<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-09-10

朝起きて少し仕事。
昼は梅田で食べようということになり、駅ビルの中華のランチバイキングに入る。
相当なスピードで腹いっぱいになったがどれも美味しかった。
貝柱のスープ、濃いダシがうまくて意地でおかわりした。

ヨドバシカメラをうろうろしたのち、
ボーイズを連れて大阪駅から久宝寺駅へ向かう。
八尾の河内音頭というのを一度見てみたくて、
昨日今日とやっているとのことだったので行くことにした。

大阪駅から大和路快速で20数分。
久宝寺駅に着いても別にたくさん人が降りるとかっていうわけでもなく意外だった。
のどかな雰囲気の駅前を会場の陸上競技場に向かって歩く。

競技場はだだっ広く、相当なスペースをとって櫓が組んである(野球場の真ん中にドンと櫓っていう感じ)。
だが、その櫓の上では地域の子どもが替わりばんこに河内音頭を歌ってるだけで、
大人がちらほら見てるだけ。

競技場の端の方に(端といっても相当広いスペース)屋台が立ち並んでいる。
いいちこの炭酸割りがなぜか無料で配られていたり、子どもたちだけでやってる屋台ではジュースが50円だったり、
なんというか、あくまで地元のお祭りっていう感じで嬉しい。
氷結も300円で売ってるのでそれを買い、ボーイズたちはジュースを片手に会場をウロウロ。

屋台の近くにはテントの下にパイプ椅子がたくさん置かれていて、自由に座れる。
みんな踊りはそっちのけで飲み食いを楽しんでいる様子だ。
八尾市長が櫓にあがってヨロヨロと歌ったりした後、17時になってようやくプロの歌い手たちが現れ、
それまでは河内音頭のあのギターの音もシンセでチャカチャカ弾いていたのが、
ちゃんとエレキギターでの伴奏となり、歌ももちろんうまいので、そこからみんな踊り出すようだった。
少しみて帰宅時間となり、名残り惜しかったが、雰囲気を体感できてよかった。
錦糸町のお祭りよりも断然のん気な雰囲気。
これはこれですごく良い。

駅へ引き返す道すがら、浴衣を着た人が会場に向かって多数歩いて行くのとすれ違ったし、
昨日は大人数で同時に踊るギネス記録に挑戦したりしていたそうなので、
自分がいた時間がたまたまのどかだっただけかもしれないけど。
でもきっと人混みがすごくて居場所がない、みたいな状態にはならないはず。
来年ゆっくり過ごしたいな。

昼にたらふく食べたし、なんか何食べていいか分からず、
カップヌードルのカレーに白菜を茹でて乗っける(当然ものすごいはみ出る)っていう
わけのわからない夕飯となった。

のんびり休憩して一度熟睡し、24時頃から仕事開始。
明け方まで頑張る。
butajiさんが京都でライブしていて、ハヤトさんがそれを見にきて、
みんなで打ち上げしてるっていうLINEの報告をうらやましく受け取る。

[PR]
by chi-midoro | 2017-09-11 04:13 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>