<< ブラックニッカ日々 2016-6-7 ブラックニッカ日々 2016-6-5 >>

ブラックニッカ日々 2016-6-6

悲しい夢を見て起きて、もう一回寝たらまた別のタッチの悲しい夢が。

昼、少し早く出て、新梅田食堂街へ。
大阪にタンメンが無いっていう記事を書いたらそれを読んでくれた人が「新梅田食堂街にタンメン出す店がありますよ」と教えてくれたのだった。
調べてみたら「新京」という店っぽく、新梅田食堂街のマップをみたら「しんきょうパート1」というお店があることがわかったので、そこへ入った。するとメニューにはずばり「タンメン」っていうのは無くて、「野菜いっぱいらーめん」というのが700円であったのでそれを注文。出てきたのは鶏ガラベースの塩味ラーメンに野菜が乗ったもので、「野菜いっぱい」という割りにそんなにモリモリではなかったが、ゴマ油が効いていてちゃんとしたタンメン。豚骨で割ってない透明なスープなのが嬉しい。具は白菜、ニンジン、玉ねぎ、小ネギ、もやし、豚バラ。

で、店を出てマップを見直したら、新梅田食堂街には「しんきょうパート1」のほかに「しんきょうパート2」と「新京」という系列店があって、両方見たらどっちも「タンメン650円」というメニューがあるのだった。なんだー!こっちで食べればよかった。が、「野菜いっぱいらーめん」との差を確かめることができると考え、今度また来ようと決めた。大阪では「五目そば」がタンメンに近いという話も聞いたし記事を書いたからには調べないとならないな。タンメンが好きなので嬉しいです。

そのまま歩いてシカクへ。

今日は通販の発送がたくさんあって、それを終えてしばらくしたらもう18時になった。
この後、ZEPPなんばで小沢健二のライブがあるので早上がりした。

なんば駅前で発泡酒買って歩きながら飲む。まだ空が明るい。

今日のチケットは、ツイッターで「どうも今回のオザケンのライブのチケットは売れ行きがあまり良くなくて安くなっている」という情報を見つけ、ヤフオクで3400円で買ったものだったのだが、チケットに印字された定価は6800円で、なんか得した気分でやってきた。

会場へついて必須で飲まなきゃなんないワンドリンクのビール(あのシステムなに?)を持って1階の一番後ろの壁際に立つ。場内は満員だが後の方は「ギュウギュウで苦しい」ってほどではない。

開演前には笠木シヅ子みたいな古い歌謡やフォーク、忌野清志郎などがかかっていた。で、開演の19時を10分ぐらい過ぎて、「昨日と今日」からライブが始まって、新曲を軸に、ところどころ定番曲を織り交ぜながら21時5分までほとんどMCもなくライブが続いていった。俺には深いところは分かってないと思うけど、今回はとにかくやたらリズムが気持ち良くて、なんか結構ミニマルで踊れる感じのフレーズになっている気がした。「天使たちのシーン」のちょっともたつかせてあるようなドラムがすごい良かったな。あとベースとシンセもよくて、eclecticぽい音色が多かったような気がした。それこそceroとか入江陽みたいな。なので全体通して気持ちよく聴けた。

だけど、過剰に歌詞を詰め込み過ぎでちょっとそこが面白い新曲は、面白いんだけど、どれも全然メロディが記憶できない。いつまでも耳から離れないで、思い出してふと歌いたくなるような曲じゃなかった。なんでなんだろう。なんか良い曲っぽくはあるのにまったく響いてこないのであった。現に、今これを書いてる時点で一個も覚えてない。

あと「超越者たち」みたいなタイトルの曲の歌詞はさすがにスピりすぎていて距離を感じてしまった。なんか昔のオザケンの歌詞は物に溢れた東京みたいな豊かだけど切ない日常が下敷きにあって、そこから神様を思う、みたいな共感と飛躍があったけど、新しい曲には寓話的な比喩と神様のことしかなくて、なので宗教みたいになっているのだ。

毎回、「こんなんだと思わなかった」と思っているから今回も変で面白かったとも言えるか。見れてよかった。

華やかな場から新今宮駅を目指して裏路地を歩く。アパートの上の方でおばちゃんの怒号は聞こえるし、酒飲んでふらふらしてるじいさんはいるし、大隅アパートもある。大阪だなあ。知ってる人に会わなくて寂しいなと思いながら環状線で家に帰った。

電車の中では、精神科の研修をしていた妹から昔もらった松本昭夫「精神病棟の二十年」という文庫を読む。てっきり精神科医が語る精神病棟の歴史なのかと思って今まで読まずにいたのだが、なんと、この著者自身が精神病患者で、昭和三十年頃の精神病棟の劣悪な環境を経験していて、その体験記なのだった。こめかみに電極当てられて麻酔なしで電気ショック療法を施術されたり、なんか、院内も不衛生でそれはそれでひどかったというような話。まだ半分ぐらいしか読めてない。

仕事しなきゃいけないのにエネルギーが足りない。どこかに空いた穴から空気が抜けていくようだ。
明日はがんばる

[PR]
by chi-midoro | 2016-06-07 01:39 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-6-7 ブラックニッカ日々 2016-6-5 >>