<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-03-31

雨。

昼起床。
甲子園の決勝もこの雨で順延らしい。

昼過ぎに家を出て武庫川駅で酒場取材。
その後、カメラマンの尾上さんの車に乗せてもらってもう一軒、甲子園駅近くの酒場取材。
滞りなく終わる。

帰宅しひと眠り。
21時半にはやとさんと日本橋駅で待ち合わせしており、
その時間に向かう。

まずは二人で「マッチョ」の脂っこいラーメン。

今日はサーカスというクラブにDJ FUNKが来るのでそれに行くのだが、
オープンが23時で、まだまだ時間があるということで、はやとさんと二人で「なんばWALK」という心斎橋あたりの地下街を歩く。
日本橋あたりからJRなんば駅あたりまでかなりの距離。
地上では雨が降っているのに、ここなら一切濡れずに延々散歩可能。
コンビニ等もある。

途中、モネとかゴッホとか、世界の名画の複製画が飾られているエリアがあり、
ゆっくりその絵を見る。
色々ある作品の中の一つ、スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の
明るい日差しの風景に入りたい。
酔った勢いで死ぬほど本気で絵に突進してぶつかれば、入れるかもしれない、というような話をした。
なぜこんなところに名画が、と思ったら大阪市とシカゴが姉妹都市らしくて、
それにちなんで「シカゴ美術館」所蔵の絵の複製画が飾られている、ということらしかった。
これからシカゴハウス聞きに行くのでちょうどいい。

サーカスの方へ歩いていくと、ちょうどフルトノさんとDJ FUNKが外に出てきた。
DJ FUNK、何度見ても、想像以上に普通のあんちゃん。
いい人そうである。

コンビニで酒飲んでから入りましょうと言ってコンビニに向かう途中、佐伯誠之助さんにばったり。
佐伯さんもDJ FUNKを見に行くところだというので一緒にコンビニで飲む。

しばらくしてサーカスに入ったら、ちょうどTECHNOMANのライブが始まったところだったのだが、
めちゃくちゃかっこいい。
シカゴハウスな音色や声ネタなど使いつつも、ただの再現じゃなくて、
何か新しいものになっていて最高だった。

2時過ぎから始まったDJ FUNKはベスト盤みたいな選曲で、終始最高。
しかし、なんというIQの低い、愛すべき音楽なんだろうか。
IQなんていらない。
途中、DJ FUNKが「アス&ティティ」を連呼する声ネタの曲で、
そのサンプルにあわせて、「アス」の時は尻を指さし、「ティティ」の時は乳首を指さすっていうのを律儀に高速でやっていて、
まじでどうでもよすぎて最高!と思った。

佐伯さんと話していたのだが、去年はCDを使ってDJしていたのに、パソコンでやるようになっていて、
しかもABLETON LIVEとかを動かすようなカラフルなボタンの一杯ついたコントローラ-も傍らに置いてやっていて、
プレイ中ほとんど触らないんだけど、一応そういうものを購入して横に置いておく、という、そういうところが愛らしい。

これも佐伯さんから聞いた話で、前にも聞いたことがあったのだが、去年DJ FUNKが来日してフェスでDJした時に、
割とその時はお客さんの反応が良くなくて、少しだらけた雰囲気の中で、
前の方にいた白人グループ客が「黒人がどうこう」みたいな、差別的なヤジを飛ばしたらしい。
それを聞いたDJ FUNKが、ブースの下でしゃがんで、なんとこっそり泣いていたという。

どこまで本当なのか分からないが、もし本当ならば、DJ FUNKと肩をがっつり組んで、
あなたは最高だ!あんなくだらないヤジは一切気にすることはない、あの人たちは大変不幸で目も当てられない人だ。
あなたはいつもと変わらずこれからもデカい音でビートを鳴らし続けてくれ!日本にもまた来てくれ!と大声で繰り返したい。

DJが終わった後はフロアに出てきて、お客さんと写真を撮ったりサインをしたりしていたFUNK。
俺もはやとさんと佐伯さんと一緒に写真を撮ってもらった。
握手してもらったが、声が出るほど強い握手で、俺の手がポキッと鳴った。

フルトノさんのDJが続く中、少し早めに店を出て始発で帰宅。

[PR]
by chi-midoro | 2017-04-02 02:50 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>