<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-07-25

仕事がんばる。
昼は冷蔵庫に余ってた中華麺を使って適当なラーメン。
昨日本屋で立ち読みして作ってみていた味付け玉子は確かに美味しくできた。
しかし麺が多すぎて残す。

引き続き仕事。

夕方、冷蔵庫に余ってた野菜を使って適当なスパゲティ。
野菜入れすぎて残す。

今日は天神祭の花火の日で、聞いたところによると、
川沿いはものすごい混むが割と家の近所に穴場スポットがあり、
町の人はそういうところでのんびり見るという。

ボーイズに浴衣を着せて自転車で良いスポットを探す。
ハヤトさんから電話「いま梅田なんですよ!暇っすよ!どうっすか!?え、花火!?なんなんすかぁー!」とのこと。
金曜に飲みましょうと約束。

天神祭の花火は二か所で上がるのだが、桜ノ宮のラブホテル街のあたりから片方の花火がかなり近く見える。
音に飛び上がるほどである。

ラブホテルが机を出して飲み物や軽食を売っているのが面白い。

少しずつ移動しながら見てみたが、思いのほか色々な場所から見えることがわかった。
花火っつうのはなんとも、見てるだけで涙腺がゆるむものがある。
そこら辺の子どもたちが爆音にはしゃぎながら「うわー戦争だー!」とかけ回るのが笑えない今だ。

武田百合子が終戦から何年か経ってようやく再開した隅田川の花火を神田の聖橋かどこかで見て涙が出たって書いてたのをいつも思い出す。何に書いていたんだったか。

ボーイズが屋台で何か買いたいといい、豆電球型の入れ物にジュースを入れるとビカビカ点滅して綺麗な「電球ジュース」っていうのを買う。500円。屋台の裏で思いっきりペットボトル入りのただのりんごジュースかなんかを入れて出すだけなんだが、確かにこの入れ物はバカで良い。

ハンドスピナーの屋台もたくさんあり、くじ引きでへぼいのから良いやつまでどれかが必ず当たるという。それもやるというので500円。一番へぼいのがあたった。
しかし考えてみれば、ハンドスピナーって本当にただただそれだけっていう感じのおもちゃで、買った途端に「おれ、これ、欲しいっけ?」と思うあの感じが、すごくお祭りの屋台っぽくて、相性が良いなと思う。
こういう要らないものにお金を使うっていうことも無くてはならないことのような気がする。
と言う自分は屋台で氷結買おうとして、値段聞いて300円だったら買おう、400円ならうーん、迷うと思って、おじさんの返答が500円だったので、買うのやめて帰りにコンビニで買った。お祭にケチッても仕方ない。

家に帰ると「もっと回るハンドスピナーがよかった」といってショゲている。
「いや、この回らないところが面白いんじゃん。それに軽いから技の練習もしやすい」などと適当言って寝る。



[PR]
by chi-midoro | 2017-07-27 11:30 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>