<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-8-22

昨日の朝日温泉での一場面を思い出した。
風呂桶に入浴セット一式を入れた常連客らしき方が銭湯にやってくるも、昨日は終日イベントのためお風呂は休みである。
朝日温泉の店主がその旨謝り、「いま怪談話をみんなでしてるんですよ。すみません。よかったら聞いて行かれます?」と言うと、常連客は「へー怪談……。ちょっと聞いていこかな」と言って中へ入っていった。
さっきまでお風呂に入るつもりだったのにいきなり怪談に気持ちを切り替えられるところ、良い。

今日は昼よりラーメン店、居酒屋と立て続けに取材に行く。場所は守口。
どちらのお店も店主が温かい姿勢で迎えてくれて緊張がほぐれた。
編集担当の山口さんがちょうど東京から別の仕事で来ていて、タイミングよく合流してくれた。

取材や撮影が終わったらあとはその店でただの客となり、
カメラマンの尾上さん、山口さん、俺の三人で普通に飲み食いさせていただく。
安くて美味くて最高の店だった。
常連客がみな顔からして良い。
顔が映ってしまって問題がないか確認すると「ガンガン撮ってや!ここに指名手配おるけど!」みたいなノリで返してくれる。

あと書いてて思い出したけど、取材前に、カメラマンの尾上さんが重い機材を持って駅の階段を上がってきて、自分はちょうどその上に立っていたのだが、荷物の後ろを60歳ぐらいの女性が支えて一緒に歩いてきて、最初「え!奥さんかな?」と思ったのだが、見知らぬ方が荷物を半分持ってくれたのだという。
どこどこの人は温かい、どこどこは素っ気ないというようなことは相当その場を深く知らないと言えない気がするが、
大阪の人はささっと助けの手を添えてくれる反射スピードが速いという印象はある。

そのまま三人で京橋へ出て、京屋で歓談。
20時頃まで飲み、もう一軒行きたい気もしたが、なんとなく解散の流れに。
歩いて帰る。

帰りに買ったマルタイの長崎ちゃんぽんというカップ麺を食べる。
美味しいけど完全に余計。

冷たいシャワーを浴びまくって居酒屋の香りを落とし、一旦深く眠る。
起きて今日の原稿をまとめてまた寝る。

[PR]
by chi-midoro | 2016-08-23 03:42 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>