<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-02-01

小津安二郎の「東京暮色」を見る。
有馬稲子、可愛すぎる。

杉村春子がまたいつものチャカチャカした感じで現れると、ヨッ!と思う。
笠智衆の職場を訪ねて来て一緒にうなぎ屋へ行って、
杉村春子が「兄さん一杯どう?」みたいに言って
笠智衆が「いや、昼間は飲まないんだ」って言うのに全然聞かないで
「いいじゃないの。お銚子一本!」と頼むところが面白かった。

「東京暮色」はひたすら暗い話で、有馬稲子も死んじゃうし、
原節子も文学かぶれのダメ夫のところに戻るっていうんだけど、どうもうまくいきそうにない。
有馬稲子に子供を孕ませてしまう、憲坊っていう男がまた最高にダメ野郎で、
薄情でナヨナヨしたやつで、見ていて腹立ってくる。

とにかく意地悪な映画だった。が、笠智衆の住む家の色んな場所が移る映像がとにかく美しくて、
福原路草の写真みたいで最高だった。
工場の煙がもうもうとあがる東京の風景、飲み屋や雀荘の風景とか、
いちいちグッとくる。

映画を見終えて、昼は袋めん。ホウレン草入れる。

原稿を書く。
なんとか終わった。

19時過ぎからCASIOトルコ温泉のモテギさんと近所で飲む。
モテギさんがBIOMANとともに作ったレコードを買わせてもらった。

近所の居酒屋で、発泡酒の大ジョッキが280円で、それを二人でどんどん飲んで話した。
CASIOの話や今後の展望のことなど、モテギさんはたまが好きで浅川マキが好きだそうだ。
そう聞くと、なんか納得がいく。
23時頃解散。

かなり酔って、家に帰ってカップヌードルのカロリー控えめのやつを食べてすぐ寝る。


[PR]
by chi-midoro | 2017-02-02 17:08 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>