<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-6-12

横になりながら是枝監督の「歩いても歩いても」を見た。

死んだ兄の命日に、久々に実家に集まってくる兄妹の家族と実家の父母とのやり取りが延々映し出される映画で、俺はすごく好きだった。みんな悪い奴じゃなく、でもところどころ意固地で腹立つところがあり、ギクシャクして本音が伝えられないままだったり言葉が多すぎたりして、決して仲良しじゃないんだけど同じ場所にいる。映画なので会話のテンポが少し流暢すぎる感じはしたけど、こういうやり取りを畳に寝転んでふすまを隔ててぼんやり聞いてる感じが俺はこの上なく幸せだと思うので、その時の気持ちを思い出した。

両親の実家の山形に帰省して親戚の家に泊めてもらった時の、風呂場で使う見慣れないシャンプーや歯磨き粉。ビール注ぎあいながら「まあまあ」「はいはい」と言い合って、いつも何を話したんだか全然覚えてないような、核心に迫るようなことはほとんど喋り逃し続けているような感じとか、食べきれない夕飯と朝飯。何もないけど近所を散歩したり、一個の家に人がたくさんいて色んな部屋で同時進行で別々のことが行われている感じとか、たまらない。

親戚と一緒にいた時間、話し合った時間をトータルで計算したら、長い付き合いの友達と比較にならない短さだと思うけど、細かいことまでずっと心に残っているのはなぜなんだろうか。

朝、目が覚めて中華ダシでとき卵とレタスのスープ作って飲む。

用事をこなしていたら夜になった。スーパーでブラックニッカのポケット瓶を買ったら店員のおばさんに「カバー剥きましょか?」と言われて「え!」と聞き返してしまった。剥く必要性を感じたことがなかったので。家に帰って薄いビニールを剥いてみると、なんか文字通りむき出しの「酒」って感じでむしろ見た目はヤバい。でもなんか面白い。

出るのが遅くなったがUNDERHAIRZというラップグループのライブを見に堀江に向かう。ワンマンだと思っていたが、様々なおっさんゲストを迎えながらその合間に一曲ずつ披露していくスタイル。濃いおっさんばかり続々出てくる。UNDERHAIRZのライブは前にロフトプラスワンウエストで見てうおー!と思った通り、トラックがよくてMCの二人の声もよくて二人が一緒に歌うところもかっこいい。最後までは見れなかったけど楽しかった。おっさん枠で佐伯さんも出ていたようなのだが、結局会えずじまいで残念であった。ちやじさんが売っていたTシャツが欲しかったけど今日のところは金が足りなかった。

今回のライブには予約特典として16曲も入ったCDがつくので帰ってすぐ聴く。ホントひどいけど面白い。





[PR]
by chi-midoro | 2016-06-13 01:02 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>