<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-6-21

外は強い雨。
7時半の電車に乗って大阪駅へ。
そこからサンダーバードっていう特急列車に乗って金沢に行き、
北陸新幹線に乗り継いで糸魚川駅に11時半ごろ到着。
なんかキップの買い方失敗したようで、
スマホで検索した金額より2千円ぐらい交通費が高い。
片道1万2千円ぐらい。
電車の中ではほとんど寝てた。

糸魚川駅でハセガワさんと合流。
外に出るとこっちは曇り空ではあるが雨は降っていない。
東海道新幹線が雨の影響で止まったりしていたのを後で知る。
スムーズに来れてツイていたのかもしれない。

今回糸魚川に来たのは、昨年末に大火事があって被害を受けた糸魚川市に、
ハセガワさんがふるさと納税をしてその返礼品として旅館の宿泊券をもらい、
よかったら行きませんか?と声をかけてもらったという理由からである。

火事から時間が経ち、市のホームページを見ると、
仮設店舗で営業を再開しているお店もたくさんあるという。
そういうお店で飲み食いさせてもらうのは悪いことではあるまい。
それがもし復興の一助になれば幸い…と、そんな特に大げさな理由はなく、
どこか知らないところに行きたいといういつもの思いで自分は来た。

駅前でレンタサイクルを借りて散策。
火災のあったエリアはガレキの撤去があらかた終わった段階のようで、
だだっ広い。こんなに遠くまで焼けてしまったのか、と実際に見ると驚く広さであった。

今回の旅のことを記事に書くとしたら、
ちゃんと市の職員の方の話も伺っておかないといけないなという気がし始めて、
電話して取材できないかと相談してみたところ明日対応してもらえることに。
突然申し訳なかった。

展望台から日本海を見る。
反対側に振り返ると焼け跡があって遠くはアルプスの山並み。
山の形がどれも尖ってて迫力がある。

駅前の麺家なりたで「ひすいラーメン」を食べる。
糸魚川は大昔から翡翠の産地として知られていて、ひすい推しがすごい。
ちゃんと美味しいラーメン。
つうか水からしてとんでもなく美味しい。

海沿いを走ってフォッサマグナミュージアムに行くことにする。
途中から結構な上り坂。
ひーこら言いはじめたタイミングで「ひすいの湯」という温泉が目の前に現れ、
フォッサマグナは瞬時に諦め、温泉に寄ることに。
独特の香りのする湯だった。露天風呂気持ちいい。
60代ぐらいの方々が、「今日のお湯はなめらかな気がする」と言っていたからそうなんだろう。

休憩所で一休みして駅前に戻る。
自転車を返し終わったあたりで雨が降ってきた。
ギリギリセーフ。

駅前から送迎バスに乗って今日の宿がある焼山温泉へ。
浴衣着て美味しい食事をいただき、またここのお風呂も最高で、
ひすいの湯の泉質とは全然違った感じなのを堪能し、
宿の中にある蕎麦処で酒だけ頼んで酒飲む。
もうそろそろ閉店で、と言われて店を出て、
部屋でハセガワさんと氷結飲んでだべって寝た。

[PR]
by chi-midoro | 2017-06-23 23:13 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>