<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-03-23

朝、起きたら10時で、あれ、三田の二郎って朝からやってるんじゃないっけ。
いま全然食欲ないけど、行くチャンスではあるな。
と思って寝起きのまま部屋を飛び出し、地下鉄乗って三田駅へ。

10時45分頃、店の前に着くと10人ぐらい並んでいて、
15分ほどで座れた。
三田の店長が作っていて、横でみてるとなんという粗野なラーメンなのか。
感動する。
丼ベッタベタだし、例えば「全マシで!」というお客さんがいたらスープが溢れてしまうので、
上に乗ったもやしを押さえて、丼ごと傾けてジャーっとスープを流して捨てる。
なんたる食べ物!

麺半分だっていうのにめっちゃ麺多い。
野菜もすごい量。肉も分厚い。最高!でも食いきれない!
「麺マジで半分」というオーダーを作って欲しいほどだ。
暴力的な旨さ。クラクラして店を出てすぐ部屋へ戻る。

しばらくゴロゴロ。
籠池氏の証人喚問を取り扱うワイドショーを見る。

狂った人だと思うし本当に嫌だが、でかくて姿勢がいいので堂々として見えるのは否めない。
他の政治家よりも政治家みたいな。
ワイドショーに出てた自民の議員は「論点がずれてる。国が土地を8億円も値引きしたのがどういう理由があってのことなのかを明らかにするのが目的なのであって、100万円の寄付金(実際この寄付金自体はあったとしても違法じゃないという)がどうとか、そこをチマチマやってもしょうがない」みたいなことを言っていたけど、あんなカルトな教育を首相や首相夫人が支持してるっていうことがすでにおかしいっていうことがどんどん世間に共有されていけばそれが一番だと思った。
籠池氏も安倍家も一緒に遠くへ消えて欲しい。

14時56分発のこだまに乗り京都を目指す。
二郎食べたらいつでもそうだけど謎の動悸が止まらず、新幹線の中でも寝苦しい。

京都のサウナの梅湯である「JerryPaper」のライブにサイリさんの「EMERALD FOUR」も出るっていうんでこれは行かなきゃというので京都に向かっていたのだが、スケラッコさんから興味ありとの連絡がきて、一緒に行くことに。京都駅で降りてパソコンなどの荷物をロッカーに突っ込み小走りで梅湯へ。

スケラッコさんとも合流でき、ビール飲んでうろうろ。再入場可能とのことなので、目の前の「キコク食堂」という雰囲気のいい食堂で一杯飲むことに。あんかけ湯豆腐が超うまい。スケラッコさんが頼んだハムカツも超うまい。味噌ベースの黒いソース。隣の人が注文してた揚げシュウマイも超うまそう。また来なくては。

ライブは女湯の浴場で行われる。
EMERALD FOUR、最高すぎる。天から降って来るみたいなサイリさんの声とキーボード。ギターもいいしトラックもいい。○○ウェーブ以降みたいな音に聴こえるけど、独特なアジア感もあり、こんな音楽他に無いんじゃないか。って考えたら、さらにモテギさんがいて、ちやじさんがいて、シンセ先輩がいるCASIOトルコ温泉って日本最強のガールズバンドなんじゃないかと改めて思う。やばい。ちなみにモテギさんも来ていて、少し話せた。

ライブ後、自販機でスケラッコさんと酒買い足して飲んでたら結構酔ってきてJerryPaperのライブは夢心地だった。コンピューター感が薄れて生楽器の音になったライブも最高。JerryPaperのねっとりしつつしなやかな変な動き。あのねばっこい動きからぼやけたボーカルとグデッとした心地よいグルーブが生まれるのだろう。最高である。いつまでも聞いてられる。風呂場なので、蛇口を押しちゃうと水が出るので絶対押さないでくださいと言われていたのに、ゆらゆら踊ってたら少し押してしまって靴下が濡れた(他の人には迷惑かけてないはず)。

CD買ってサインもらって帰る。DJで出ていたwhatmanさんとobocoさんと今度京都で飲みましょう!みたいなことを酔って話した気がする。店を出ると、父から電話。今日、ちょうど京都に来ているそうで、今から飲みに来いというので、まあ、行くかと思って、スケラッコさんに見送られる形でタクシーに乗る。電話を運転手さんに渡したら道を案内できるという。

祇園のなんとかっていう店に着いたら、ボーイさんがドアをあけてくれて、バッと広がった視界が絵に描いたような高級クラブで、和服姿のママと美人が二人席についてみんなで談笑している。さっきまで川べりに座って飲んでたのにいきなりこのギャップ。卒倒しそうになる。父の仕事仲間の矢野さんの行きつけだそうで、とにかくどうしていいか分からず、オロオロ(隣の女性に海外に行ったことありますか?と聞かれて「ロシアに…」と答えて少しその時の話をした記憶あり)していたら時間となり、京都のホテルに帰るという父とタクシーに乗る。京都駅に行けばギリギリ終電がありそうな気がして、もうケータイは充電きれて、賭けだったが、乗ったら乗れた。大阪駅まで戻る。

疲れ果てて酔いつぶれ、歩いて帰れないと思ってタクシー乗った。1100円ぐらい。
ようやく家に戻り、食べながらすでに「別にお腹減ってない」と感じた余剰のカップ麺を食べて寝る。



[PR]
by chi-midoro | 2017-03-24 14:09 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>