<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

メモ 保坂和志インタビュー

1995年のインタビュー。今読んでる吉田健一のことを調べてて偶然見つけた。戦争についても話してる。

保坂和志氏と語る
http://www.horagai.com/www/int/int002.htm
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-30 12:52 | 脱力

Yo! and Wow!

環ROYのmyspaceに上がってる曲がかっこいい!NEWDEALと一緒にやってる。シンプルでハマル音使いー。

「Yo! and Wow!」

環ROY
http://www.myspace.com/tamakiroy
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-29 14:18 | 音楽

よかったもの

都市レコードに昨年出たアルバムの「シングアゲイン」が素晴らしすぎる…。
f0159328_18212126.jpg

都市レコードはずっと前にCDを聴いたことがあったと思うんだけど、その時は聴き急いでいたのか、あまり立ち止まることなく通り過ぎてしまった。

二階堂和美の「ニカセトラ」で、都市レコードの「日暮れ道」という曲がカバーされていて、その曲がめちゃくちゃ不気味で感動的だったので、久々に名前を思い出し、その曲が入ったデビューアルバムを探したがそれはなくて、この最新アルバムを手に取った。

小田島等さんがデザインしたと思われる面白いジャケじゃなかったら正直このアルバムに出会えなかったんじゃないかと思う。おっとあぶねえ。

羅針盤みたいだーとか、ちょっとサニーデイっぽくもある、なんて結局いつも他の何かを引き合いに出さないと語れないのは不本意だ。

声がいい。あと曲の異常なスロウさ。枯れ果てた風情に鳥肌が立ちっぱなし。窓から西日が差してくる畳の上に寝転んで聴きたい。なかなかそんな状況ないけど。

あと、文章書くバイトしてた時に一瞬だけ接点のあったライターの野崎泉さんが編集した東郷青児の本がたまらなくよかった。東郷青児「蒼の詩 永遠の乙女たち」っていう本。
f0159328_18213981.jpg

きちんと描いた絵画作品より、マッチや包装紙なんかに若干安っぽく使われた方が断然魅力的な東郷青児。この本はきちんとそっちの「大衆サイド」に焦点が当てられていて、こんな本が欲しかった!と思った。最初から最後のページまで愛が溢れた本だった。
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-28 14:20 | 脱力

もうすぐ30歳

なんの変哲もないロッカーの上に赤い物体
f0159328_174606.jpg


近づいてみると
f0159328_17462034.jpg


筋肉模型
f0159328_17464127.jpg













このまえ、三軒茶屋のキャロットタワー展望室で日暮れ時に町を見下ろしたらやばかった!20数階の高さがちょうどいい。人の姿が見えるぐらいの距離で、向こうの路地で郵便配達してる人と、あっちのビルの屋上で作業している人が同時にバラバラに動いているその真ん中ぐらいを世田谷線がのろのろ突っ切っていくところが見えた。

太陽が雲にずんずん沈んでいくのを見ていたら、展望室の一角のコミュニティFMか何かのブースから松任谷由実の「BLIZZARD」が流れてきた。しあわせ。

f0159328_17473768.jpg


チミドロのレコーディングスタジオとして、いつもお邪魔している品川の一軒屋にて新年鍋会。掘りごたつに入って食う。おばあちゃんテイストに溢れる空間で落ち着く。家主のサトシ君がギターを弾いて一曲歌ってくれた。ケータイカメラの粗さも手伝い、とても2009年の映像とは思えない。

ストイック/クフウ@一軒家


そんなことしてる内にもうすぐ30歳…
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-27 14:15 | 脱力

今度はMIXCDが。

f0159328_12512692.jpg


きのう家に帰ったら2MUCHCREWのMCぽえむさんのMIXCD「kill the hippies」が届いていた。

これが聴いてみたらアルバムに勝るとも劣らずイイ!自分でDJしながら自分でラップ&がなり(「YO!これがホントのDIY!」つってて笑った)。MC聞いてると日曜の夜中のオルガンバーでのmixみたいなんだけど、そこに集まってる人や場の雰囲気を想像すると気持ちが高揚する。

27分あたりで、さんざん煽った後にスッカスカのゲットービートが入ってくるとこも笑える。

これこそ、仕事してる時のBGMに最適な1枚!
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-23 09:50 | 音楽

2MuchCrew/BUBBLE YOU

f0159328_12455637.jpg

2MuchCrewのアルバムをディスクユニオンで購入。特典でPVの入ったDVDがついてきた。

家で会社で早速聴いてるけどすごくいい。「キ・メ・テ・キ・タ」がすげー好き。思ったより曲の輪郭がある!

間が抜けているようでありながらどこまでも不穏なようでもあるこの空気が面白い。生き様が音になってるような状態!真似しても出ない音、うらやましい。

ぽえむさんの声、色気があって素敵だ!ナンシーさんもいいなー。

何年も前、まだチミドロを始めたばっかで、偶然出会ったタカオカさんにフォースフロアでのイベントに呼んでもらって、緊張しながらドアを開けたら2MuchCrewがリハーサルをしていて、ギャーギャーわめいていた。その時のただならぬ気配に圧倒されたのを、夢で見た場面のように思い出した。
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-22 09:29 | 音楽

学校の怪談

小学校のサイトをディグってて見つけた。

なんだこの映像!ポリゴン空間を中年男性が走り、「絶好調」と叫んで飛び跳ねる。怖い怖い…

いきなり音が出るので注意してくださいね。
http://www.joshin-e.ed.jp/

ついでに二つ、校章がグロ注意なとこと、
http://www.edu-tens.net/syoHP/hurutakaminamiHP/

変なやつが横切るサイトも載せておこう。思い出に。
http://www.edu-tens.net/syoHP/kounanHP/

あー全部怖い。
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-21 19:32 | 脱力

A&W6周年イベント

チミドロのCDや諸々のデザインをしていただいているデザインチームの「A&W」が、毎年恒例の新年会を新宿二丁目の非常口で開催。

この度、株式会社になるということで、いつもよりさらにおめでたムードだった。入場無料でシャンパン振る舞われる太っ腹ぶりに感動!金がないので大助かりです…

最近なんだか人とうまくしゃべれなくなってきた気がしてどんよりしてたんだが、居心地のいいパーティでおなじみのメンツに再会できて楽しかった。A&Wのお二人、いつも優しくて感涙です。

MAGMAやHOMECUTやDJファミリー、なかよしグループのモリカワさんやDJきなこもちアイス、ずっと名前を知りつつ会えずにいたパリッコさんにも挨拶できたー。あとSoccerboyと新プロジェクトのTK450をやっているカンさんにも会った。

TK450、仕事中に聞いてると、知らぬ間にシリアスになり過ぎてる気持ちが和らぐっす。

そんなみんなと今年こそゆっくり飲んで近況をうかがったりしたいものだ。
f0159328_14402442.jpg


その前の日はさいたまスーパーアリーナに「スピッツ」のコンサート見に行ってた。どんな雰囲気なんだろうと一度行ってみたかったのだが、今回のようにでっかい場所でやるのはバンド的にも珍しいことのようだった。

とにかくデカイ。1万8000人いたそうだ。そんで、遠い。スピッツすんげー小さい。そして音もぼわーっと遠くから聞こえてくる感じで、なんか夢の一場面みたい。

3階席の端の端だったので、まわりの人もテンション上げず、ただただ黙って見てるって感じで、なおさら不思議なムードだった。横顔が黒い。内田百間とかカフカみてえな!

またそんで、草野マサムネが、単に自分が知らないだけかも知れないが、ほんとに生きてるのか全然わからないような現実感のない人で、こんだけの人が集まっているのに、浪人生のような出で立ちがビジョンに映し出され…。と、夢のごとき要素が詰まりすぎなのであった。

遠くから聞こえてくるメロディはどれも何百回と聞いた名曲ばかりで、あらためてスピッツの曲を自分はすごく知ってることに気づいた。高校の頃TVKで見かけて初めて買った「スパイダー」やったのがじーんときたなー。声が気持ちよいわー

しかし、スピッツはメロディを聴かせるバンドだからいいが、このような巨大な場所でダンスミュージックをやろうとしたら相当音響大変だろうなーと、今さらWIREとかすげーと思った。
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-20 14:39 | 音楽

フランス!

L'EXPERIENCE JAPONAISE 2009 - Nîmes Biennial
っていう、この3月にニースで行われる日本の音楽見本市的なイベントに呼んでいただきましたー!

フランスに行けるのはもちろん嬉しいのですが、大好きなキセルや三上寛やDE DEさんと一緒のイベントってのがとても光栄です!

告知ムービーができたそうです!それにしても我々は相変わらずもっさりしたビジュアルだなー




イベントの主催レーベル、SONOREにチミドロのページも作っていただきました!
http://www.sonore.com/chimidoro/

3月末。うおー楽しみ。

SONORE代表フランクによる告知文を転載します!

----------------------------------------------------------
2009年3月24日(火)~28日(土) フランスのニーム劇場

2009年3月24~28日にフランスのニーム劇場で開催する第2回L’Expérience Japonaise(LEX2009)。このイベントは、16プログラム(音楽プログラム13+ダンスプログラム3)のライヴと、怪獣着ぐるみ制作や盆栽アレンジに挑戦できる2つのワークショップで構成される。相反するような驚くべきテーマ(RUINS-aloneのパーカッションの暴撃から、プロジェクト大山のシュールレアリスト的な繊細さまで)と、形式に縛られることなく展開するプログラムによって、色彩の異なる「アートシーン」を縦横無尽に鑑賞することが出来る。このイベントのビジョンは、西洋的な感覚をのぞかせる面もあるかもしれないが、これは日本で日常的に生活する中からこそ生み出されたものであり、本当のところは妥当かつ独創的な見地に基づいたものである。

LEX2009のプログラムを組むにあたって、アーティストたちを深く理解するために、彼らの活動をより近くで観察し、間違いを伴う解釈にならないように、出演者全員と数回の会合を重ねた。その中で何人かの出演者は、活動の方向性や意味、その影響力についてはっきりと指し示すことに戸惑っているかのように感じた。ある時PICOPICO は、「もし日本で多くのアーティストたちが、彼らの作品のコンセプトをきちんと伝えることができるとしたなら、恐らくLEX2009のアーティストのセレクションは簡単に言えば、『コンセプトを決めていない』アーティストたちを集めた、と言えるかもしれない」と、冗談めいて教えてくれた。このことについては一考の価値があるが、アーティストたちの主観的な判断を促す足掛かりは明確に現れたのである。

そして、全てのアーティストたちが、彼らが影響を受けたものや、各自の人格形成における重要な時期など、時間や空間を越えた親密な旅を分かち合うことに同意してくれた。対談の中で、ASA-CHANG&巡礼は、1960年代のクレイジーキャッツやインドのタブラ名手、ザキール・フセインを想い起させた。また、KENTARO!!はニューヨークのア・トライブ・コールド・クエストやジャングル・ブラザーズのことを情熱的に語ってくれた。そして、ユダヤジャズはミニー・リパートンとアルフレッド・ヒッチコックの『鳥』のオーディオビジュアルなシンクロ(!)という目の覚めるような例を紹介してくれた。彼らは皆、彼ら自身の世界のビジョンを構築するために、いろいろなところから来る影響を吸収しているが、それは形式的な束縛や真偽の必要性などからは、かけ離れたところに存在していたのである。

LEX2009のプログラムでは、普段一緒に公演することのないミュージシャンたちや、活躍するジャンルの異なるアーティストたちが出演する。プログラム内容は、明確でありながらも非常に鑑賞しやすいものとなっている。また、衝撃的でありながらも調和があり、はつらつとしていると言えるかもしれない。三上寛から小山絵里奈、そして、キセルからYMCKまで。 LEX2009は世代を越えた観客たちに、忘れ難いステージを通して心に残るものを与えられうる、開拓心旺盛なアーティストたちだけが選ばれて来ている。彼らは皆、国際的レベルにふさわしい影響力のあるアートシーンを見せてくれるだろう。日本人アーティストの彼らでさえ、時には認識し難いビジョンを展開するイベント。ニーム劇場で行われるLEX2009は、他になく型破りで、それでいてこの上なく貴重なイベントとなるに違いない。

(C) 2009 フランク・ストファー(SONORE代表)
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-14 02:27 | ライブ

ライブ告知

spank!とのバンド、スパドロの方でライブします!今年もこうしてライブできるといいなーと思っています!

1/31(sat) all night
新宿Marble DRILL企画「平成アーバンチャンピオン Vol.5」
w:chimmy and the spankdrox(チミドロ+spank!) / ときめきエキスプレス / Chicken Head Maker
DJ:MAKKO / タケダダイスケ / thinmar 他
[PR]
by chi-midoro | 2009-01-13 13:37 | ライブ