<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-07-24

昼まで眠りかなり元気になった。
録画してあったバラエティ番組をぼーっと見たのち、
銀行からお金を振込むために自転車でベルファへ。
フードコートのリンガーハットで「野菜たっぷり皿うどん」を食べる。

フードコートがすごい混んでいて、人と人の間のカウンター1席に入り込まないと食べられないほど。
みんな夏休みなのか。
隣はずっと長い髪をいじって座っているだけの若い女性。

食べていて、皿うどんの麺が目に入りそうになる。
この、一度揚げてバリバリにしたものをまたふにゃらせて食べるという食べ物。
そして350gにも達するという「野菜たっぷり皿うどん」の名に恥じぬ野菜の量。
食べても食べても野菜。
大混雑のフードコート。
途中でなんだかすべてがアホらしくなってくる。

老舗みたいな時間が堆積した店、あるいはすっごいオシャレな店なんかだと、
「ああ、おれここで今食べてるー!」みたいな説得力があるんだけど、
フードコートでの食事ってなんか必然性がなくて、
気合を入れて踏ん張らないと「はは、何してるんだろ、おれこんなところで」みたいな気持ちが入り込んでくるから要注意だ。
しかしまたその気持ちも不思議と魅力的である。

100円ショップで名刺入れを買い
(なんかこの買い物も空虚)
しまむらを冷やかし、本屋で少し立ち読み。
ECDのインタビューが載ったアエラなど読む。

銀行からの送金も完了し、炎天下を真っ直ぐ引き返す。
扇風機つけてゴロ寝。

夕方から少し仕事。
さっき山ほど皿うどん食べたしなーと思い、夕飯は豆腐とする。
でも欲が出てミニカップ麺も食べた。

一度寝て起床し、明け方まで文章書き。
門あさ美の「La Fleur Bleue」というアルバムばかり繰り返し聴いている。
高橋幸宏プロデュースの1988年作。
ちょっとエレクトロニックな演奏と、涼しいボーカル、派手すぎないメロディ。
どこをとってもちょうどいい。こんなアルバム他にないだろうか。

[PR]
by chi-midoro | 2017-07-25 11:03 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>