<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-01-23

寝て起きてまた「ゆうき」のアルバムを再生してみたいな感じで4回ぐらいは聴いたと思う。
途中で目が覚めてそのまま起きていて家を出て10時過ぎに新宿に到着。

今日は京王デパートの駅弁大会で駅弁を買って、上野に寄席を見に行くというとみさわ昭仁さん発案の企画に、パリッコさんのお誘いで混ぜていただく。
安田さんやラズさんが楽しい!と言って色々なところに書いたりしている駅弁大会に、自分は初めて行ったが、なるほど、全国のうまいものが結集するイベントなのだ。月曜の朝からすごくたくさんの人があれだこれだと駅弁を物色しており、なんか面白い。もう全部美味しそうで到底決めることなどできないのだが、その中で新潟の「もち豚まいたけ弁当」っていうのがなんかしっくり来たので買う。1000円。

それでもういいのに、はしゃぎ過ぎてしまい、駅弁大会の記念の丼に入った「鳥取かにめし」というのもなぜか買った。1500円。

2個の弁当を持ってとみさわさんと合流し、御徒町駅へ移動。
コンビニでお酒を買い込み、鈴本演芸場の昼の部に2800円払って入る。
会場ではおじいさんおばあさんたちが弁当を食べ、酒を飲んでのんびりしていて、自分たちも舞台に一番遠い4人席にパリッコさんとるこさんととみさわさんと自分の4人で座って、弁当を食べ、酒を飲みながら12時半~16時半、落語とか漫才とかマジックとか紙切りとかを時にうとうとしつつ楽しんだ。

なんかきっとこんな雰囲気の良さを、武田百合子が書いていた気がして、その中に自分がいられるのが嬉しかった。

マジックの伊藤夢葉という人、落語の柳家はん治という人が特に面白かった。ロケット団という、片方が山形出身の漫才も面白かった。テレビに出てるようなお笑いの人とは違って、平熱でふふふと笑える感じが良い。

最初は16時半までって結構長いやと思っていたけど飽きることなく見た。なるほど、月曜の昼からこういうところにきて、こういう時間を過ごしている人たちがいるのか。バスに乗って団体で着ている人たちもいるようだった。

とみさわさんは予定があって帰っていき、パリッコさんるこさんと三人で、お腹に赤ちゃんのいるるこさんの無理のないような店をということで、アメ横の福しんへ。
ウンパイロウやもやしナムルなどをつまみに250円のハイボールを3杯か4杯飲んだ。
先日のLBT新年会の穏やかな反省会のような、そんな雰囲気で色々話ができて楽しかった。
18時半ごろ解散。

ハイボールで酔っていたみたいで、地下鉄に乗ったら寝過ごして、気づけば小菅という駅にいたりして、何がなんだかわからず、20時か21時ぐらいになってようやく最寄り駅にたどり着く。

すっかりお金が無くなってしまったので実家に行ってご飯を食べる。
朝買ったカニの丼も母とわけあって食べる。うまい。

テレビを見ているうちに眠くなって寝ていて、妹や父がいたみたいなのだがずっと横になっていた。

目が覚めて再び酒を飲み出し、母が録画していた詩人の吉野弘のドキュメントを見たりして、
夜中までダラダラ。昨日みた沈黙の話をする。話をしている内に涙が出そうになる。

2時半ごろ部屋に戻り、久々に熱い風呂に入って寝る。




[PR]
by chi-midoro | 2017-01-24 03:52 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>