<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-6-23

昨日の夜、疲れてどうしても仕事が終わらなかったので朝起きてがんばる。
猛烈な勢いで玉子かけごはんを食す。

頑張ったので横になる。

あっという間に昼になり、シカクへ出勤。
通販ラッシュでひたすら発送。

ラブホテル展をシカクでしている「あまみ」さん、原田ちあきさんがお店に来てくれた。
黙々と仕事をしていたらあっという間に夜。

終わりがけに来店してくれたyamacotさんとシカククルーとともに、近所の「いこい」で今度の展示や次に作りたい本についての打ち合わせ兼飲み会。
いこいのラーメン初めて食べけど見た目も味もすごかった。またみんなで食べたい。

家に戻って、少し仕事。
とりあえずやりやすいやつからやっているけど、その後ろに難しいやつが控えている。それを知りつつ見て見ぬふり。

コマゴマした仕事が終わり、SEALDsの「民主主義は止まらない」を読み終えた。

SEALDsの対談相手の内田樹が「難しいことは難しい。なかなか決まらないことはなかなか決まらない。なかなか決まらないものは時間をかけて議論をした方がいい」というスタイルで臨むべきだと言っているところ、アメリカの寿司屋で客と店員同士が異なる政党の候補者を支持していて議論になったのだがそれは争いって感じじゃなくて、お互いがよりよく知るための場になっていた、という話、大阪の市長選と府知事選のW戦があったときにSEALDsKANSAIは維新よりいくらかマシな自民を選んだ、どっちがよりマシかを選ぶことも大事なことだという話の部分のページを折った。

大阪にずっといるわけじゃないし、これまでの流れを体感できてないけど、取材で行った銭湯の経営者が「橋下さんになってから銭湯の助成金が大幅にカットされてどんどん潰れているんです」と話していたことや、普通に目に見えて自分の好きな場所がぶっ壊されて平坦になりつつあることなどから維新の会には嫌なイメージしかない。激しい言葉や大胆なやり方でズバズバ斬っていくようなのは見ていて痛快なのかもしれないが、その攻撃性がいつかふいに自分に向かってくるとしか思えない。まあ、貧乏だし余計に。

なので参院選はできるだけ維新の邪魔になるようにしたい。そう思って参院選の状況予測みたいなのを見るが悲観的な話しか見つからなかった。もうちょっと調べてみます。

請求書に印鑑を押してコンビニでスキャンしてPDFにしてメールしなきゃいけない。なのでコンビニへ行く。この行程、なんか不毛である。

[PR]
by chi-midoro | 2016-06-24 01:53 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>