<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-8-19

今日、高校野球を見に甲子園に行こうと思っていた。

しかし、何時からかなと思ってネットで調べたら今日は休みで明日明後日で終わりだと分かった。
なのであぶねーと思って行かなかったのだが、
もし行ってたとしたら甲子園の前でそれを知り、駅前のイオンの4階でこの前見かけた元阪神タイガースの川藤幸三の経営するラーメン屋、その名も「川藤屋」で昼飯にラーメンを食べ、イオンで酒を買ってその辺りを散歩して帰っただろう。せっかくここまで来たしと、ららぽーとのユニクロでTシャツでも買っていたかもしれない。
そんな、実際には起こらなかった一日の自分が思い浮かんだ。

どこにも行かず仕事をすることにした。
なんとか進む。

お昼は絶対に美味しいラーメンがよかった。なぜか今日のラーメンは大事だと思っていた。
お盆休みかと思った近所の光龍益にふらっと行ったら営業していて、食べる。
食べているうちに疲れてくるけど美味い。
帰って少し横になる。

よく考えたらかなり切羽詰まっていた取材について、ようやく動き出す。
取材のお願いをするためにいきなりお店に電話をかけるのは本当にドキドキする。
「いくつも恋して 順序も覚えて kissもうまくなったけど 初めて電話する時には いつも震える」
というPRINCESS PRINCESSの「Diamonds」の歌詞が脳裏をよぎる。
なんとか来週頭に約束を取り付けることができ、ホッとした。

今の自分は、あまり原稿料はよくないけど、とりあえず、バッと取材してダッと書ける無記名の原稿と、
少し大変だけど名前も出て自分にとっても興味あるものを書ける原稿と、
月に1つか2つぐらいさらに時間をかけてやる原稿があり、
6:3:1ぐらいになっている。
でもそれ以外に、本当は一番がんばりたいチミドロの録音や、パリッコさんと作りたい酒の本などがあって、それはどれもやりがいがあるし、「出してくださいよー!」と言ってくださる方もいたりするのだが、日々の細かなことや収入のノルマに追われて進まない。

って書きながら、こんなに時間を好き放題使ってるんだから頑張れよという声が聞こえた。このままじゃ大事なことが最も後回しになってしまう。

夕飯はレタスなどもろもろ蒸したもの。

あさって、住吉区の朝日温泉のイベントで赤犬のカモさんと一緒にラーメンブースを出すことになっており、そのための麺を作る。20人前を想定するとのことで、強力粉2キロを4回にわけて生地にする。

ボールの中に500グラムの強力粉を入れ、200ccの水に塩5グラム、かんすい5グラム(玉置さんがくれたやつ)を溶かして少しずつボールに入れながら指でかき回していく。

何度やっても最初に小麦粉の中に手を差し入れる瞬間はドキドキする。
「いくつも恋して 順序も覚えて kissもうまくなったけど 初めて電話する時には いつも震える」
というPRINCESS PRINCESSの「Diamonds」の歌詞がまた脳裏をよぎる。

その際、こねてはいけなくて、あくまで小麦粉全体に水が行き渡るように、指がただのそういう形のフォーク状のものになったような気持ちで動かしていく。最初はさらさらだった小麦粉の感触が徐々にほろほろとそぼろっぽい感じになっていく感触を感じながら、手を動かし続ける。

こういう時は、何かを考えてるわけじゃないけど、何も考えてないわけじゃない。おそらくプロの製麺の人だったら(そもそもこんなやり方じゃないだろうけど)、あ、この感触は、加水率が低すぎるぞ、とか、やっぱり良い小麦粉は感触が違う!とか、色々繊細な情報を受け取っているのだろう。

でも端からみたら無心にやってるような。そういう時間はストレスがない。上手な人はこういう時間を作って堂々巡りのネガティブな考えから距離を置いているのかもしれない。

と、感じるような心地よい時間であった。回を重ねるごとにいい生地ができた感あり。
どんなもんだろと思って、少し麺にして、めんつゆをかけて食べてみた。
相当うまい。

[PR]
by chi-midoro | 2016-08-20 03:34 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>