<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>

ブラックニッカ日々 2016-10-11

昼また恒例の生駒軒のタンメンを食べる。
母と妹も例の如く同行。
東京来た感じがする。

一日ぽっかり暇なので色々ネットで調べた。
上石神井でやってるずっくさんの個展を見に行く。
妹も行くと言うので一緒に行く。
間違って上石神井じゃなく石神井で降りてしまい、
調べたらだいぶ遠いのでバスに乗っていく。
「おかっぱちゃんハウス」っていう民家をそのままギャラリーにしたような場所。
アウトドアっぽいモチーフのカラフルなイラストが多かった。

ずっくさん、初めて会ったがいきなり話しやすい気さくな人であった。
マグネットや架空の切手セットを買う。
シャムキャッツのPVを作っているらしく、それも楽しみ。

「おかっぱちゃんハウス」がすごく良い場所で、色々な用途に向けてレンタルもしてるらしく、
パリッコさんの家からもかなり近いらしかったのでまた何かやりたいとか思いつつ、
帰りは石神井公園を酒飲みながら歩く。

池袋で妹と別れ、ポポタムでやってる蛾売りおじさんとミクラフレシアさんの蛾の展示を見に行く。
会期が今日まででもう撤収の時間になっており、なんか申し訳ない感じでさっと見て去る。
二人の蛾トークが深すぎて面白かった。

池袋から有楽町線に乗って乗り換えて半蔵門へ。
昨日シルクスクリーンのプリントをお願いしていたオートモアイさんの展示会場へ行き、
トレーナー受け取る。可愛い感じにしてもらってホクホク。

すぐ駅に戻って東中野へ向かう。
いましろたかし原案の映画「あなたを待っています」を見ようと思っていたところに、
butajiさんと豪文さんが来てくれた。
映画の前に焼きとん屋で飲み、眠くなるかと心配したけど、
一切眠くならずに見終わった。
いましろたかしマンガの世界と、プロデュースをしてる山下敦弘の昔の、「ばかのハコ船」みたいな頃のテイストを合わせたような、
何かに対して衝動を持っているけどどうしてもうまくいかない間抜けさを描いた感じで、
また、なんか映像も生々しくてドキドキした。大橋さんの顔がいい。

劇場に金子山さんが来ていて、写真撮ってもらった。
偶然会えてうれしかった。

帰りに3人でもう3杯ぐらい飲む。
穏やかないい時間であった。

昨日のチミドロのみんなとの集まりもそうだったけど、
友達と話してヘラヘラしている時は、色々日々訪れる困難を忘れられる。
結局、根拠は何もなくても「大丈夫だー」とか「まあなんとかなるでしょ」とか言ってくれる人がいれば乗り切れるような気がする。
昔歯医者で親知らずを抜くときに、歯科助手のおばさんがずっと肩をトントンと叩き続けてくれて、
それでものすごく気持ちが落ち着いた。
という風に、なんか、誰かが近くにいて存在を感じさせてくれるだけで、
まあそれは解決にはならないのだが、だいぶ生きていけると思った。
いつも誰かに近くにいて欲しい。贅沢かもしれないけど。

[PR]
by chi-midoro | 2016-10-12 02:21 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2016-... ブラックニッカ日々 2016-... >>