<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-8-21

昼過ぎから高校野球の決勝を見る。
途中から作新の投手今井君が好きになってきたが、今日は点差がつきすぎてあまり盛り上がる試合ではなかった。
そうなると少し憎たらしく見えてくるから不思議だ。

朝日温泉のイベントでの出張製麺に向けて準備し、カモさんが車に乗せて行ってくれるというのでお言葉に甘える。
甘えて乗り込んだ直後に財布を忘れて来たことに気が付くが、帰りはパスモで帰れるし、まあ何とかなるかと思う。
大阪の街を昼間に車で走ったことが無かったから、こことこことがこういう風につながっているのか!というように
車窓からの景色が楽しい。

車に乗れないで大人になったら車に乗る機会が全然ない。ドライブ楽しい。

17時半ごろ現地に到着し、分解して運んだ製麺機を組み立て準備をしつつ、今日のイベントの取材もしたくて忙しい(取材はもう途中から少しあきらめた)。

カモさんは前回シカクでやった時と同様に鶏ダシに豆乳+ナンプラー+だし醤油+塩というスープに、鶏ハムと韓国唐辛子に漬け込んだもやし、シソを具材に持って来ていて、お好みでバジルとコショウを振って食べるようにしていた。

それに対して俺はただ、生地をちぎって製麺するのみ。申し訳ない。
しかも麺のせいで待ち時間が出てしまったりして、焦ったが、まあそこはみんなの優しさでなんとかなり、気づけばカモさんのスープが半分なくなっていた。落ち着いたタイミングで自分たちも食べてみたが、すごく美味しい。鶏のモミジからダシをとったとのことで、甘みやとろみもあって良いスープ。

家が近所だといって遊びに来てくれたはやとさんにお金を借りて発泡酒を買って飲んだりしながら頑張る。夕方の時間帯は、女湯をお化け屋敷にして子供たちがそこを探検するという主旨の企画になっていて、人出が足りなかったらしく、急きょはやとさんが「シャンプーボーイズ」と呼ばれる、シャンプーの泡を立てて子供を脅かす役に抜擢されていて面白かった。

20時過ぎからは怪談ナイトで、暗い銭湯で怪談のマイクリレーが始まったのだが、自分はそこから離れたラーメンブースにいて聞くことはできなかった。

22時半ごろスープがすべてなくなり完売。37杯売れたとのこと。よかった。
売り上げをいただき、はやとさんにお金を返すこともできて安心した。
朝日温泉名物だというモヒートで乾杯。

カモさんの娘さんである野ばらちゃんがお手伝いにきてくれていたのだが、15歳の女子高生がこんなにお父さんと仲良いものかと思うほど仲良しで、さらに本当に素直で優しい良い子である。カモさんもとても穏やかで威厳もある良いお父さんで、この父にしてこの子ありと感じた。

帰りも車で送っていただいたのだが、「いやあ…売れてよかったけど疲れた」と言うカモさんが「すみません、ちょっと疲れて、音楽だけ、好きなのかけさせてもらっていいですか」といって古い歌謡曲をかけていた。

帰り道、天下茶屋の辺りを通った際に「角店」という焼肉屋が目に入る。良い風情。メモ。

今日のラーメンはなかなか良い出来だったという話になって、野ばらちゃんが「本当に美味しかった!お店出せる!だってスープも麺も最高やもん!」と後部座席で言うのを聞いて、なんと良い子なのだろうかと今日何回目かでまた思った。

帰宅して荷物を片付け、熱闘甲子園の録画してたのを見る。決勝戦の夜の放送の、最後、今年の夏を振り返るダイジェストが好きだ。
みんな好きか。
ああこんなシーンあったな!とか、そうそう、この時ピッチャーが良い顔するんだよなーとか思いつつ、みんなもうすでに甲子園にはいなくて、ああまた来年かよと思う感じがいい。
かといって、YOUTUBEで何年か前のダイジェスト版を見ても、それはもう遠い感じで、やはり、ついこの前まで確かにあったのにもうないという感じがたまらないのだろう。

もっと大事に最初っから見ておくんだったなーといつも後悔。

[PR]
by chi-midoro | 2016-08-22 03:00 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>