<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-03-20

8時前に東京駅鍛冶橋駐車場着。
いつもはバス停から部屋まで歩いていくのだが、なんだか疲れていて京橋駅から地下鉄に乗って行く。

部屋について気づいたのだがケータイの充電器を持ってき忘れた。
とりあえず昼過ぎまで眠る。

目が覚めたままの格好で人形町の町へ出る。
水天宮の方に「まさし」っていう名前の100円ショップがあって、
そこに行ってみると充電の線が売られていてよかった。

それにしても、寝巻きのジャージの腰のゴムが伸びきっており、
3歩あるけばずり落ちてくる。引っ張りながら歩く。だらしない人間。

部屋に戻り、テレビをぼーっと見て過ごす。
今日は三鷹「おんがくのじかん」でチミドロ主催のイベントがあって、
それが4時半会場入りということになっていたので、
その少し前に着くように家を出て、三鷹の「ラーメン大」を食べる。
久々だなー、この、うまいんだかなんだかわからんラーメン。
池袋でよく食べたものだ。

で、「おんがくのじかん」に着いてからは時間が一気に進んで、
どんどんメンバーが集まり、出演者のみなさんも集まって、嵐のように過ぎ去る。

オープニングから転換とエンディングまでずっとDJをしてくれているのが
「ボラを愛する男」ことヤマウチさん。
ブックオフで買い集めた、メジャーレーベルから出てはいるもののマイナーなシンガーのCDばかりをかける。
これが最高で、本人がこれは誰が実は作曲していて、とか喋りながらやるのだが、
品があり、なんかこの人に任せておけば大丈夫という謎の安心感があり、この後、ライブが終わるたびに
またJ-POPが流れて「はい、これは細井真由美(←ってぐらい知らない名前)さんのセカンドアルバムで」と平熱に戻される。
その流れがすごい良くて、これがもう、想像以上の効果をもたらした。

内田るんさんが「アルコールルンバ」という歌を歌う前に、
この歌はナオさんをイメージして作った歌で、みたいなことを言っていて、
そうなのかと思って聴いたら大変嬉し恥ずかしい気がした。
るんさんの声はパワーがある。

やまのいゆずるさんのライブは、川上さんの体調不良ですごく久々のソロ編成で、
だがそれがやまのいさんのメロディセンスを浮き彫りにするような感じで、
改めてスゲーと思った。「君と君の飼ってる猫」とか、フレーズのすごさも。

よいまつりさんは、先日のロフトプラスワンウエストでライブを見て、
音源だけじゃなくライブもすごい良いなと思って声をかけたら奇跡のごとくちょうど今日は東京にいるとのことで、
それで出てもらえることになったのだが、良い曲を早回しにしたみたいに、
鍵盤の上を高速で行ったり来たりするみたいなメロディが最高に面白い。
そもそもトラックからして最高。色んなところでどんどんライブをして欲しいしやればやるほど好きな人が増えると思う。

butajiさんは、反対にすっごいスローに、一音一音の響きを噛みしめながらやる感じで、
時間感覚がぼやけるような気がした。今ギターの弦がはじかれて、喉が震えて声が発されたということ、
それを今自分の耳が聞いているということがしみじみと嬉しくなるようなライブだった。
アンコ―ルに「東京タワーとスカイツリー」をやってくれて感激。
ちなみに終演後、イッチーが帰り際に「ビートたけしのモノマネで歌う『東京タワーとスカイツリー』」をやってくれたのだが、
これも最高に面白い。

最後は自分たちのライブで、おんがくのじかんの小さなステージにわちゃっと7人が(というかはみ出してる)いる感じが、なんかすごく落ち着いて、いやー楽しいなーと思いながら過ごした。

今日は出てくれた人と来てくれたみんなともしゃべりたいし、しっかりしてなきゃと思っていながらいつの間にやらだいぶお酒を飲んでいた。23時半ごろ残っていたみんなで駅に向かい、神田で降りる。

吸い込まれるように24時間やっている「天亀そば」へ入り、400円のカレーそばを食べる。
酔っぱらってぼんやりした記憶だが、飛び上がるほど美味かったような。

それで、しばらく歩いていてポケットの中に入っていた2000円(「ぼやきの地平」と「酒の穴」の本の売り上げ)を財布に移しておこうと思ったら、お金がない。

どうやらどこかに落としたらしい。
所持金が174円となりしょんぼりして帰宅。

[PR]
by chi-midoro | 2017-03-21 15:32 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>