<< ブラックニッカ日々 2016... ブラックニッカ日々 2016-6-6 >>

ブラックニッカ日々 2016-6-7

なんかやたら業界っぽい食事会みたいなのに自分がいる夢。SMAPの稲垣吾郎と香取慎吾もいて、「え、このあと福岡っすか?大変ですねー」とか自分が調子に乗ってしゃべった場面を覚えている。

もう一度寝て目が覚めたら昼だ。

雨が降っていたが近所の中華料理屋「大王」で「五目そば」を食べる。大阪の「五目そば」はタンメンに近いという情報をもらい、食べてみたのであった。とき卵と海老が入ってるところに「五目」感があったけど、塩味のスープはまさにタンメンのそれ。とき卵、海老以外の具はもやし、にんじん、玉ねぎ、白菜、たけのこ、ねぎでした。うまい。今後大阪の町中華に入ったら「五目そば」を食べようと思う。

家に戻って取材先にメールしまくる。

それが終わり、「かぞくのくに」という映画を見る。北朝鮮から日本に移住してきた家族がいて、その長男が1970年代にあったという「在日朝鮮人の帰還事業」で北朝鮮に一人戻る。その長男に脳腫瘍が見つかり、向こうの医療技術では治療が難しいために25年ぶりに、3か月間だけ日本への滞在を許されるっていう話で、俺はそもそも、なんでそんな「帰還事業」で息子を一人だけ戻すようなことをするんだか分からなかったんだが愚かだった。

監督のヤン・ヨンヒのWALL STREET JOURNALでのインタビューを読んだら、”しかし、父は、1971年に息子たちを送り出したとき、北朝鮮に住めばより良い教育や、より良い人生が与えられるチャンスがあると心から信じていた。父にとって、在日朝鮮人として日本にいることは、父いわく「ゴミとしているよりもひどいもの」だった”とあった。つうかそもそもこの話は監督の実体験がベースになっているので、ここで言っている「父」は監督の父だ。日本で差別を受けながら暮らしていくよりマシな人生が送れる、と思ったからこそ息子を北朝鮮へ行かせることにしたということ。

で、日本に来たのはいいが、監視役が同行して会話も聞かれているし、3か月の滞在じゃ難しい脳の手術はできないと医者にも断られ、これじゃあなんのために来たのかわかんないっていうところに突然の帰国命令が下るっていうような展開で、どうしようもなくでかい壁に家族が揺さぶられる姿が切なすぎて、見ていて辛くてゴロゴロ転げまわりたいほどであった。安藤サクラの演技もすごい。顔もいい。監視役の人(この人はヤン・イクチュンという韓国出身の映画監督だそうです)がホテルでぼーっとAV見てるシーンが異物感あって良かった。全体的に不器用な作りの映画で一瞬たりとも明るく華やかな気分になるシーンがないけど、なんか静かでじわじわくるものがある。同じ監督の「ディア・ピョンヤン」という映画も良いらしいので見ようと思う。

夜、ようやく仕事し出す。でも全然進まず、YOUTUBEみてサボる。
その後、なんとか今日はここまでっていうところまでできたので良しとしよう。

ここしばらくほとんど空気公団ばかり繰り返し聴いてる。滑り降りたり駆け上がったりしていくようなメロディの流れに毎回感動する。空気公団の歌は、外を歩いていてもまったく力を入れない高さで歌えるから良い。


[PR]
by chi-midoro | 2016-06-08 01:01 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016... ブラックニッカ日々 2016-6-6 >>