<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-03-29

10時起床。
今日も天気が良く(昨日は途中雨がふったけど)、
こんなちょうどいい気候の日って、逃したらもうずっとなかったりするし、
ボーイズがちょうど休みだったので連れてでかける。

甲子園で選抜高校野球の準々決勝をやっていて、
あの球場の外野席の入口から入ってドーンといきなり視界が広がって、
間近に選手が見えて、ぐるっと見渡す限り大勢観客がいて、
というその瞬間の驚きがまた味わいたくて今日も甲子園へ。

報徳学園と福岡大大濠の試合をやっていて、
あれ、この前も東海大福岡っていう福岡の高校の試合を観戦したなと思いつつ、
なんとなく今回も福岡を応援する。
点差がどんどん開いて結局福岡が負けてしまったのだが、
声出して応援してるだけで気が晴れた。

その試合が終わったところで外へ出て甲子園駅から神戸三宮駅へ。
マクドナルドが食べたいとボーイズが言うので入る。
俺はガマン。

二人が食べている間、坂口恭平の「けものになること」をパラパラッと読んでいたら、
「記憶はなくなる。記憶はなくならない。」という一節があって、
フットボールアワーの後藤の「どっちやねん!」という声が頭の中で再生された。
自分でその声を再生しておいて唐突に気づいたのだが、
坂口恭平の小説は「どっちやねん!」に対して「どっちもやねん!」と言い返すような小説であり、
「なんでやねん!」に対して「なんでもやねん!」と全身全霊で跳ね返すようなものだろう。
日常に張り巡らされた、っつうか自分の中にどこまでも浸透したツッコミという規範を、
すごい勢いとスピードで振り切ろうとしているようだ。

マクドナルドを出て地下鉄で新神戸へ。
ヤマコットさんから教わりつつ行けてなくて、
この前パリッコさんたちが行った時にも同行できなかった「布引雄滝茶屋」という茶屋まで歩くことに。

駅のすぐ裏手がハイキングコースになっていて、
こんなに近いの!?と驚く。
だし、結構急な坂道で、こんなに登るの!?とも驚く。
「布引の滝」には雄滝と雌滝があって、その雄滝を見下ろすような高台に「雄滝茶屋」はあるのだった。
三人でひーひー言いながらなんとか登り切って、
俺は缶ビールとラーメン。ボーイズにはジュースを。

目の前にでかい滝が見えるカウンター席でのんびり飲み食いして
みんな一気にこの場所が気に入る。
空の上の方を走って行くロープウェーに気づいて驚く。
あれも乗ってみたい。

ドアの中のテーブル席では6人組ぐらいのグループが大量のビール瓶を並べて宴会していて楽しそう。
「ミニ会席」っていうのがあって1200円でちょっとしたコースみたいなのが食べられるそうだ。
また来よう。

お店のお母さんもすごく優しくて、お菓子くれたりした。

展望台まで登り、神戸の景色を見晴らして下山。
一気に梅田まで引き返し、少し買い物して歩き疲れて帰宅。

夕飯はレタスと豚肉の鍋とする。

ちょっとうとうとするつもりが目覚めたら深夜。
焦って仕事。

[PR]
by chi-midoro | 2017-03-30 02:48 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>