<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-01-19

朝起きる。
しかしまた眠くなって寝たり起きたり。

郵便受けに「三田文学」が届いていた。
保坂和志特集で、本人の短編や連載の1回目や、
山下澄人とか佐々木敦とか磯崎憲一郎とか、おなじみの面々が保坂和志について書いていて、自分にとっては嬉しい一冊。それを読みながらまた寝たり起きたり。

昼ご飯は130円ぐらいのちょっと良い袋めんに値引きで50円になってた小松菜を添えて。

取材の依頼で何件か電話するが、電話しておきながら、いざ話す段になると何をどう説明していいかわからない。
俺は何がしたかったんだっけ。相手を困らせてしまい申し訳ない。

夜、今日が芥川賞の発表じゃなかったっけと思い出して調べてみたら山下澄人が受賞していた。
山下澄人も保坂和志の系譜にある人で、ここ10年ぐらい、磯崎憲一郎もそうだし柴崎友香も、保坂和志リスペクトな作家がどんどん名を上げて嬉しい、嬉しいのか、不思議な感じがする。

ちょうど図書館で借りていた山下澄人の「壁抜けの谷」を読む。面白い。

23時40分発のバスで大阪から東京へ。
2200円のユタカライナーのバス。
男性が後ろの方の座席に固められていて、自分は一番後ろの通路側。
通路側っていうか一番後ろだから通路はなくて、一列に5人座ってる。
その真ん中から一つ左側の席が自分である。
一番後ろなので、リクライニングはフルで倒せる。
休憩ごとに開け閉めされるドアから離れているので暖かく、夏だったら嫌かもしれないけど、隣と肩が触れ合う狭さも、まあ暖かいぐらいで苦ではない。
ほぼずっと眠っていた。
途中咳が止まらなくなって、なのに水分がプラボトル入りの焼酎しかないので、それを飲んでやり過ごした時だけ辛かった。

7時50分頃、東京駅鍛冶橋駐車場に到着。
寒くて、地下鉄に乗ろうかと思うが、なんとなく歩いているうちに歩き切ってしまった。
バスの中でなんの気なく目をこすった瞬間、痛みがあり、この感じの痛みには覚えがあり、
このままにしておくとものもらいみたいに腫れるやつだ、ということが経験上予感された。
そしてそういう時は、抗菌目薬をさすとひどくならなくて、早めの対策が重要なのである。
それで道を歩いていたら8時から開いてるドラッグストアがあったので、目薬の棚を見てみたら906円で売っていた。
1006円払って100円おつり。財布の中身が100いくらとなったが、目が痛いよりマシだ、と思い目薬をさす。

ここ最近では、ちょっと風邪をひくと、何日かしてそれが治る、みたいな単純な展開じゃなくて、免疫が弱ってるところに色々襲い掛かってきて、口内炎ができるだとか、なんか喉がガラガラしたままそれが2週間ぐらい続いたり、元に戻るまでにやたら時間がかかる。で、あれこれ薬とか栄養剤とか買って、だいたいトータル5000円~8000円ほどかかる。

だから、風邪に気を付けてくれ。と、未来の自分のためにメモしておく。

プラボトル入りの焼酎を飲みながら歩いていたら雪が降ってきた。

[PR]
by chi-midoro | 2017-01-20 09:28 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>