<< フランスのポッドキャストに曲を... mascotboyさんのロイヤ... >>

ゲッ酒×LBT 2013新年会 in 綱島温泉 東京園

いま別のことを書こうとしてこのブログを開いた。けども先日の綱島温泉での新年会のことを避けて通ることはできないと思いましたので、自分が撮影した画像を貼っておこうと思います。いい一日でした。
f0159328_1105944.jpg

f0159328_1113183.jpg

f0159328_112038.jpg

f0159328_112989.jpg

f0159328_1121572.jpg

f0159328_1122243.jpg

f0159328_1123272.jpg

f0159328_1123723.jpg

f0159328_1124447.jpg

f0159328_1125235.jpg

f0159328_1125980.jpg

f0159328_11363.jpg

f0159328_1131596.jpg

f0159328_1132243.jpg

f0159328_1132879.jpg

f0159328_114599.jpg

f0159328_1142320.jpg

f0159328_1143778.jpg

f0159328_114468.jpg

f0159328_1153125.jpg

f0159328_116453.jpg

f0159328_1162620.jpg

f0159328_1164624.jpg

f0159328_117268.jpg

f0159328_1171779.jpg

f0159328_1294793.gif
テツヲさんが作ってくださったgifです!ありがとうございます!鼓膜シュレッダー・ツージーさんとおばちゃんの終わらないダンス。最高

f0159328_1173451.jpg

f0159328_1175073.jpg

f0159328_118230.jpg

f0159328_1181446.jpg

f0159328_1182987.jpg

f0159328_1145930.jpg

f0159328_1184293.jpg

f0159328_1185636.jpg

f0159328_119799.jpg

f0159328_1192012.jpg

f0159328_1193228.jpg

f0159328_1194390.jpg

f0159328_1195227.jpg

f0159328_120071.jpg

綱島温泉は、受付通ってまっすぐ行った突き当りに日当たりのいい大広間があって、そこでおじさんおばさんおじいさんおばあさんたち(以下、「先輩たち」と表記)がくつろいでいる。カラオケつきの広いステージがあって絶えず誰かが歌って踊っている。

で、階段で二階にあがると人数によって貸切可能ないくつかの部屋があり、今回我々はその中でも一番大きな広間を貸し切らせていただいたのでした。こちらもカラオケ付です。40人から貸切可能な部屋なのですが、今回は70数人もの人が参加してくれたそうです、

当初、自分の勝手なイメージでは、今回の新年会はその2階の貸切スペースだけで完結して、誰かがたまに歌ったり、あっちこっちの席に移動してはそこで交流が生まれる、というような場を思い浮かべていたのですが、結果、ふたを開けてみると、1階の、先輩たちが熱唱し続けているフロアと、2階の貸切フロアを参加者のみなさんが絶えず行ったり来たりするような感じになりました。

とにかく1階の先輩たちは、私たちをぐいぐいとエスコートして舞台に上げて一緒に踊ったり、おつまみをおすそ分けしてくれたりと、こちらの思いも寄らない喜びを与えてくれ、反面、少々ノリが濃い部分もあるので、それに疲れたり、ちょっとゆっくり誰かと話したいと思ったら2階に上がってしっぽりやり直す。そんな楽しみ方が生まれました。もちろん、それだけじゃなくて、ずっと2階にいて、しみじみ語り合うのも面白く、いや、その2階も最後はカラオケ大会となり、最終的には1階の先輩たちが乱入してくるという、いい感じの混交状態になっていたのですが。

ここら辺はちょっと自分たち贔屓な考えかもしれなくて、もっと何度も通ってからじゃないと言っちゃいけないことかもしれない(綱島温泉って誰がきてもそういう風に楽しめる場よー!って言われそうだ)けども、「ゲットー酒場×LBT」の新年会にきてくれたみんながたぶん、先輩たちとの交流を楽しめる柔軟性を持った人ばかりだったことがああいういい雰囲気を生んだのではないかと思いました。

自分たちだけで楽しむよりも、知らない年配の人たちが乱入してきたりした方がより楽しいと思えるという。そこがあんな雰囲気につながったんじゃないかと…。だから例えばもし人がすごい来るという前提があったとして、あの場を全館貸し切って一大音楽イベントをやってもきっと全然あの楽しさにならなくて、むしろその日、温泉に入れなかった先輩たちがしょうがねえって行く場所があるならそこに俺も行きたいっていう。

結局長々書いてしまった。

このことは自分の、コンビニで買うのが一番安いと思ってる酒をなんで遠くのお店に行って飲みたがっているのか、とか、いなかの山形の親戚たちが大勢集まる席でザワザワと際限なく酒を飲み続けてる、その時のなんか面倒なんだけど涙が出そうで仕方ない楽しさとか、そういう、本当に求めている幸せのイメージに繋がっているところなので、時間をかけてぼんやりと考え続けたい。

いやー、のんびりしていてくだらなくて可愛げに溢れたいい時間でした。またみんなで集まって踊りたい。みなさま本当にどうもありがとうございました。
[PR]
by chi-midoro | 2013-01-29 00:55 | 脱力
<< フランスのポッドキャストに曲を... mascotboyさんのロイヤ... >>