<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-09-27

東京から玉置さんが来るというので会うことに。
昼頃に尼崎で待ち合わせで、何の気なく阪神尼崎駅に向かったのだが、
玉置さんはJRの方だった。
玉置さんが取材しがてら阪神の方にバスで移動してくるのを待つ。

体調が良くなくてフラフラする。
コンビニ前の地面にしゃがみ込む。
少なくとも10年後は死んでると思う。

尼崎の商店街、なんとも味わい深い。
三和商栄会の裏手の方なんか廃墟みたいだ。

玉置さんと合流し「かごもと」という肉屋さんのホルモンを店の裏のベンチで食べる。
自分はもう最近全然肉が食べられないので少しだけもらった。旨い。
お店の方が色々とふるまってくれる。

阪神尼崎駅から日本橋へ移動し、
今日玉置さんが出るロフトプラスワンウエストへ。
自分も少しだけ手伝うことに。

シカクブースも出店するので巴さんみゆきさんもいる。
玉置さんがお客さんに振る舞うまぜそばを食べさせてもらう。
麺がうめえ!
さすがである。

今日は玉置さんと平坂寛さんの二人がしゃべるイベントで、
二人が出した本は主旨も装丁もかなり近くて
よく考えれば考えるほど二人ともデイリーポータルのライターというのが面白い。

玉置さんに言わせれば、俺は地味、平坂さんは派手、とのこと。

開演前、道頓堀近辺を少し散策。
久々に来た。

トークが始まる。二人が交互にスライドショーをしながらしゃべる。
見たこともない生き物ばっかりでてきて、
さんますらまともに触れない自分はポカーンとしつつ、
「これが実はすごく美味しいんですよ!」とか言ってるけど本当に美味しいのかな?と思いながら聞いている。

途中少しお手伝い係で壇上にあがったりしたが、まったく役に立たず、そばにいただけであった。
平坂さんの話は玉置さんよりもだいぶワイルドで、なんつうかまさに野人!と言う感じ。
玉置さんも野人だけど、もし無人島に二人が流れついたら、狩猟を平坂さん、調理を玉置さんが自然に担当しそうな感じがある。

23時過ぎまでギッシリとトークがあり、
終演後、来てくれたハヤトさんヤマコットさんもまじえ、会場で一杯打ち上げ。

天六までの終電で帰宅。
100円ローソンで買ったカップ麺に長野みやげの野沢菜入れたらやたらうまかった。

[PR]
by chi-midoro | 2017-09-28 13:53 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>