<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-02-15

起きる。そして床に寝転がる。

ゲオで借りていた「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」をみる。
佐伯誠之助さんに「絶対見たほうがいいですよ!」と言われて探していたのだが、思ってもみない棚に置かれているのを見つけてやっと借りた。
アンヴィルっていう名前のメタルバンドの話で、デビュー当時はすごいバンドが出てきた!と期待されつつも伸び悩み、でもその後も中心メンバーの二人は仕事しながらバンドを続けて50歳になって、あまり裕福でない暮らしをし、バイトみたいな仕事をしながら生きている。
その中心メンバーの二人と周りのみんなを対象にしたドキュメンタリー。

だからつまり、冴えない人を冴えないように撮っているので、ともすればちょっと意地悪過ぎたり、誇張し過ぎるようなことになってしまいそうだが、終始ちょうどいい距離感とちょうどいい優しい視点があって、出てくる人がみんな愛おしくなってくる。想田和弘の本で、「マイケル・ムーアは取材拒否されるためにカメラを向ける」というように書いている部分があって、本当にそうで、「こんな場面を撮るんじゃねえ!」みたいなヒステリックな反応を映画に撮り込むからそれがイヤミなのだが、この映画ではそこらへんが適度に抑制されていて、メンバーのダサい部分もたくさん映っているのだが、なんか嫌じゃない。

レコーディング代を稼ぐためにテレアポみたいなバイトするシーンとかホント切ないけど、ネガティブな感じじゃない。
ツアーに出てもなんの得もなく、客が全然いない会場もあったりして、ケンカもするけど、やっぱそれが生きがいで、まるで自分たちのことを見ているように感じた。意味なんて一切なくても、バンドは最高だ。一緒にどうでもいい曲を作って「最高だ!」とか言えることぐらい幸せなことはそうそうない。

昼はセブンイレブンの袋めんにもやしを。

午後、仕事を少し進める。

夜、20時に中津のいこいへ。
オレリアンがフランスから来ているというので連絡して久々に会うことに。
オレリアンの同級生で大阪に住んで仕事をしているアランも来ていて、
3人で歓談。
5月の選挙で極右的な思想を持つルペンがいよいよ本当に勝ってしまうかもしれない。
それについて日本ではどんな風に受け止められてる?と聞かれ、「いや、正直全然事情がわかってない」と答えるしかなくて情けなかった。
オレリアンはそうなったら本当にどこかに移住したいよと言っていた。

アランが先に帰り、「泊」の武村さんが来たので、これは声掛けなきゃと思い、シカクの巴さんも誘う。
すぐ来てくれた。

オレリアンの仕事の話(東京では錚々たる大漫画家に次々会ってインタビューしてきたらしい)、武村さんが注目するペルシャの歌謡曲の話。テレビで映っていた金正男の暗殺の話など。23時半まで飲み、解散。

震えながらの帰り道、いつもあまり行かないツタヤに入って、新作のコーナーを見ていたら内田るんさんに「絶対見た方がいいですよ!」と言われていた「シング・ストリート 未来へのうた」があったので、それを含め何枚か借りる。期間がよくわからぬまま、レジで「明日の夜までに返してください」みたいに言われて、え!そんなすぐ、と思い、家に帰ってすぐ見る。

とにかく劇中のバンドの面々のおぼこさと歌の良さ。昼に見たアンヴィルに続いて、いい曲が出来ていくときのメンバーの何とも言えない満ち足りた表情とか、バンドって本当最高だなと思う映画だった。

実際、なんていうか、例えば「ジャージーボーイズ」のような人間関係の困難さみたいなことはほとんど描かれてなくて(主人公の家庭環境は複雑なのだが、それほどエグくない描き方になっている)、純粋で爽やかで、それほど闇のない映画で、最後に主人公と恋人がボートで海へ出ていくシーンだって、わざとかっていうぐらいペラペラの、「これ絶対この後にものすごい困難待ち受けてるだろ!」と思わずにはいられないぐらいほがらか過ぎて不安な感じなんだけど、そんなことはとりあえずどうでもいい。好きな子に良い曲を作って聴いてもらいたい、とか、良い詞が浮かんだら居てもたってもいられずにメンバーの家に駆けていって早速曲作りしたい、とかそういう気持ちが満ち溢れていてたまらない。

できた曲のテープを、主人公が好きな子の家のポストに投げ入れて、それを好きな子が夜ひとりで聞いて、嬉しいような照れくさいような何とも言えない表情で聴きながら涙を流しているのをみて、俺も涙が止まらなかった。というか、終始泣いてみていたような気がする。まばゆい。こういう気持ちをもって現れてくる新しい人を邪魔する古い人にだけはなりたくない。みんなずんずんがんばってくれ。

今日は終始、バンド最高だなと思った一日だった。
みんなでスタジオに入って、「俺たちはまだまだやれる!」と言い合いたい。



[PR]
by chi-midoro | 2017-02-16 03:36 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>