<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-05-27

7時半起床。
パリッコさんのお宮参りの撮影のお手伝いをしに大泉学園へ。
そこから車に乗って清瀬へ。
初めてあったお子さん、生後1か月で「このサイズ感!」と思って感動した。
後ほど抱っこさせてもらった時、なおさらうおーと思った。

帰りまでグズらずにいたおとなしい子。
るこさんもお元気そうでよかった。

パリッコさんの運転する車に初めて乗ったけど、
車を運転できるっていうだけで人間的に2周りぐらい器がデカい気がする。
自分には無理!

車をパリッコさんの実家に返しに行った時、タイミングよくお母さんに会う。
挨拶。

大泉学園から石神井公園まで歩きながら、畑の脇の無人販売所で良い野菜をみつけては買って行くパリッコさん。
この辺は都市だしのどかだし、ちょうどいい混ざり具合でうらやましい。
ブロッコリが美味しそうだった。

もうしばらく飲めるとのことで石神井公園を二人で散策。
豊島屋に行ったら今度8月で販売地域が大幅に縮小される「カール」が売られていて、
それをつまみに乾杯。
こんなにうまいものが買えなくなるなんて!とはいえ年に何回買ってるかって話だけど。

商店街でちょうど入場無料の落語会をやっていて、
すぐ近くの角打ちでブルーベリーエールをグラスに注いでもらってそれを飲みながら鑑賞。
贅沢である。

その後、中華の玉仙楼で飲み食い。
野菜たっぷりタンメンがすごく美味かった。
青菜やフクロダケが入ったちょっと中華テイストのタンメン。

それにしてもパリッコさんは良いペースで飲む。
自分の倍ぐらいのスピードだ。

最後に銭湯に入っていきましょう!
と「友の湯」へ。
天井が高く、日差しがパッと差し込む開放感のある銭湯。
パリッコさんおすすめの水風呂が、最初は冷たすぎて入れないんだけど、
思い切って浸かってるとたまらない状態になってくる。
で、また熱い風呂に入ったりを繰り返す。
いやー!いい湯だった…と、二人で椅子に座って気づけば寝ていた。

パリッコさんと別れ、池袋から渋谷に出る。
昨夜、佐伯誠之助さんから「中津に行くけど飲みませんか」とメールがきて、
間が悪く東京におります、と返事をしたところ、
今日、下北のサウンドクルージングという、下北の何か所ものライブハウスで同時開催される
回遊型のイベントがあって、そこに出る予定だ、その前に飲みませんかということに。
で、21時頃に下北沢に着くというので、それまで時間を潰すべく、
ブックファーストで立ち読み。

中井久夫の特集ムックみたいなのが出てるらしく、それを探して買うついでに、
隣にあった同じ中井久夫の「いじめのある世界に生きる君たちへ」という本を手に取って読んでたら、
いじめというものがどういうプロセスで進展していくかを丁寧に解説した本で、
それがどのように人間の尊厳を奪って行くかがじっくり書かれていて
中井久夫らしい、冷静なんだけど愛が溢れた文章で、
今ここが誰もいないだだっ広い場所だったら嗚咽しそうなほどであった。
素晴らしい本なのでこれも買う。

引き続き色々立ち読み。
前野健太の本をパラッと読んでみたのだが、
自分が、恋が、みたいなことがダーッと押し寄せてきて
なぜだか今は読む元気がない感じがした。
昔はすごく好きだったのだが。
気分的なものかもしれない。

あと、ミュージックマガジンで日本語ラップが特集されている号で、
R-指定やDOTAMAが対談していて、ベスト100のランキングがおかしい、
こんな愛のない特集はクソ!みたいに言っていて面白いのだが、
なぜか日本語ラップは誰もが自分のものみたいにしたがるように見えるのはなんなんだろう。
ロックやテクノやハウスの同じような特集が組まれたとして、
こんな反応は出るだろうか。
チャラいのも深いのもオールOKでいいんじゃないのと自分は思うが、
日本語ラップには繊細な何かがあるのかもしれない。

ようやく21時近くなり、下北沢へ移動。
マクドナルド前で佐伯さんと合流。
ハバナイ浅見さんに会って握手。

佐伯さんの出番まで「よっちゃん」で飲む。
ちょうど隣で飲んでいた二人がサウンドクルージングを見にきている人で、
「え!佐伯さんなんですか!イメージと全然違う!」と驚いていた。
そのまま与太話をしながら23時ごろ店を出て佐伯さんの出るGardenというライブハウスへ。
終電ギリギリまで聴いて帰る。
相変わらず真剣なくだらなさで感動する。
cinema staffという佐伯さんの前に出たバンドが大人気で、
終演後、ファンの人が紙にプリントしたセットリストを「それください!やったー!!」みたいにもらって喜んでいて、
佐伯さんのセットリストも欲しがる人がいたら面白いなと思った。
一旦ほとんど誰もいなくなってしまった会場だったが、佐伯さんが始まったら徐々に人が集まり始め、
後半は盛況となっていた。

電車乗り継ぎ、神田までたどり着く。
一日中飲んでいたので疲れた。
コンビニでサラダとカップ麺を買い、最後のエネルギーでそれを食べて寝る。

[PR]
by chi-midoro | 2017-05-28 12:29 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>