<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-6-24

朝起きてぼーっとした後、味噌汁飲む。

この前「胃腸とか肝臓が弱っているのかも」と言われたので循環器の病院へ行ってみることにする。

それにしてもいきなり病院行くときってどうやって選んでいいやらまったくわからない。
ホームページの雰囲気ぐらいしか…
しかも自分の場合は、膝から血が出てるんですみたいな具体的な何かもなく、何しにきたんだと言われそうで憂鬱だ。
迷っているうちに昼に近くなってきたのでとりあえずGEOにマンガ返しにいくついでにその一番近くの病院へ。

ビニール傘をさして激しい雨の中を行く。病院に着くころにはすでに靴下まで濡れている。

受付で初診料1500円かかるといわれる。思ったより待つこともなく内科の診察室へ通される。
20代半ばから30代前半と思われる若いイケメン医師である。ジャニーズに所属していてもおかしくない。
愛想のある医師では一切ないが、出来る限り言葉を整理して自分の状況を説明する。
「胃カメラやっときましょう、絶対嫌とかでなければ一応」と言われ、めんどくせーと思ってなぜか笑えてきた。
再来週に予約を入れてもらい、採血。

看護婦さんに「2本いただきますね!」と言われ、血を抜く。注射の針が刺さる瞬間、まったく痛くない時とすげー痛い時があるが今日はすげー痛い。

会計6050円。ふと気づくと傘がない。自分がいた場所を探すが見つからない。
受付に「傘を無くしてしまって」というと「はい。次回返してください」と言われてビニール傘を渡される。「そういうことじゃないんだけど」と言いたいが言えずに外へ出る。開いてみると驚くほど小さい傘である。俺が家から持ってきた、ビニール傘にしては珍しいぐらいの大きめの傘がこんなのに変わってしまった。

雨が土砂降りになってきていて、近くの王将で味噌ラーメン。この前はうまかったのに今日は味が濃すぎて野菜が全然入ってなくてちょっと違った。

何もかも嫌になって豪雨の中、シカクへ歩く。途中あまりに雨が強くなり、視界がアスファルトに跳ね返る雨のしぶきで真っ白になった。喫茶店の店先の少しだけ出っ張っている屋根の下でずっと雨を見ていた。

この前読んでたいましろたかし「気に病む」の中で、いましろたかしが医者に「健康になることにどんな意味があるのか」と聞くところがある、すると医者は「健康のまま歳を取れば楽に死ねる確率が上がる」と答える。確かにそうなのかもしれないが、がんばって健康になって得られるものが「楽に死ねる」ことだとは、よく考えたら虚しい話だ。

結局生きていて好きな人に出会ってもその人に去られるだけ、友達や親戚やそういう人がどんどん疎遠になったり死んでいなくなっていくのを見ていくだけ、そばにあると思っていたものも簡単なきっかけで嘘のように何もなくなる。辛いことの配分が大きすぎる。轟音と共に降る雨を見ながらもううんざりだと思った。

15分ぐらいして少しだけ雨が弱まったように感じたので再び歩く。

シカクへ着いてタオルを借り、通販作業や新しい商品の登録作業。今日はメルマガの発行日だったので原稿を用意する。
お店にオニオンボーイさんがCDを納品しに来てくれる。初対面で緊張したが、うまく話せていただろうか…

少し残業してだいぶ弱まった雨の中を大阪駅へ向かう。クリアアサヒの関西味みたいなのが出ていたのでそれを飲みながら行く。

イギリスが国民投票の末にEUを離脱した、というニュースで昼過ぎから大騒ぎになっていて、それが今後どういうことにつながっていくのか調べる。そういうことに疎くて全然わからん。

書けてない原稿、書かなくては…

[PR]
by chi-midoro | 2016-06-24 23:21 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>