<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-02-09

7時に起床。
外見たら雨だ。

8時に家を出て新大阪まで出て「くろしお」という特急列車に乗って紀伊田辺駅まで行く。
2時間半ぐらいかかる。
半分ぐらい寝て過ごす。
途中でふと見えた東燃ゼネラルの工場の風景がすごかった。
別府で見た「地獄」に似ていた。

今日明日と取材ツアーみたいな感じで、バスに乗って田辺市の色々なところを見せてもらう。
参加しているのはベテランのライターの方々ばかりで自分だけが素人。
みなさん、取材力がすごいというか、例えば神社の宮司さんに一瞬たりとも無駄にせず色々な話を聞いていて、
自分は遠くでそれを見てるだけみたいな感じであった。
なのでだんだん情けないような悲しい気持ちになってきたが、こんな経験をしても良いだろう、という気がした。

山の上の方にある梅林で、そこの社長の72歳の男性が色々と説明をしてくれて、
すごく良い顔のじいさんで、とぼけた魅力があり、
みんなの質問攻めにも独特の間で答えていてすぐ好きになったのだが、
そのじいさんが、ふとぴょんぴょんとストレッチのような、飛び跳ねるような動作をしたと思ったら、
すごく急な傾斜に梅が植わっているその木々の間の道も何もないところを一気にふもとの方まで駆けおりていった。
なのだが、途中で足を滑らせて、斜面を滑落するかのように転げ、でも途中でバランスを取り戻してなんとか立って下の方へ消えていった。
みんな「えっ!?」といって呆気に取られていたのだが、
今思えばあの瞬間、あのシーンが光が差すかのように自分の気分を軽くしてくれた気がした。

ふもとの方で我々が降りてくるのを先回りして待って、お茶を出してくれようとしての行動だったみたいで、
「地下足袋だと滑らないんですが今日はこれ(スニーカー)だからダメです」と言っていた。

夜行った紀伊田辺駅前の「味光路」という飲み屋街がとんでもなく魅力的で、
今回は色々一人でうろつく時間はなかったのだが、
パリッコさんやハセガワさんに紹介したら大喜びだろうなと思う。
入り組んだ路地に200軒も飲食店があるんだという。
これは別の機会にまた来なくては。

23時頃解散となりビジネスホテルで熱い風呂に入って寝る。

[PR]
by chi-midoro | 2017-02-10 23:39 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>