ブラックニッカ日々 2017-06-13

昼起きる。
キャベツ煮て味噌味の袋めん食べる。

テレビ見ながら仕事。
ワイドショーで上野動物園にパンダの赤ちゃんが生まれたという話題があり、
たむけんが「和歌山のアドベンチャーワールドで何匹も生まれてるから驚かない。東京騒ぎ過ぎじゃないですか」というようなことを言っていて、大阪はやっぱりこの、カウンター感というか、こっちはこっちでなー!色々あるぞ!という姿勢がベースになって、それで本流とは別に位置から突然降ってくるような形の面白い文化が生まれたりしている。

その姿勢が何か悪い現れ方をする時もある。
それが政治とかに及んでいくのが嫌な気がする。
歯に衣着せぬ物言いが痛快!みたいな政治がおそろしい。
でもお笑いは好きだ。
そこが不可分なのか考えている。

夕飯はホットプレートでイモなどを焼いて。

一度寝てまた起きて、DOMMUNEの「共謀罪はいらない!」という急きょ決まったらしい特番が24時から始まるのを待つ。
メテオさんからLINEで連絡があり、なんとその番組にメテオさんとbutajiさんが出るというのだ。

特番は、奥田愛基さんが司会で共謀罪の問題点を解説するというような内容で、
まず共謀罪が必要だと自民党が謳ってる部分の多く(テロをしようとしてる団体を取り締まるための法律、とか)は、
すでに予備罪ということで取り締まる法律がある。
なのにまるで現行法ではそれが無理であるかのように言って法案を通そうとしている
(あと、オリンピックやるために必要、とか)
その本当の目的がなんなのかはわからないけど、
ある人、あるいはある団体がテロを企てているっていうことは、調べないと分からないわけで、
政府は「一般の人は関係ない。怪しい人を調べるだけだ」と言うんだが、
その「一般」と「怪しい」の境は恣意的なものでしかない。
なので、怪しいかどうかを判断するために捜査する、というようなことが起きうる。
際限のない権限を国、警察に与えてしまう法律で、
こんな危なっかしいもの、無くてもいいんじゃないの?
百歩譲って必要があるとしたら、
そんな騙し打ちみたいなやり方じゃなく、もっとそれが必要な理由を、予備罪とどこが違うのかとか、
もっと議論して欲しい!という主旨の話であった。

それはホントその通りじゃないかと思う。
曖昧に定義を変えられるような力を強い組織に持たせるなんて怖い。
けども、どうも「関係ない」とか「共謀罪に反対するなんてその時点でテロ組織でしょ」みたいな反論がツイッターでも多いみたいで、
なんでそんなに簡単に自分が多数側だと思えるのか、不思議だ。
どうもたぶんそこが大きな違いで、私=国、みたいに簡単に思える人が思ってるよりずっと多く、
自分は、まったく逆で、国vs自分、までは極端としても、国の求めるものから自分は常にはみ出ている気がするので、
だから怖いのか。

会社が嫌だったのも、組織自体が持つ強制力みたいなのが苦痛で仕方なかったので、
いや、でもみんな普通に一人一人は「会社はなんもわかってねえよなー」とか普段から思ってるはず。
なのになぜ、それを何回りか大きくしたような組織である国が自分に向けて刃を向ける可能性を微塵も考えないのだろうか。

そういう風に思いつつ見ていて、1時間が経って第1部が終わり、
第2部はライブで、メテオさんのソロ、MMRの曲、チカシーさんのラップ、butajiさんの2曲、悪霊さんの2曲、DJ EMMAのDJって感じで進んでいった。

共謀罪特番の後のライブなんてなかなかに負うものも大きそうだし、緊張する場だと思うのだが、
いつも通りのメテオさんたちで、それが面白かった。
このラップのどこが共謀罪と関係するのか、そう思うかもしれないが、
こういう俺がこんな感じで生きていける世の中であってくれたっていいじゃないか!とアピールしているのだ。

メテオさんは奥田さんが特番をやると知って「ライブします!」と連絡したそうで、
その「行くぞ!」という感覚が面白い。勇気が出る。
そしてそこにもちろん!と連れだってくるお馴染みのメンツ。その感じもよかった。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-06-15 01:17 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-06-12

朝起きて少し仕事。
昼寝してまた少し。

昨日の鶏ガラスープでラーメンを作って食べる。
量が多すぎて体が重い。
家の外に出ない。

チミドロLINEで誰の手元にも残ってない昔の録音音源を探し出そうという話になり、
古いパソコンを起動してみたりするが見当たらない。
データはこういうところが難しい。


[PR]
# by chi-midoro | 2017-06-13 03:50 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-06-11

今日は午前中に尼崎の総合文化センターでやってる「柳原良平 アンクル船長の夢」を見に行こうと思っていた。
なので朝起きて行く。

柳原良平が尼崎で中学時代を過ごしたらしくそんな縁での展示のようだ。
小学生時代に船に魅入られて中学時代からもう客船の絵ばかり描いて、
自分で架空の船舶会社を作り、そこの社報みたいな新聞を作っていたりしたという。
最初からいきなりもう絵がうまい。

展示内で柳原良平が過去に作ったアニメーションの上映もされていて、
その中には「ばいかる丸」という客船が、戦争中に船体を塗り替えられて救急船になったり、
船が足りな過ぎて兵隊を運ばされたりしながら最後は京都あたりで観光船のようになって歴史を終える、
みたいな内容のアニメ(模型が動くような実写アニメ)があり、
柳原良平はずっと船を通して世相を見ていたんだなと思う。
戦争が終わって静かな海が戻ってきた、というようなナレーションが切なかった。
とにかく船への愛が尋常じゃない。

パンフレットが100円で売ってたり、入場時にはコースターがもらえたりと太っ腹な企画であった。

いつものごとくラーメン食べたいと思っていたが、
ボーイズがラーメンはイヤ、そばがいいというので駅前の「こんぴらさん」という店で食事。
天かすとネギ入れ放題。こういうの嬉しい。
自分は月見うどんにする。

大阪に戻り家で昼寝。
夕方から甥っ子たちもきて阿鼻叫喚。

夜はスーパーで鶏ガラを買ったのをグツグツ煮込んで野菜鍋。
3時間ぐらい煮込んだダシが残っているので明日なんかして食おう。
煮込めば煮込むほど味が出る。ダシは楽で美味しいから良い。
とりあえずなんでも入れておけば旨みが出る。
そういう信仰みたいな感じだ。

今日は仕事するのはやめてツイッター見る。
だーっと見て、まったく何が何だかついていけない感じがする。
そういう時は、メテオさんのアカウントを見て、
それからUCDさんとぽえむさんのアカウントを見て、
世の中で起きてることを知るようにしている。

今まで知らずにいた2013年頃のbutajiさんのミニアルバムが無料で聴けるのを知って聴く。
「四季」というやつ。気持ちが落ち着く。

ぽえむさんのツイッターにファレルの新曲のPVがあがっていて、
それを見たら、ちょっと8bitっぽい音使いのトラックで、
ディズニーキャラのミニオンたちがファレルと一緒にワイワイ、みたいな映像で、
ああ、こんなミニオンみたいな存在になれたらどんなにか楽だろうかと思った。
2等身で、ちょこちょこ走ってるだけで可愛くて。

しかし、そうなりたいけどなれなくて、
不格好な体で、年々体調は優れなくなって、体が重く、
目がかすんで、右足でなんとか一歩踏み出すのを左足がイヤイヤついていくみたいな歩き方しかできず、
考えなきゃいけないとにかく、と思いながらもすぐに疲れて明るくて派手でどうでもいいものばかり見る。

アンクルトリスでもミニオンでもなく、中途半端な大きさの人間として、
それでもそこから逃げず、考えてやっていくしかない。


[PR]
# by chi-midoro | 2017-06-12 02:47 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-06-10

昨夜の酒のせいか寝ても寝ても足りない。
ようやく昼に起き、ボーイズにそうめん茹で、イモを蒸かしたのを与え、自分は袋めん。

梅田のレゴショップで月に1回、子どもがタダでブロックもらえるみたいなのをやっていて
それを先月知ったので電車に乗って行ってみる。
しかし予定数を終了していてもう無かった。
落胆。

一瞬にして目的がなくなり、駅ビルの屋上の広場でダラダラ過ごす。
何食べたいのか分からず、なんとか華やかな気分になりそうだと思ってピザにする。
店まで取りに行くと半額である。

夜、仕事。
ようやく半分片付く。

各都道府県の地形とか文化の概要を短くまとめるような作業で、
ずっと昔、つげ義春がその本を毎日飽きずに眺めていたというのを読んで買った
「図説日本文化地理大系」という全部で10何巻もある、1963年に出た本を引っ張り出してきて参考資料にしている。

それがまさにこの作業にぴったりの本で、買ってよかったと、おそらく買ってから10年ぐらい経っているんだけど、
今そう思う。

前ページに写真が載っていて、たまにカラー写真もある。
映ってる子どもたち、港の労働者、まだ賑わっていた頃の山谷のドヤ街の人々、みんなどんな風に生きていったのか。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-06-11 01:58 | 脱力

ブラックニッカ日々 2017-06-09

朝起きて、少し用事済ませてまた寝る。
起きると昼。

今日は久々にシカクに出勤。
早めに着いたがすでにあまみさんが来ており、
店内の在庫をダンボールにどんどん詰めていく作業。
疲れたが案外すぐ終わる。

しばらく待機していて、とみゆきさんに言われ、
自転車漕いで北浜の10wギャラリーでやっている「糸川燿史 写真展 大阪芸人ストリート」という展示を見に行くことにした。

「マンスリーよしもと」という吉本興業の月刊誌の見開き写真などを撮っていた人で、
大阪の風景と芸人、みたいなモノクロ写真が展示されていた。
というか、会場に着いたら嘉門達夫がいて驚いた。
ついさっきまでトークイベントが行われていたようだった。

事務所のスペースにも展示があり、芸人のピンナップ写真やマンスリーよしもとのバックナンバーなどを自由に持ち帰れる。
写真の束を見てると、誰だかまったくわからない芸人の写真ばかり。
みんなどこで何をしてるんだろう。
迷った挙句、90年代のバックナンバーと西川きよしの宣材写真をもらってきた。

すぐに自転車でシカクへ戻る。
しばらくすると巴さんが来て、なんだか相当久々に会う気がした。
「お笑い芸人の写真展みてきましたよ!ほら西川きよし!」と言うと、
「Mr.ボールドの写真は無かったですか?僕すごい好きなんです。生まれて初めて見たお笑いがMr.ボールドで」と巴さんが言う。
「いや、知らない人です」と言ってYoutubeで見せてもらったら面白かった。
ピンナップもらってくりゃあよかった!

箱詰め作業などを引き続き手伝う。

はやとさんから連絡がきて今日飲みませんか?というのだったが、
シカクで余った酒をたくさんもらったので、それを飲もうという事になった。

みんなでコンビニに食べ物を買いに行き、
シカク店内で終電まで談笑。
笑いながら人と話していると、取材ネタのアイデアが浮かんでくる。
こういう時間が無いとなかなか出てこない。

自転車の前かごに、大五郎の巨大ペットボトルや一升瓶、紙パックに入った日本酒などをギッシリ積んで帰る。
あまりに前が重すぎて転倒しそうになるがなんとか持ちこたえた。

[PR]
# by chi-midoro | 2017-06-11 01:33 | 脱力