人気ブログランキング |

チミドロライブ情報/スズキナオ情報

スズキナオという名前でライターをしています。

チミドロというテクノラップバンドをやっております!
簡単なプロフィールはこちらです!

2019年11月に単著『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』 (スタンド・ブックス)が出ました!

2019年11月にパリッコさんとの共著『“よむ”お酒』 (イーストプレス)が出ました!

2019年3月に2枚目のアルバム『なのかな?』(シカクオンガク)が出ました!
http://uguilab.com/publish/2019nanokana/

パリッコさんと一緒に「酒の穴」という飲酒ユニットをやっていて、二人で本を作っています!
酒を見つめる対話集 酒の穴 特設ページ


ライブ情報:

2019/10/20「Teenage of the Year」 @吉祥寺伊千兵衛







ライブ情報、Facebookの「チミドロ」ページでもお知らせしています!

気軽に遊びにきてください!



みに、


チミドロの作った曲は下記から聴くことができます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2ndアルバム「なのかな?(2019年)

1stアルバム「みんなのうた(2007年)
AMAZONでも売ってます

PV「TOKYO特許許可局」(2008年)

PV「ブルージーンズ」(2010年)

PV「ただの錯覚」(2011年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music」(チミドロ/TOKYO特許許可局)(2008年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music vol.2」(チミドロ/ブルージーンズ)(2009年)

ファミコン音源を使った曲ばっかりのコンピCD「F.C BROS 2011」(チミドロ/迷子)(2011年)

ダンスレーベルLBTのコンピ「Drinkers High!10」(チミドロ/ゲットー酒場)(2011年)

フランスのレーベルSONOREのコンピ「みんなの家」(2012年)

BANDCAMPで配信中のわんにゃんパークEP(2013年)
そしてそのリミックス音源

SCUM PARK周辺のコンピ「FRESH EVIL DEAD」(2015年)

下北沢THREEのイベント「NO FUN」のコンピ「NO FUN ISSUE01」(2015年)

チミドロのsoundcloud

チミドロのMyspace

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

# by chi-midoro | 2020-12-31 23:59 | ライブ

ブラックニッカ日々 2019-12-01

昼は袋タイプの味噌ラーメンに白菜としらすとあおさを乗っけたもの。
ボーイズにチャーハン作ってしばし出かける。

都島駅から玉出駅、粉浜商店街まで歩いて「音盤大学」というイベントに。
神戸の「1003」という書店で紹介してもらったこのイベント、その「1003」も主催側に加わっているみたいで、粉浜の商店街の中の「メルシ―」というショッピングセンターとか、商店街のいくつかの空き店舗を使い、商店街の中にレコード屋、古本屋、雑貨屋などが点在していてそれらを回遊する式の内容になっている。
まず見たメルシーの中がすごく面白くて、惣菜店、八百屋などが並ぶ合間に古本やレコードの並ぶ棚があり、そこを大勢の人がザクザクと掘っている。奥の方にはDJブースが作られていて、そんなに大きな音量じゃないけどレコードをかけている。このメルシーの2階のスペースではライブもしているみたいだ。つうかこんなにレコードを買いに来る人がいるんだなというのにそもそもびっくりする。

メルシーから住吉大社方面に歩いたところに湯浅学、安田謙一、岸野雄一、直枝政広の共同ブースがあって、4人がそこで好きなレコードをかけて売っている。豪華。安田謙一さんが作ったビースティーボーイズのTシャツを元ネタにしたカセットテープがずらっと並んだプリントのTシャツがあって、それを買う。最後の1枚だった。

それでお金使いをほとんど果たし、あとはふらふらと見てまわる。本秀康ブースに本人がいたり、なんか普通に粉浜に知ってる人たちがいるのが不思議で面白い。ハナイさんなんか来たら楽しそうなイベントなのにと思う。こんな形でこんなイベントができるっていうのがすごく面白く思えて、「こりゃ東京じゃあできないだろ!」と得意に思う自分がおり、かといって自分はただ歩き過ぎるだけの人間で別に関西の何でもないっていうこの変な気持ち。

結局どこにも居場所なんてないしな…と急に寂しい気持ちになってイベント会場を去る。
スーパーで発泡酒買って飲む。
オパールタイムスに寄ってみたらポッポコピーさんも参加しているフェアが開催されており、Tシャツを売っていた。しかし今日はもう買えず、「楽しい旅GROUP」って書いた青いキーホルダーだけ買っていく。

天六で下車しいずみやで食材買って帰る。
今日はどうしても家で焼肉をしたいとボーイズにリクエストを受けており一応その分のお金を残して買い物したつもりがもう1600円しかなくなっている。
最低価格の肉をあれこれカゴに入れては戻し、組み合わせてなんとか何種類か買う。
お酒は前にジュンヤさんにもらったビール券を使って酒屋で買う。
家焼肉、笑えるぐらいあっという間に肉が無くなり、あとはイモを切って焼いて食う。しかしこれでも案外楽しい。

今週、仕事全然してない。

# by chi-midoro | 2020-01-09 23:44 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-11-30

朝、授業参観に行く。
教室の外から見ているとなんだかぼーっとしているように見えるボーイ。不安だ。
昼前に終わり一緒に図書館行ってコンビニで食べ物買って帰る。
お昼は鳥取で買ってきた牛骨ラーメン。
そこから長めの昼寝。

打越正行「ヤンキーと地元」読む。ヤンキーたちとつるみ、一緒に仕事もする打越さんのキャラがいい。
肉体労働を沖組というところでして、そこで色々話を聞いてくるのだが、沖組の社長は米軍基地との共存を選択肢として掲げていて、むしろ基地反対派は地元の人間の生活を軽視していると考えているという。なるほどそういう見え方もあるのかと思う。

「キセツ」とよばれる内地への出稼ぎをしている若い男性に聞いた話で、「工場建ててその近くにパチンコとヌキ屋を作ればほとんど回収できる、世の中そういうもんよ」というようなのがあった。カイジみたいだけど、確かにそれで日々過ぎていくのかもな。
先輩後輩の関係の面倒くささについてもたくさんの証言がある。「でも仕方ない。地元にいなきゃ生きていけないし」という閉塞感。
リゾート沖縄と対極にある、重たい、枷のような沖縄。

沖縄にしかない特殊な事情もあれば、おそらく沖縄だけじゃなく色々な地方都市で共有されていそうなムードも感じる。山内マリコ小説的な。ヤンキーなんだけど、成り上がり的価値観を持っていなくて、自分の限界、「このぐらいの人生っしょ」みたいなのがあらかじめあって、それをすごく嫌がってもいない感じ。それこそがマイルドヤンキーと言われてた雰囲気なんだろうか。

あとそうだ、沖縄の中学校の卒業式では小麦粉をかけあうっていう話が出てきて驚く。


# by chi-midoro | 2020-01-09 23:17 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-11-29

4時50分に起きる。
急いでシャワー浴びて5時50分には中津モータープールに到着。
6時20分に出る鳥取行きのバスに乗る。
仕事が休みで急きょ来れることになったガキさんも合流。
しかしバスが全然来ない。
係の人が言うには少なくとも1時間半は遅れるとのこと。
どういうこと!?と思ったが、その鳥取まで行くバスは東京から鳥取まで行く途中に大阪を経由するというルートで、大阪までの高速道路がかなり混んでいて遅れているんだそうだ。最低でも1時間半は遅れる、もっと遅れるかもしれない、と言う。
せっかく早起きしたのに…まあ安いバスだから仕方ないのか。

とりあえず茶屋町のマクドナルドまで歩いてコーヒーを飲んでぼーっとする。
サタポの最近の活動のことなど聞く。

バスが来たら電話をもらうようになっているけどかかってこない。
とりあえず戻ってみることにして、缶スープ飲んだりして立って待って、結局ようやくバスが来たのは8時半。
もうちょっと疲れた。

で、待つのは仕方ないとして、それだけじゃなく、着く時間も遅くなるということである。
9時半には着く予定だったので、朝開いてる食堂に行って、とか色々計画していたのだが、鳥取に着くのは昼前になってしまう。
考えれば考えるほど悔しいので最初から昼に着くバスだったと思うことにして、とにかくまず鳥取に着くなり電車で倉吉駅まで向かうことに。
鳥取から特急電車で1500円ぐらいかかる。
駅で買った缶ビール飲みながら、30分ほどで着く。
着いたところで乗りたいバスが出て行き、なんかどうもうまく噛みあわない。
ようやく目的の餅しゃぶのお店に着いたのは13時過ぎ。店は14時までしか開いてないので焦って食事。
餅しゃぶ最高にうまい。さっぱりしたダシがいい。明治時代の建物だという古い空間もよし。
社長さんにお話を聞くことができてよかった。
何が聞きたいんだかわからないようなたどたどしいしゃべりで気まずい。
営業終了時間を過ぎてしまっていたので急いで店を出る。

引き返すバスがまたちょうど出発し、それによって鳥取へ戻る電車も一本遅くせねばならない。
駅で梨チューハイっていうの買って飲む。
ようやく鳥取駅に着いたのが15時50分。

鳥取博物館で塩谷定好の写真展が見たいのだが、閉館まで1時間しかない。
こんなに忙しない予定になるはずじゃなかったのに…とめちゃくちゃイライラしてくる。
とにかく鳥取駅からタクシーに乗って急いで博物館へ向かう。
入館料払って足早に見ていく。最高だ。
写真の中に今も時間が流れ続けているような、暗くて重たい色合いなのだがどこか抜けのあるぼやっとした写真。
最初の頃の写真が特に良い。
だんだんと写真に意味合いが出て来て、途中からはめっちゃくちゃ綺麗に整った写真誌に見本として載ってるような写真に近づいていく。作為が勝ってしまう感じ。
それに比べて初期から中期の写真は風景とかそこに流れた時間の膨大さに「打たれてる」っていう感じがする。
温泉でたまに高いところからお湯が落ちてくる打たせ湯っていうのがある、ああいうイメージで、「ああ…いいなあ…」と打たれている感じ。上手にコントロールしている感じより、コントロールはうまくいってなくても圧倒されている感じが伝わる方が自分は好きだ。
いや、本当はそんなことないのかもしれず、これはこれでこのように撮ろうとコントロールしたのかもしれないが。

塩谷定好と同時期に活躍したピクトリアリズムの作家たちの写真も展示されていたのだが、その中にも作為が目につくようなのと、打たれがあるようなのと人によって、同じ人でも作品によって違って見える。福原路草と信三はやっぱり好きだ。

グッズ売り場も17時に閉まりそうだからと少し時間に余裕を持って見終えて売店に行ったのだが、売店は結構素っ気なくて、今回の展示のポストカードすらない。図録だけあって(それは結構しっかりしたいい造り)それを買う。

展示にも出てくる砂丘の風景も見たかったんだがもう外が暗くてあきらめる。
歩いて駅の方へ向かう。
空の雲だの、グラウンドで遊んでいる子どもだの全部写真に見えてくる。

「しもむら」という居酒屋がいいらしくて気になったけどまだ開いておらず、「一斗二升五合」という店が良さそうだったのでそこに立ち寄る。おしゃべりなママ。他に客もおらず、しばしゆっくり飲めた。ニンニクの効いた餃子と人気だというホルモン焼きそば旨し。

お腹も気持ちも落ち着いて駅前へ。お土産買ったらもう帰りのバスが出る20時だ。
乗って寝てるとあっという間に大阪。
一人だけ弁天町で降り、帰りに買ったカップスープ飲みながら図録を眺める。

# by chi-midoro | 2020-01-09 17:55 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-11-28

家のトイレを工事しなくてはならなくなり、今日はそれに立ち会う係。
午前中に業者の方が4人ぐらい来て作業を始め、昼は外へ出ていった(多分ご飯タイム)。
その間にラーメン茹でて食べる。

昼過ぎから作業再開。
夕方頃終わるかなと思っていたけど全然終わらない。
トイレに行きたい時は外に出る。

夜になる、作業はまだ続いており、申し訳ない気持ちに。
ボーイズに空腹を訴えられ、向こうでは工事が続いているけど仕方なく鍋スタート。
20時過ぎにようやく工事終わる。
入ってみると見違えるようにきれいになった。ありがたや。

明日の朝が早いので早めに寝る。

# by chi-midoro | 2020-01-09 15:21 | 脱力