<< mascotboyさんのオホー... フランスのポッドキャストに曲を... >>

チミドロのメンバーが2012年に聴いた音楽ベスト3

気だるい日曜の黄昏時、焼酎を飲みながら、ふと、チミドロのメンバーが去年どんな音楽をよく聴いたか挙げてもらったらきっとバラバラな結果になって面白いだろうと思ってみんなにメールを送った。

チミドロは最近では、ドラムの吉江さん(通称:ジュンヤ)にもサポートで加わってもらって7人でライブをすることが多い。ずいぶん大所帯になったが、音楽的な趣味はそれぞれ違い、あまり「これがよかった!」などと話すことはない。今はそれが面白いような気がする。

では、名前の50音順に各自のコメントとともに紹介したいと思います。



イチノミヤ(ベース)
1.Chris Dave And The Drumhedz「Mixtape」
f0159328_17403071.jpg

JAZZドラマーのChris Daveが手がけた一枚。
年始に出たものなんだけど年末から気になっていた人だったので聴いたときたまげた。
しかもフリーDL。
コチラからダウンロードできます


2.SOCCERBOY「Internet Dungeon EP」
f0159328_17404257.jpg

堪能な英語の韻の踏み方もさることながら歌詞の内容にぐっと来た。
コチラからダウンロードできます


3.G-DRAGON「One of A Kind」
f0159328_17405243.jpg

ビックバンのもてもてMCジオンくんが手がけたシングル。
良い悪いは別にしてグイグイ進む人なんだなぁーって思った曲。


クスモト(MC)
1.X JAPAN 「DAHLIA」
f0159328_1741494.jpg

コメントなし


2.長渕剛「BEST~空~」
f0159328_17411513.jpg

コメントなし


3.梶山シュウ「ゆほびか」
f0159328_17412373.jpg

コメントなし


スズキナオ(曲)
1.ゆーきゃん「あかるい部屋」
f0159328_1741343.jpg

ふだんの生活の中では、音楽はほとんど仕事中しか聴けないので、どちらかというと仕事中の気分に合った、ふわーっとした雰囲気の曲をよく聴くことになる。このアルバムはどんな時に聴いても気持ちが落ち着いて穏やかになれました。


2.Paisley Parksのsoundcloud
f0159328_1741442.jpg

Juke/Footworkは、我らがD.J.Kuroki Kouichi氏に何度もイベントに出てもらったり、逆にBootyTuneのイベントに関わらせてもらったりしてたくさん聴くことができた。どこまで行っても自分には理解しきれないので好き。中でもPaisley Parksは海賊放送みたいな電波の入りの悪いラジオからたまたま聴こえてきたような怪しげな雰囲気があって好きです。
コチラで色々聴けます


3.平賀さち枝 「23歳」
f0159328_1759958.jpg

とにかく「江の島」と「パレード」を何度も聴いた。せつない夏の感じがする曲。
インストアライブでサインをもらって嬉しかった…。

あと、mascotboy氏によるチミドロEDIT集もめちゃくちゃ聴きました!おかげで改めて昔の曲に向き合うことができました。


トミータ(シンセサイザー)
1.MILES DAVIS QUINTET「Live at the 1963 Monterey Jazz Festival」
f0159328_1801380.jpg

たぶん「夜の鷲」(註・トミータがWさんらとやっているジャズバンド)を始めた影響かと。ライブ盤のアグレッシブな音が好みです。


2.SKIP&DIE「Love Jihad」
f0159328_1742721.jpg

iTunesの一曲の再生回数としてはダントツでした。PVも含めて最近のサグい系の中では一番パンチ力があった。


3.大貫妙子 & 坂本龍一「UTAU」
f0159328_17421651.jpg

ここ数年飽きずにこのアルバムはかなり聴いてます。単純に好き。


ハナイ(MC)
1.ばきりのす「まほろば山の唄うたい」
f0159328_17422591.jpg

天気のいい休日の午後に窓を開けて聴いていたら、スピーカーから聞こえる音と部屋や外から聞こえる環境音が溶けあって、境界線がよくわからなくなった。


2.Greeen Linez「Things That Fade」
f0159328_17423469.jpg

どんなに時が経っても、このアルバムを聴けば2012年の夏に戻って来られるような気がします。


3.BATIDA「BATIDA」
f0159328_174241100.jpg

KUDUROという最近の音楽を基礎に1970年代のアフリカ音楽をサンプリングすることで、ちょっとぬるめのいい湯加減になっている。


ミヤマッチ(MC)
1.The Boom「Singles+ 」
f0159328_2243715.jpg

開放感ありながらも落ち着くし、口ずさみやすい。
チャリなんかで移動する時によく唄ってる。


2.くるり「Tower Of Music Lover」
f0159328_22432461.jpg

聴くと異常に落ち着くんだよね。疲れた時なんかに癒されてる。


3.YUKI「five-star」
f0159328_22433996.jpg

高校時代から大好きなもんで、ちょいちょいPVも観てるわ。
聴いてるだけでテンションあがって逝きそうになります。


ヨシエジュンヤ(ドラム)
1.The Dave Brubeck Quartet「At Carnegie Hall」
f0159328_17425220.jpg

最高峰の技術と、思考を持った人達の、壮大なグルーヴ遊び。Castilian Drumsから、ラストのTake
Fiveへの沸騰ぶりは、何回聴いても、鳥肌ものです。


2.THINK TANK「BLACK SMOKER」
f0159328_1743080.jpg

職場の音楽好きの人から借り受けた一枚。衝撃度だけなら、NO.1です。一曲目の力強さ、悪乗り加減、MC一人一人の個性、僕のヒップホップへのイメージ、憧れ、その物でした。


3.toe「For Long Tomorrow」
f0159328_1743868.jpg

ドラマーからすれば、羨まし過ぎる一枚では無いでしょうか。普通のバンドでは有り得ないほど、ドラムを強調した音のバランス。繊細なテクニックの集合から生まれるデカいグルーヴ。少しくらいトチっていようが、隠さずに良いトラックを採用する潔さ。臨場感がハンパないです。


と、色々バラけて面白かった。決めた。今年はCDをみんなで貸し借りしよう!


そんな僕らですが、今週末に京都でライブさせていただきます!

「狂人企画 vol.46」
http://www.facebook.com/events/364187020365756/
f0159328_1865170.jpg

日程:2013/2/10(日)の夜<三連休の中日>
時間:18:00 open 18:30 start
場所:ブルーアイズ(四条大宮)
 高辻通*大宮通の北西角あたり。中華料理「龍門」の南側のビルの地下

料金:1500円 +1オーダー500円
出演
・アナルファック(東京)
・らぐの
・モラトリアム(ソロ)
・タナカジュリ(東京)
・CHIMIDORO(東京)
・ポゼッション+あたしよしこ


46回も続いている「狂人企画」って一体どんなだろう!と、想像が膨らみます。Facebookに出演される方々の動画が上がっています。僕らは全員参加の7人体制でがんばります!せっかくの京都なので、曲をたくさんやって飲んで食べて帰るつもりです!!お近くの方、ぜひ遊びにきてください!乾杯しましょう!
[PR]
by chi-midoro | 2013-02-05 17:43 | 音楽
<< mascotboyさんのオホー... フランスのポッドキャストに曲を... >>