<< ブラックニッカ日々 2016-8-9 ブラックニッカ日々 2016... >>

ブラックニッカ日々 2016-8-8

昼前に起き、目覚めて5分以内には鍋を火にかけて袋めんを茹でていた。
食べながら録画していたガキの使いを真顔で見終わり、身支度して外へ出る。

郵便局行って荷物送って銀行でお金振り込んで、シカクにチャリで向かうその過程で汗だくになり疲労しきった。

着いてしばらくしたら天皇が「おきもち」を話すという15時になって、テレビはお店にないからネットで動画をみた。
もともと生放送でやるってことだったのが、ビデオメッセージになって、きっと「国民を動揺させないよう」みたいな感じのまわりの進言もあり、言えることや表現なんかも相当事前に限定されていたんじゃないかと思うのだが、端々にドキっとする言葉があった。ドキッとというのは天皇の立場でそれを言っていいんだなということで、自分の理解が足りないだけかもしれないが。

「天皇の終焉」とか、それを本人が語るというのが、いや、そこら辺のお年寄りが、「おれは葬式はやらんくていい。金ばっかりかかるだけだもんね」とか言っているのはよくあることなんだろうけど、あの立場で、国民に向かって自分が死んだ後の話をしているっていうのは、なんかシュールですごいと思った。今こうしてしゃべってる天皇の死を想像してしまっていいんだろうかというような。というのは天皇だからというんじゃなくて、「俺が死んだら、こうしてこうして欲しい」って誰かに言われても、まずは、「いやいや、縁起でもない。まだまだ元気。先は長いですよ」とか言いたくなる、あの感じで。

見てる人はみんな天皇の望むようになったらいいなと思うと思うんだけど、制度のハードルはどれぐらい高いのだろうか。展開が気になる。あと天皇の口から聞く「憲法」という言葉は、憲法改正にグイグイ手が及んで不安を感じているところにあって重く響いた。ツイッターを見たらばーっとみんなそれについて書いていて、みんな同じ映像を見てるんだなと思い、それもここ最近では新鮮な気持ちだった。同じ時間の中で生きてることが実感できる。

シカクでは入荷した商品を登録してレビューを書いたりする「入庫作業」っていうのが結構たまっていてそれをやっていたらすぐに20時になった。

チャリでそのまま福島まで行き、駅前の景色を写真に撮る。イラストレーターのつちもちしんじさんに大阪の景色を描いてもらうシリーズにこの辺りの風景を使えないかと思い。でも行って撮ってみると割と地味で、どうだろう。とりあえず少し歩き回って帰る。

昼食後6時間ぐらいずっと「腹減った」と思い続けていたので、帰るなりモリモリ食べる。また袋めん。今日二回目。

メテオさんが教えてくれる高江の話。チミドロLINEでも「破壊措置命令が発令されたそうだ」とか教えてもらって、ニュース全然追えてないので助かる。どうなんの、色々。怖いからとにかくみんなそばにいていつもあれこれ教えてくれ。

[PR]
by chi-midoro | 2016-08-09 02:52 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-8-9 ブラックニッカ日々 2016... >>