<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-05-31

朝からがんばって仕事。
昼ご飯は再び生駒軒。
母と妹も参加。
俺はタンメンだが、少しわけてもらった醤油ラーメンもめちゃうまい。

この後、高円寺と阿佐ヶ谷でやっている小田島等さんの展示を見に行くつもりだと話すと
妹も行くことに。
高円寺FAITH、阿佐ヶ谷voidと見てまわる。
以前、神保町の「路地と人」で一部を見たことのある小田島さんの10代の作品と、それに影響を受けて作った最近の作品がずらっと並んでいる。
どれもいい。
小田島さんのコラージュは何か他の人のと違う気がする。
大竹伸朗に似てるかもしれないけどやはり違う。
例えばいきなり松浦亜弥の写真が貼られていたりして、それはただの美女じゃなくて、松浦亜弥だから意味があるんだろうなという感じ。
そういう情報や記号が絵画的な良さの中にたくさん紛れ込んでいる。
絵を見るのと、情報を読むのの間ぐらいの感じで眺める。

阿佐ヶ谷の方で画集を買う。3700円。
予約してたら特典がついたみたいで悔しい。
ミノケンさんのアルバムも売ってたので買う。1000円。

そして妹と三矢酒店の角打ちスペースでビールを飲む。
ドアを開け放ってある目の前が小さいけどブランコや鉄棒や滑り台もある公園で、
ベンチでハーモニカを拭いてるおじさん、
タバコ吸ってる背広の人、
ボール持って遊びにくる男児2人、女児1人の3人組などがそこに現れては去っていき、
さらにその手前の道を自転車で横切って行く人もいるし、公園の出口の向こうの道も人が歩いていく。
それがもう、演劇を見てるみたいな感じでずっと楽しい。
無言でずっと見てたら、おばあちゃんが8歳ぐらいの女の子と5歳のぐらいの女の子の二人を連れて公園にきて、
「ほらぁー!ここ!”綿ぼうし”があるよ」とおばあちゃんが言うと、
「ばあば、だから違うよ」と年上の女の子が言った後、女の子二人が声を揃えて「わ・た・げ!」と言ったその
「わ!た!げ!」のハーモニーがめちゃくちゃ心に沁みた。
1時間ぐらいそうして帰る。

帰りは南阿佐ヶ谷駅から地下鉄。
人形町に戻るなり荷物をまとめて部屋を出てミヤマッチのうちへ。
今日は取材でミヤマッチに手料理をふるまってもらうことになっている。
イッチーも来て三人で和気あいあい。
気合の入った料理の数々であった。

イッチーは終電で先に帰り、その後1時間ぐらい二人で飲んで帰宅。

[PR]
by chi-midoro | 2017-06-02 11:44 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>