<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-6-16

今日は久々に早起きしなくてよかったので午前中だらだらしていた。

起きたと思ったらテレビ見ながらまた横に。

14時になって雨の中外へ出る。天六まで歩いて銀行からTシャツ制作代を送金。
自分が何を食べたいのかよくわからぬまま吸い込まれるように王将へ。
味噌ラーメン食べたら、やはり王将の味噌ラーメンはうまいなと改めて思った。
野菜の量、スープの濃さ、何もかもちょうどいい。

母から連絡あり。もうさくらんぼのシーズンで、必要なら送るという。
父の妹、つまり俺の叔母が山形で小規模なさくらんぼ農園をやっていて、毎年送ってくれるのだ。
もう収穫が終わったそうなのだが、収穫して出荷するのはまんべんなく紅くなった綺麗な実だけで、
薄い色の部分が残ったやつなんかは商品にならない。もちろん味は遜色ない。
で、そういう出荷できないさくらんぼが無限(うそです。無限ではない)に木になっていて、それはそれで下に落とさないといけないんだそうで、つまり今行けば気が狂うほどにさくらんぼを食べまくれる上にそれで感謝される。「お前行かないか?」と母は言い、雨降りの大阪からさくらんぼ天国にワープしてしまいたい気になるが、予定もあるしあきらめる。

ある場所では高級品として流通しているものが、あるところでは余ってる、みたいなののちょうどいい比喩だ。
どこかにお金が余ってるところはないだろうか。

天六から万博記念公園へ向かい、EXPOCITYで取材。
すぐ済んだので駅で一休みしてシカクへ向かう。

店内は土曜から始まる展示の準備で模様替え中だった。
その手伝いや、電子書籍の販売についてあれこれ登録したりする。

21時頃仕事を終え、コンビニ前で発泡酒1缶。

家に戻って原稿少し書く。

ネットで買っていた いましろたかし「グチ文学 気に病む」が届いていたので読む。冒頭を読んだだけでなぜ今まで買わずにいたのかと思う最高なエッセイ集。読み進めるのが楽しみだ。

[PR]
by chi-midoro | 2016-06-16 23:29 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>