<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-01-24

朝目が覚めてみると、そんなに昨夜飲んだわけでもないのに二日酔いのひどい時みたいな体調。
横になってテレビを見て過ごす。

13時半頃、母と生駒軒でタンメン。
鳥取の方で大雪が降って夜行バスが立ち往生したというニュースを見たらしく、いくらか援助するから新幹線で帰った方がいいとすすめられる。
夜の23時半に池袋から出る大阪まで1800円のバスを予約していたのだが、それならと思ってケータイでキャンセル。半額の900円がキャンセル料として取られた。

東京駅に向かって「ぷらっとこだま」の明日のチケットを買う。

大手町⇒代々木公園と地下鉄を乗り継いで、代々木八幡駅近くにある、SOという図録と画集専門の古書店でティッシーの写真集買う。ティッシーは2011年に85歳で亡くなったチェコの人で、もともとは前衛画家だったのが、精神病院に入れられたりして隠遁。酒ばかり飲み、ボロボロの身なりで町をうろつき、ガラクタを集めて作った手作りのカメラで女性を撮って、それをプリントしては自分で作った額に入れたり、その写真の上にドローイングしたり、みたいなことを一人で黙々と続けていた。なんせガラクタカメラなので、写した写真はすごくぼやけて不鮮明なのだが、曇りガラスの向こうみたいなそのタッチがすごく美しく、それでずっと気になっていた。のんちゃんが表紙の美術手帖がアウトサイダーアート特集で、その中にティッシーも小さく紹介されていて、写真集が欲しかったことを思い出して、それでネットで調べたらこの古本屋に在庫があるということだったので来たのであった。

その本を買って、すぐ神保町へ。シカクで始まる古本市に出品することになって、それで部屋の中の本を眺めたら、手放してもいいかなと思うものが全然なくて、そこで売る古本を探す。しかし結局、自分が欲しい本ばっかり買ってしまって、一体何をしているのか。

両手に古本の入った重いビニール袋を持ち、疲れた。帰ろう。と思っているところに実家で湯豆腐をやるという知らせがあり、荷物を部屋に置いて向かう。

前世は確実に存在するという母の話など聞きながら、そのまま24時頃までゴロゴロする。

[PR]
by chi-midoro | 2017-01-25 14:43 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>