<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-03-04

福岡で買ってきた明太子を冷蔵庫に入れていたのを忘れていて焦る。
スパゲティにして食べる。美味しいけど麺の量が適当すぎて食べ過ぎた。

天気がいいので図書館ついでに大阪城公園へ。
シートを敷いて缶チューハイ飲んでだらだら。
大阪城公園の広さと、そこかしこに酒やつまみが売ってるところと、
みんな好き勝手に楽しんでいる感じがすごく好きだ。
歩いているだけで良い気持ちになる。
特に天気の良いこんな日は本当に最高だ。

でも例えば東京から友達が来て大阪を案内するっていう時に、大阪城公園に来るのは難しい。
そんな時はやっぱりどうしても美味しい店とか面白い店に案内したいけど、
そういう良さとは別に大阪城公園で半日何もせずに過ごす良さも確実にあり、
こういう良さは住んでないと味わえないというか、時間を無駄に使う楽しさだから、
旅行者の視点では味わえなくて、さっきからウダウダ何が言いたいかと言うと、
どんな場所でも、そこに住んで、一年の内の天気や気候が一番ちょうどいい日に感じる良さみたいなものが絶対あり、
それはそこにずっといて時間を無駄にしてもいい人だからこそ感じられるもので、その良さの積み重ねがが「こんな何もねー場所だけどなんだかんだ良い町だ」という思いにつながっていくのだろう。

ってことは、自分があちこち色々な場所に行ったって、せいぜいうまい店にいくぐらいで、
大阪でいう大阪城公園のよさみたいなものには気づけないんだろうなと、
そう思うと悲しい気がすると同時に、どんなところにいたって言葉にできない良さみたいなものも見付けられるっていうことかもしれず、
とにかく、何か分かりやすい良さ(行列の名店がある)みたいなことと別に、もっと言葉にしづらい良さがあって、その土地に住んでる人が一番好きなのはそういうところだったんだりするんだろうな、ということだ。

いま、俺の好きな人たちがこの公園にいてくれたらなあと思う。
無理なことだけど。

夕方ごろ帰宅。
サイプレス上野「ジャポニカヒップホップ練習帳」を読む。
メテオさんが良い感じに何度か出てきて、なんかうれしかった。

家にいるとグングン気が滅入るので、
とにかく焼酎を飲む。
仕事を進めないといけないけど今日はどうしてもやる気になれない。

10万円お金を貯めれば自分がいま思いつく限りの贅沢ができる。
旅に出て美味しいもの食べてパチンコして…わかんないけど
そんな一日を過ごして起きたら死んでる!っていうのが理想。

[PR]
by chi-midoro | 2017-03-04 23:38 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>