<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016... >>

ブラックニッカ日々 2016-8-20

テレビで高校野球を見ながら酒を飲んで過ごしたい。
そうも思ったが、夏のうちに海を見てみたいという気もした。
大阪から行ける近場の海というと兵庫県の須磨海岸ということになるそうだ。

ツイッターで「須磨」と検索すると、
パリピたちが海辺で自撮りした写真がたくさんあがってて、なぜかみんな犬の鼻みたいのをアプリでつけている。
流行ってるんだろうか。
もし一年後に自分がまた今日の日記を読み返すことがあったら、ツイッターで「須磨」と検索して欲しい。
その時ギャルたちはどんなアプリを使ってどのような加工を施しているかな。
どうでもいいことだが。

とにかくその検索結果をみて、海に行く気持ちがくじけそうになったが、なんかそれも悔しいのでやはり行くことにした。
大阪から40分ぐらいで着く。
しかも駅前がいきなり海である。駅の構内にコンビニがあり、酒などを日常価格で購入できる。

確かにパリピたちで賑わってはいるが思ったより人と人との距離感に余裕がある感じで、水も結構透明だ。
こりゃいいと思って足や腰、胸などを海水に浸したり、海辺で砂をすくいとって、また流したりして過ごした。

ぼーっと見てるとナンパがさかんに行われている。
砂浜に座っている女性二人に、筋骨隆々の男性二人が声をかけ、一度その場を離れた後、チューハイとか発泡酒を手にいっぱい持って再度現れた。お酒おごるよ!ということだったのだろう。しかし、その時すでに別の男性二人がその女性たちに声をかけている最中であり、筋骨隆々男性はそれを見て、どうするのかと思ったら静かに横を通り過ぎていった。その酒、どうするんだろう、くれないかなと思ってしまった。

なんせ駅のコンビニがすぐそこなので、浜辺と行ったり来たり(これ、夏以外の季節の飲みスポットとしてもいいな)しながら何缶か飲んでたらだいぶ酔ってきたので海の家でシャワーを浴びて帰る。

ふと思い立って近所の「穴場」という寿司居酒屋に入る。思ったより少し高いと思ったら、にぎりも巻物も一個一個がやたらでかくて、食べきれぬ恐怖と戦いながらのひととき。

帰宅するなり、失神するように眠る。起きたとき自分が今どこにいるのか分からなかった。
寝起きで仕事しなきゃならない時など、いつも目を覚ますためにブラウザでできる麻雀ゲームをやるのだが、全然勝てなくて悲しくなる。
絶対勝てる麻雀ゲームないのか。

[PR]
by chi-midoro | 2016-08-20 23:45 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016... >>