<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-7-15

朝早く病院へ。診断結果を聞きに行ったのだが、惨憺たる内容で落ち込んだ。
しかし、まあ、しかたない。

平日朝の総合病院は老人だらけで、目元の黒いおじいちゃんが車椅子を押されてなぜか楽しそうにやってくるのをみてマッドマックスの世界みたいだなと思った。

家に帰り少し仕事して北浜駅でエーチャンさんと待ち合わせ。スパゲティハウスというパスタ屋さんでモチモチのスパゲティを食べる。うまい。そのまま天満までかなり歩いて、稲田酒店で生ビール。喉が渇いていたのでやたら美味しかった。

エーチャンさんがこの半年お仕事で大変だった話を聞く。でも今は落ち着いているらしく、よかった。

16時前に解散し天王寺で取材仕事。19時前に終わって急いで梅田へ向かう。

キセルとnever young beachの2マンがAKASOであって、それに行く。

久々にキセルみれた。最初のベガから、良く知ってる曲なのに再構築されたようにアレンジが違っていた。ドラムの北村ゆうこさんがすごく良い感じだ。起伏があるというか、軽くスパスパ叩くところと、胸にくるバシーンという時とがあって。高田渡の「鮪に鰯」のカバーも今日のアレンジはいつにも増して不気味で胸に迫るものがあった。新曲もやってた。「サマタイム」もよかったな。いなくなってしまった人のことを思い出した。

会場内はかなりの密度で、満員な感じだったが、みんなお目当てはnever young beachのようだった。CDは大好きで聴いてるが、ライブは初めてみる。どんなだろうと思ったけど、すごくよかった。あのチャカチャカした、日光のキラキラみたいなギターのフレーズの心地よさ。歌詞もメロディの乗せ方も、曲の運行を妨げず、絶妙に気持ち良いところに置いて行く感じ。延々聴いてられる感じで、思ったよりボーカルの人がキュートでエモい雰囲気で、みんなをがーっと盛り上げていた。車運転できないけど「カーステでドライブだ!」と思うようなライブだった。難しいところが全然なくて、多幸感のみのライブだったな。まぶしい。

豪文さんと友晴さんに挨拶して帰る。

家に帰ったら重たい現実が待っており、一気に暗い気持ちに。まあとにかく酒。

[PR]
by chi-midoro | 2016-07-15 23:21 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>