チミドロライブ情報

チミドロというテクノラップバンドをやっております!
簡単なプロフィールはこちらです!

パリッコさんと一緒に「酒の穴」という飲酒ユニットをやっていて、二人で本を作っています!
酒を見つめる対話集 酒の穴 特設ページ


ライブ情報:

2018/9/30「勃発来東!&アニバーサリー前夜祭!」@新宿モーション
2018/10/5「uIIInのイチジク白書3」@下北沢THREE
2018/10/14 @三鷹おんがくのじかん






ライブ情報、Facebookの「チミドロ」ページでもお知らせしています!

気軽に遊びにきてください!



みに、


チミドロの作った曲は下記から聴くことができます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1stアルバムみんなのうた(2007年)
AMAZONでも売ってます

PV「TOKYO特許許可局」(2008年)

PV「ブルージーンズ」(2010年)

PV「ただの錯覚」(2011年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music」(チミドロ/TOKYO特許許可局)(2008年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music vol.2」(チミドロ/ブルージーンズ)(2009年)

ファミコン音源を使った曲ばっかりのコンピCD「F.C BROS 2011」(チミドロ/迷子)(2011年)

ダンスレーベルLBTのコンピ「Drinkers High!10」(チミドロ/ゲットー酒場)(2011年)

フランスのレーベルSONOREのコンピ「みんなの家」(2012年)

BANDCAMPで配信中のわんにゃんパークEP(2013年)
そしてそのリミックス音源

SCUM PARK周辺のコンピ「FRESH EVIL DEAD」(2015年)

下北沢THREEのイベント「NO FUN」のコンピ「NO FUN ISSUE01」(2015年)

チミドロのsoundcloud

チミドロのMyspace

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by chi-midoro | 2019-12-24 23:59 | ライブ

ブラックニッカ日々 2018-12-7

朝、体が重いが熱は下がった気がする。
なんとかなりそう。
午前中に下のボーイの学芸会をみて、
昼はリンガーハットのカップ麺。

夕方、梅田へ出る。
上のボーイが誕生日で、この前体調不良でダウンしたリベンジをということで安いバイキングへ。
そこそこの味。こういう店のそこそこ感はすごい。
ヨドバシカメラで母にもらったボーイ用の小遣いで「スマッシュブラザーズ」のソフトを買う。
今日がちょうど発売日で長蛇の列。そんなすごいものなのか。

帰宅し一旦寝て起きて仕事。
シカクのメルマガ書いたりする。
夜半、一旦疲れて休憩、と思ったまま寝る。

今村夏子「こちらあみ子」を読み終える。
「こちらあみ子」「ピクニック」という中編と「チズさん」っていう短編の3つの小説が入った本で、
3つともに通じる部分がいくつかあって、それはまず、軸となる人物のピュアさ。
そしてそのピュアさは大抵、世間と折り合いがつかない。
折り合いがつかないので本人も色々苦労し、周りを無自覚に傷つけたり、
何かに巻き込んだりもしている。
そして3つの小説とも、軸となる人物が身体上か精神上かに常に何か負荷がかかっている。
大ケガしてる、とか、幻聴らしきものが聞こえてる、とか、
2つ目の「ピクニック」の主人公の「七瀬さん」が、恋人らしき人の落としたケータイを川の底から探そうとして、
毎日ドブ川をさらってるのだが、そのぬかるんだドブも負荷だ。
そういういえば、「こちらあみ子」の冒頭も、足をとられるほどのぬかるみの描写があった。
それがまさにこの3つの小説を貫いている、ままならない感じ、体が思うようにスムーズに動かせない感じ、を象徴している気が、いましてきた。
途中でベケットの「モロイ」を読んだ時のことを思い出したのも、ぬかるみに足をとられて動けない感じから連想したのかも。
とにかく、登場人物たちは、ピュアに突き抜けて行動したいといつも思うのに、ままならぬものに足をとられてズブズブ沈んでいく。自分はそれが意地悪く感じ過ぎて、なんというか、作者の作意が強すぎる気がして「こちらあみ子」の途中ぐらいから少し心が離れてしまった。あみ子が「のり君」に恋するシーンは最高で、そこだけで泣いてしまいそうだったが、「あみ子」のピュアさに俺もついていけなかったということなのか、執拗に継母を傷つけるところも、そこにまた傷つき過ぎてしまう継母にも距離を感じた。なんか少し、作者が登場人物に対してサディスティックに振る舞っているように見えるなんだよな。なんか、苦難にあわせたがりというか…。

[PR]
# by chi-midoro | 2018-12-08 11:28 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-12-6

朝、具合悪くて目が覚める。

トイレに籠り、寝ていても苦しくて、うめいているうちに気づけば寝ていて、体の節々が痛い。
パブロン飲んで布団をかぶりまた無理矢理眠る。
昼過ぎ、なんか食べられそうな気がしてカップラーメン食べたのが愚かで、
また気持ち悪くなって横たわる。
寒気はするが夕方にはなんとか起きあがれるぐらいになって仕事。
夕飯はおかゆにする。
おかゆ旨い。旨いけどおかゆ食べることにより、いよいよ病人気分。
熱い風呂に入り、一旦寝てまた起きてもう少し仕事。
2時半頃終わる。

今村夏子「こちらあみ子」を読んでいる。
主人公の「あみ子」が「のり君」という男の子を好きになる瞬間の、
世界がはじけるような感じがたまらない。


[PR]
# by chi-midoro | 2018-12-07 08:58 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-12-5

午前中に起きて楽な仕事から始める。
ひと段落したところで図書館に本を返しに行ってまた借りる。
調子にのってどんどん予約したのが一気に届いてまた大変だ。
絶対読み切れない。

帰りに100円ローソンで買った100円のカップ麺にコーン缶ドサ入れで昼食とする。

夕方頃家を出て、ずっと行きたいと思っていながらいっつもフラれていた西九条の「金生」へ。
みゆきさんに同行してもらう。
タイミングよく奥の方のテーブル席に座ることができた。
17時から21時までしかやっていない、なかなか狭き門。
しかし、これがやはりすごい店で、
例えば280円の「カニ味噌豆腐」っていうのが、カニそのままの濃厚な味で、
焼き白子は500円ぐらいでやたら旨く、カニの足茹でたやつが一杯入った皿も500円ちょっと。
一品ごとに感動がある。イカの刺身もうまかったな。
「これはラズ先生を連れてこないと!」と思う。パリッコさんも喜ぶだろう。
めちゃくちゃ濃くてもはやヨーグルトのようなどぶろくを飲む。
それでお会計は一人2000円までいかなくて、なんとありがたいことか。
最後の方に食べた里芋がまためちゃくちゃうまかったな。
チューハイが300円なのもうれしい。

すっかり満足して帰路。
酔った勢いで遅くまでスプラトゥーンやる。

[PR]
# by chi-midoro | 2018-12-07 08:51 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-12-4

下のボーイも具合悪くなり、家が病室のように。
昼に髪を切る予約をしていて、その時だけ外に出てあとは家で世話。
昼はうどん。夜は湯豆腐。

ムンク展後に古本の通販で探して買った小さい画集と、「ムンクへの旅」というムンクの暮らした場所やアトリエとかを写した写真がたくさん載った本が一気に届く。

自分が好きだった「星空の下で」っていう絵はどちらの本にも載ってなかったけど、この前の展示になかった絵もあって、もっと分厚い画集も欲しくなる。ムンクは風景や人をめっちゃ抽象的に描いていることも多くて、表情が点や丸で描かれてたり、風景もいきなり単純化されてたりするけど、それは自分が得た印象に忠実に掻いていて、抽象的というよりむしろ自分イメージを写実的に描いたのかもしれない。あとそうだ、「別離」という、恋人が男のもとを去っていくような場面が描かれた絵があって、あそこからつげ義春が「別離」っていうマンガのタイトルを取ったんじゃないかという気がした。違うかもしれないけど。

伊藤重夫の「ダイヤモンド・因数猫分解」を有志の人がクラウドファウンディングで復刊したやつが届く。巻末に出資者として自分の名前も載っていて嬉しい。パラパラとめくり、いい絵だなと思って、とりあえず今は読む気にならなくて閉じる。

[PR]
# by chi-midoro | 2018-12-05 12:22 | 脱力