<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ブラックニッカ日々 2017-08-30

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-31 03:07 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-29

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-31 02:48 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-28

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-29 03:18 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-27

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-28 04:42 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-26

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-27 02:41 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-25

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-27 02:33 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-24

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-25 01:47 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-23

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-24 15:21 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-22

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-24 14:49 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-08-21

たっぷり寝てほんの少し仕事。
昼は生駒軒でタンメン。
今日もしみじみ旨い。

財布にお金が少し入った。

一度家に戻り一休みした後、神保町へ。
90年代の雑誌探し。BOONやCuitieなど買う。
どれも予想以上に高くて3000円ぐらい使う。

時間がまだあったので東京堂で立ち読み。
東京堂が一番落ち着く。

新宿に出て小田急線で豪徳寺。
今日は昔の会社の同僚と飲む約束。

豪徳寺駅前のまねき屋というお店が美味しいとのことでそこに。
焼き魚やしめ鯖の炙り焼きなど食べる。
鯖がボンベで炙られてる間、じっと見てるあの時間、不思議である。
美味しい。

同僚たちが今どうしてるとか、その後、誰と誰が仲悪くなってみたいな話を聞く。
遠い記憶の彼方にあった顔が、名前とともに一気に思い出されてきてうおーと思う。
鈴木さん、誰々に嫌われてましたもんねー!とか聞いて、え!そうなんすか!?みたいな。
まあ今となっては過ぎ去りし日々という感じで、なんか不思議な面白さがある。
色々同僚に迷惑かけたこととか思い出して少し凹みつつも、
まあみんな元気ならいいんじゃねえのという気にもなる。

会社というのはつくづく特殊な場所だったように思う。
例えるなら、もし野球チームだったとして、大きなミスをしてしまった選手がいて、
その人がそのチームの中ではもうずっとうだつが上がらないみたいなことがある。
それって所詮はゲームの中での失敗に過ぎないのに、その中にいる時は
あいつはダメだ!とか平気で思い続けてしまうみたいな。
外に出れば、それが人生のたくさんある局面の中の一つにしか過ぎないって分かるのに、
中にいると分からなくなってくる。学校にも似てる。

その中で活躍できる人もいるし、息を飲む好プレーみたいなのも当然あるので、
うまくやれるならやればいいが、向いてない気がしたら外に出てみた方がいいと思う。
今は派遣とか契約社員みたいな形態がメインで、会社もこっちに責任を負わないようにしてるんだから、
こっちだって過度に責任を負うこともない。
ドライなようだが、そうしなきゃ変に抱え込んで死にたくなったりするんだから気軽にやらせていただくしかない。

一つの場所でずっとやる人も立派だし、それができなくてもそんなに怒られることないだろ、ぐらいの気持ちだ。

23時ぐらいまで飲んで一人5000円ほど。あっという間にお金が無くなる。
今日はちゃんと最寄り駅まで電車で帰れた。

この前、ポッポコピーさんと巴さんと飲み屋で話した話をふと思い出した。
ポッポコピーさんの住む福岡は、小さいギャラリーで絵の展示とかしても割とお客さんが入って絵も売れていると。
福岡は家賃が安いので、もしかしたら大阪や東京よりもみんな月に2万円ぐらい余分に使えるお金があるのかもしれないという話。
(まああくまでアバウトな金額だが)
もし毎月2万円余計に使えたら、と思うと、そのお金でライブ行って物販のCD買うかもしれないし、ずっと欲しいと思ってる少し高い本も買えるかもしれない。ある月には高級焼肉を食べにいくこともあるし、スニーカー買ったりもするだろう。映画館にも行ける。
すごくその余分な2万円っていうのが文化を支える大事なお金なんじゃないかという。

働いて、家賃や光熱費、通信費など最低限のお金を払ってそれであとは食費しかない、みたいな状況であればそりゃあ本とか後回しになるよなと思う。余分な2万。なくても死なない2万が必要なのだ。

[PR]
by chi-midoro | 2017-08-22 02:11 | 脱力