チミドロライブ情報

チミドロというテクノラップバンドをやっております!
簡単なプロフィールはこちらです!


ライブ情報:

2017/7/30「Block party」@下北沢THREE
2017/8/19「ゲットー酒場&酎酎列車『ゲッ酎』」@幡ヶ谷フォレストリミット
2017/9/23「りんご音楽祭」@長野県松本市アルプス公園(チミドロじゃなく、パリッコさんと酒トークをします)






ライブ情報、Facebookの「チミドロ」ページでもお知らせしています!

気軽に遊びにきてください!



みに、


チミドロの作った曲は下記から聴くことができます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1stアルバムみんなのうた(2007年)
AMAZONでも売ってます

PV「TOKYO特許許可局」(2008年)

PV「ブルージーンズ」(2010年)

PV「ただの錯覚」(2011年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music」(チミドロ/TOKYO特許許可局)(2008年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music vol.2」(チミドロ/ブルージーンズ)(2009年)

ファミコン音源を使った曲ばっかりのコンピCD「F.C BROS 2011」(チミドロ/迷子)(2011年)

ダンスレーベルLBTのコンピ「Drinkers High!10」(チミドロ/ゲットー酒場)(2011年)

フランスのレーベルSONOREのコンピ「みんなの家」(2012年)

BANDCAMPで配信中のわんにゃんパークEP(2013年)
そしてそのリミックス音源

SCUM PARK周辺のコンピ「FRESH EVIL DEAD」(2015年)

下北沢THREEのイベント「NO FUN」のコンピ「NO FUN ISSUE01」(2015年)

チミドロのsoundcloud

チミドロのMyspace

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by chi-midoro | 2017-12-24 23:59

ブラックニッカ日々 2017-08-21

たっぷり寝てほんの少し仕事。
昼は生駒軒でタンメン。
今日もしみじみ旨い。

財布にお金が少し入った。

一度家に戻り一休みした後、神保町へ。
90年代の雑誌探し。BOONやCuitieなど買う。
どれも予想以上に高くて3000円ぐらい使う。

時間がまだあったので東京堂で立ち読み。
東京堂が一番落ち着く。

新宿に出て小田急線で豪徳寺。
今日は昔の会社の同僚と飲む約束。

豪徳寺駅前のまねき屋というお店が美味しいとのことでそこに。
焼き魚やしめ鯖の炙り焼きなど食べる。
鯖がボンベで炙られてる間、じっと見てるあの時間、不思議である。
美味しい。

同僚たちが今どうしてるとか、その後、誰と誰が仲悪くなってみたいな話を聞く。
遠い記憶の彼方にあった顔が、名前とともに一気に思い出されてきてうおーと思う。
鈴木さん、誰々に嫌われてましたもんねー!とか聞いて、え!そうなんすか!?みたいな。
まあ今となっては過ぎ去りし日々という感じで、なんか不思議な面白さがある。
色々同僚に迷惑かけたこととか思い出して少し凹みつつも、
まあみんな元気ならいいんじゃねえのという気にもなる。

会社というのはつくづく特殊な場所だったように思う。
例えるなら、もし野球チームだったとして、大きなミスをしてしまった選手がいて、
その人がそのチームの中ではもうずっとうだつが上がらないみたいなことがある。
それって所詮はゲームの中での失敗に過ぎないのに、その中にいる時は
あいつはダメだ!とか平気で思い続けてしまうみたいな。
外に出れば、それが人生のたくさんある局面の中の一つにしか過ぎないって分かるのに、
中にいると分からなくなってくる。学校にも似てる。

その中で活躍できる人もいるし、息を飲む好プレーみたいなのも当然あるので、
うまくやれるならやればいいが、向いてない気がしたら外に出てみた方がいいと思う。
今は派遣とか契約社員みたいな形態がメインで、会社もこっちに責任を負わないようにしてるんだから、
こっちだって過度に責任を負うこともない。
ドライなようだが、そうしなきゃ変に抱え込んで死にたくなったりするんだから気軽にやらせていただくしかない。

一つの場所でずっとやる人も立派だし、それができなくてもそんなに怒られることないだろ、ぐらいの気持ちだ。

23時ぐらいまで飲んで一人5000円ほど。あっという間にお金が無くなる。
今日はちゃんと最寄り駅まで電車で帰れた。

この前、ポッポコピーさんと巴さんと飲み屋で話した話をふと思い出した。
ポッポコピーさんの住む福岡は、小さいギャラリーで絵の展示とかしても割とお客さんが入って絵も売れていると。
福岡は家賃が安いので、もしかしたら大阪や東京よりもみんな月に2万円ぐらい余分に使えるお金があるのかもしれないという話。
(まああくまでアバウトな金額だが)
もし毎月2万円余計に使えたら、と思うと、そのお金でライブ行って物販のCD買うかもしれないし、ずっと欲しいと思ってる少し高い本も買えるかもしれない。ある月には高級焼肉を食べにいくこともあるし、スニーカー買ったりもするだろう。映画館にも行ける。
すごくその余分な2万円っていうのが文化を支える大事なお金なんじゃないかという。

働いて、家賃や光熱費、通信費など最低限のお金を払ってそれであとは食費しかない、みたいな状況であればそりゃあ本とか後回しになるよなと思う。余分な2万。なくても死なない2万が必要なのだ。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-08-22 02:11 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-20

もともとチミドロのレコーディングをしようと話していて、クスモとハナイさんは予定特にないので行けるとのことだったのだが、肝心のトミータが仕事で録音できない。
じゃあクスモとハナイさんと3人でどっか行こうと、そんな風に数日前からぼんやり話しあっていた。

で、お金があんまりない状況、どっちかっていうとハードに飲むよりもダラダラとのんびり飲みたい気分などから、「あー綱島の東京園があったらまさに行きたい気持ちだ」と思って他に似たような場所がないか色々検索してみるのだが、やはりあんな場所はそうそう無い。

そんな中、蒲田あたりにはこの前クスモと行った「蒲田温泉」以外にも「ゆーシティ蒲田」、「ヌーらんどさがみゆ」など、宴会場がある銭湯が固まって存在していることがわかり、今日は「ゆーシティ蒲田」に行ってみようと思った。

思ったはいいが、その旨、チミドロLINEに投稿してもなんの返事もない。
「ははぁ、これ、さては面倒くさがられてるな」と思った。
なのでグループLINEじゃなく、それぞれ個別に「行こうぜ!」と連絡。
そんな俺の熱意が伝わり、明らかに「しょうがねえな…」って感じでクスモがレンタカーで人形町まできて拾ってくれることになった。
奥さんも一緒。

ハナイさんも少し遅れて来れるとのこと。
昨夜のゲットー酒場に来ようと思いつつもタイミングが合わなかったという鈴木なつみさんも来てくれることに。

14時半頃到着。
まずは風呂に入る。
そんなに広くないが、ジャグジー、バイブラバスなど綺麗なお風呂と、外の露天スペースには黒湯の温泉がありただの銭湯としても十分贅沢なレベルである。蒲田温泉みたいに熱くなく、ずっと入っていられる。

お風呂からあがり、階段を上った上の休憩スペースへ。
これが結構広々していて、100人ぐらいは座れそうな面積である。
正面にカラオケステージがあり、ご常連らしき人々がたまに歌っている。

クスモと奥さんと3人で飲んでいると、俺の小中学校の同級生で奥さんとは交流があるというハタマキさんが合流。
蒲田に住んでいるらしく呼んでみたらちょうど暇だったのだという。20数年ぶりに再開。
しかし案外自然に話せるものであった。

生ビール450円。レモンハイ400円。って感じで決して激安なわけではないが、とにかく雰囲気がいい。
綱島温泉よりものんびりしている。

そこに今度は鈴木なつみさんが来て、ハナイさんが来て、と徐々に賑やかに。
鏡月ボトル2000円のをみんなでお金出し合って飲む。

60~70代ぐらいの常連さんがかわるがわる演歌を歌う中、一人、ちょっと若めの、金髪で恰幅のいい男性がステージにあがって歌い出すと驚くほど上手。身振り手振りなども素人じゃない感じで、「うおー!誰!?」とざわつく。

聞いてみるとカルロスニシオというマジシャンの方らしく「歌は趣味でやってるだけ」なんだとか。
えー!マジシャンすか!と騒いでいるとさっと手品をして見せてくれる。
この後ステージがあると言って帰っていった。

クスモも歌い、すると近い席の常連さんが「お兄ちゃんの顔、すごいいいね!気に入ったよ!」って感じのことを言いつつ話しかけてきていつしか生ビールをごちそうしてくれる流れに。さらにはおつまみや焼酎ボトルなどもごちそうしてもらい、酒が尽きないのであった。

クスモもハナイさんも楽しそうだったのでよかった。
最初に蒲田で、と提案された時はめんどくせーとスルーしようと思ったそうである。

レンタカーで来ていたクスモ夫妻は何時間かレンタル時間を延長した後に「さすがにそろそろ」と帰り、ハタマキさんも帰って、ハナイさん鈴木なつみさん俺の三人でダラダラ飲み続ける。
徐々に宴会場から人が去っていき、最後は3人に。
宴会場が閉まる22時半までいて、最後はみんなで1曲ずつカラオケ歌う流れに。
最高である。

宴会場の閉まったあともお風呂は24時まで空いていて、最後にひとっ風呂浴びて帰る。
JR蒲田駅前で二人と別れ、京急蒲田駅へ歩いていく途中「ニュータンタン」があった。
財布の中を見たら、たくさんごちそうになったのであんまり減ってない。
よし。と思って中辛を食べる。
うめえ!!そんなに辛くない。ニンニクも効いているけどそんなに強烈でもない。不思議なラーメンだ。

そんなことをしてたら終電がなくなり神田まで出て歩く。
でかいビルの入口の大理石に寝そべってみると冷たくて気持ちいい。
そのまま眠ってしまいそうになるけど、そうやって財布とかiPodとか盗まれたこともあったので、なんとか起きあがる。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-08-21 13:03 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-19

ゲットー酒場と酎酎列車(チューチュートレイン)の合同企画イベントが幡ヶ谷のフォレストリミットで開催される予定で、新幹線で東京に行こうと思っていた。

金券ショップで売っている新幹線の回数券を1枚持っていて、それを使っていくつもりでふとチケットを見たら8/11~8/20まで使えないと書いてある。ゾッとした。財布の中には3000円ほどしかない。

あれ、俺きょう行けないかも、と思ってチミドロのLINEにそんなことを書いているうちにふと思い出したのだが、郵便局の口座に1万円あった。それと財布の中のお金をあわせればチケット買えるんじゃないか!?

と思ってとりあえず大阪駅まで行き、駅前ビル内の郵便局で1万円をおろす。そして金券ショップを何軒もまわったら、回数券が使えないお盆期間でも使用できる12700円ぐらいのチケットがあって、それを買うことができた。

新大阪で氷結を買ってのぞみに乗り込む。
リュックの中には家の片隅にずっと前から放置されてたクラッカーと、家の2.7リットルボトルから空きのミニカップに注いできていた焼酎もあるので万全である。

自由席は満席という感じだが、座れないほどではなかった。窓際席でウトウトしつつ氷結。
あっという間に東京。

で、改札を出て、まずはパソコンを人形町の部屋に置いて、部屋に置いてあった物販用のTシャツを持って幡ヶ谷へ行こうと思って財布を見たらお金がもう無い。30円ぐらいしかない。ギリギリまで使ったのでそりゃそうなのだが。

東京まで来たけど幡ヶ谷まで行く金が無い。ふふふ、と思わず笑った。

とりあえず人形町まで歩いてたどり着き、金策にかけまわった結果3千円を得た。
パスモに千円チャージしてまだ2千円ある。ホッとした。

フォレストリミットにつき、いつもの面々やテクノウルフのメンバーと会う。
なんか緊張してきて焼酎を飲む。

空に重たい雲が伸びてきたと思ったら雨が降ってきて大豪雨に。
メテオさんがチカシーさんと来てくれる。会えてうれしい。

チェリボさんのデステクノセットの後、チミドロのライブがダーッと終わり、
あとは一気に時間が流れた。
キンミヤ仲田さんのシャリキンレモン酢ショットをハナイさんがおごってくれて、それが美味しかった。
nakayoshi groupのハワイアンドローンみたいなライブがすごかった。録音しておいて寝る時聞きたい。
初めてみたテクノウルフのライブもすごくかっこよかった。リズムマシンとパーカッション主体の渋いライブ。
全員ツラ構えが良い。
その後のyudayajazzさんのDJにうおーとなりつつ気づけば23時。

あ、どこかのタイミングでクスモとイッチーと三人で駅前の桂花ラーメンを食べたことを思い出した。
そうだ。Tシャツが2枚売れて、それで、これならラーメン食べられる!と思って行ったのだった。
阿蘇ラーメン。旨かった。

花井さんとミヤジさんと終電で帰る。
昼からずっと飲んでいたが不思議とそんなに酔わない一日だった。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-08-21 12:30 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-18

今日中に終わらせないといけない仕事がいくつかあり、やるしかない。
甥たちも家に集まって死ぬほど元気にはしゃぎまくってる脇で頑張る。

昼は実家でもらった冷やしラーメン。
冷やしが足らず、ぬるくなったが、ぬるいっていうのも悪くない。
食べ物は大抵熱いか冷たいかだけどぬるさの追求も面白いかもしれん。

引き続き仕事。
高校野球つけながらやってたら明豊vs神村学園っていうのがとんでもない試合展開で最後はもうどうなるやら座ってられずずっと立って見てた。

一段落してブックオフに90年代の雑誌を探しに行ってみるが全然ない。
そもそも雑誌自体ほとんど売ってなかった。

スーパーで野菜買って帰り、夕飯はカレー鍋。
なんだかんだで相当旨い。

一休みして原稿書く。
明日から東京、なんか慌ただしい。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-08-19 03:57 | 脱力