<< ブラックニッカ日々 2016-6-2 ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-6-1

昨日眠りすぎたせいか今日は早く起きた。

目が覚めた瞬間からスパゲティが無性に食べたくて、作ってズルズル食べる。
あまり思い出せない。何かテレビを見ながら横になっていた。

昼、原稿を書く。予想外に早く終わってホッとした。

少し外に出ようと思い本棚でパッと目に入った水木しげる「ほんまにオレはアホやろか」を持っていく。
読んだことありそうだと思ったけど読んだことなかった。
ラバウルの決死の逃走から南方の人々との交流に至るまでのあたりが神がかり過ぎて痺れた。
夢中で読んでたら通りがかった知らない子どもが「みず…き…しげる。みずきしげるの本や」とつぶやいて去っていった。

夜、ふと、ちゃんとしたラーメンが食べたくなり天満に出て食べる。

「凛」の720mlボトルが空になり、同じのを買いに行く。

軽い量の原稿を書いて、色んなところに取材の依頼メールを出しまくる。

ここ最近、YOUTUBEにあがってる「人志松本のゆるせない話」を延々みていた。
ジャンジャンジャーンみたいな小気味良いリズムで笑えて何も考えないで済む感じだ。
で、やっぱり松本人志とか、面白いお笑い芸人たちは、パッとある状況が現れた時にそれを
瞬時に3D映像みたいにして、色んな方向から見たり、遠い視点に立ったりすごく近い視点で凝視したりみたいなのを
すごい速さでやって、一番面白い視点をはじき出してツッコんだりボケにつなげたりするんだろう、
そんでその感覚は普通の人にはぼんやりとしかイメージできないものなんだろう。
すげーなと思って、そう思いつつ、こういうお笑い的な操作
「逆方向から見る」「あえて極端な解決策を出してみる」「あれとこれを置き換えてみる」みたいな操作を
お笑いの才能たちが政治とかするようになってバンバンやり出したら多分怖い感じになるんだろう、
だから最近松本人志がワイドショーで言ったことが批判されたりするんだろうと思った。
世の中の一番難しい部類の問題は、「逆に」したり、なんか痛快な意見で一刀両断したりできるもんじゃなくて、
汗だくで綱引きしながら長い時間かけてやっていかなきゃいけない苦しいもので…
と言いつつ、ほとんどの時間はそんなこと思わないで笑って見ていた。

あぁ、軽妙なトークできるようになりたいな。

[PR]
by chi-midoro | 2016-06-02 01:02 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-6-2 ブラックニッカ日々 2016-... >>