<< ブラックニッカ日々 2016-7-1 ブラックニッカ日々 2016... >>

ブラックニッカ日々 2016-6-30

もうだめだ。「死に方 楽」とかで検索してもうさっさと消え去りたいと思いつつ起き出す。

朝からブラックニッカを飲んでは眠る、を繰り返す。

昼頃、先日取材に行ったドムドムハンバーガーの水無瀬店へ仮の原稿を確認してもらうべく電車に乗る。
桜ノ宮から水無瀬が徒歩圏内の島本までおおよそ50分ぐらいかかる。
車窓から見える景色はかなり田舎っぽくなってきて、田んぼが目立つ。こういう風景の中に溶けてしまえればと思いながらぼーっと電車に揺られる。
駅についてあ!と思ったのだが、財布をリュックに入れ忘れてきた。ICカードのチャージ残高は60円ほど。
桜ノ宮から島本までは460円かかる。

駅員さんに「あの、どうしたらいいですか?」と、今考えたら「知るかよ!」という質問を投げかける。
駅員さんによれば、ここから桜ノ宮まで引き返し、財布をとってきて往復料金を支払えばそれで良いとのこと。
往復料金を払うからにはここで一度外へ出てもいいわけである。
なので、30分の猶予をもらい、水無瀬駅前のドムドムまで歩いて原稿を渡してすぐ引き返す。
一応任務は完了。

桜ノ宮まで引き返して財布とって往復料金を精算。これでやっと真人間だ。

水無瀬から阪急にのってシカクのある中津へいくつもりだったのだが仕方ない。もううんざり。
ドムドムの店長から電話があり、「原稿確認しました何点か修正を」となって、「今度からはファックスでいいのでー」と言われる。
ファックスあったんだな。つまり今日のあれこれ全てが虚無。

遅めのシカク出勤となりへろへろ状態で発送作業を進める。
今日はお客さんがひっきりなしにやってきて忙しかった。

帰り、どうしてもこのまま帰りたくなくて飲みに行く。
初めて入る天満の「もりもり」という居酒屋。先客はおらず、入るといきなりお店のお母さんがかかっていたCDを止めにきたが、それがゆらゆら帝国のCDだった。

聞いてみると「どうしてだか、好きなんです。変態かなと思って不安になるけど」というので「僕も好きですよ!」と言って続けてもらう。

割烹着のお母さんがつくる抜群にうまくて安いお通しを食べながら、「できない」とかを聴くのは最高だった。

話をしているうちに少し元気が出てきた。23時ごろ帰る。

6月終わりかもう。

[PR]
by chi-midoro | 2016-07-01 00:26 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-7-1 ブラックニッカ日々 2016... >>