみたいと思いながらついつい忘れてしまっていたところ、実家に立ち寄ったら母親がそれを録画しているというので見た。東長崎の「せきざわ食堂」の回をまず見て、絶対今度行こうと思った。その次の回も録画してあって、それが「根津の居酒屋で出すカレー」が取り上げられていた回で、父親とビール飲みながら見ていたのだが、紹介されていた店で父もよく飲んだのだという。いつもそこに連れていってくれたのは父よりだいぶ年上の、仕事でお世話になった人で、その方は数年前に亡くなってしまったのだが、あの人は必ずこの席に座っていたんだよーといって画面を指差す父を見ていたらなんか知らないが目頭が熱くなった。
[PR]
by chi-midoro | 2012-03-29 01:16 | 脱力
<< 人形町の京城苑 「早く老人になりたい」新しいの... >>