<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>

ブラックニッカ日々 2017-10-02

今日は昼から酒取材。
なのでご飯は抜いて行こうと思ったが、なんか小腹が空いてカップヌードル食べる。
もちろん漬け物イン。

14時から西中島南方で取材。
あいにくの雨である。

カメラマンの尾上さんは今日は体調が悪いそうで、お酒はやめておくとのこと。
撮影後に出してもらったおつまみを食べながら、仕事のギャラの話ばかりするのでいつも困る。

自分にカメラを扱う技術があって、自分ひとりで取材できるならその方が気も楽だし取材が楽しく進むような気がする。
人と仕事するのは難しい。まあそれもたまには必要なことだろう。

2軒目は梅田の駅前ビルの居酒屋取材である。
自分が地下鉄の通路から駅前ビルの方へ行こうとすると、
その行き方が尾上さんの思っていたのと違うものだったらしく、
「どこへ行こうとしてるんですか?ちゃんとわかってるんですか?」みたいに何度も言われる。
ちょうど先日通ったばかりのルートなので間違いはないのだが…。
とにかくマウント取りたがりな人である。
まあ、それならそれで一切を任せられるので楽でもある。
「うっせーわジジイ」と聞こえない音量でつぶやきつつ地下道を歩く。

お店の取材は、マスターに自分が話を聞いているうちに尾上さんがサッサッと撮影していくスタイル。
早々に撮り終えて「失礼します」と去っていった。
一人になり、マスターの話を聞きつつしばらく飲む。

マスターは16歳の頃に沖縄から出てきて大阪、東京、横浜と住む場所を変えながら、
ずっとバーやキャバレーなどで働いてきたそう。
高円寺、吉祥寺に住んでいたこともあって、
高田渡や斉藤哲夫、シバや加川良なんかとも仲が良かったらしい。
実際、高田渡がマスターのお店でライブするのが恒例だったりしたそうである。

お店の隅のレコードプレーヤーでふとかけたのが上田正樹と有山淳司「ぼちぼちいこか」である。
大学の同級生の南くんが大好きだったアルバムで、よく二人で聴いた。
その南くんの神戸の実家に泊まらせてもらって関西を旅行した際、
この駅前ビルを散策したこともあった。
その頃、まさか大阪に暮らす未来があろうとは考えもしなかった。
駅前ビルの飲み屋でこのアルバムが聴けてよかった。

良い気分で店を出て、前から気になってた「麺屋7.5hz」で締めのラーメン。
麺が固くてうまい。

帰宅し即眠る。
深夜起きて少し仕事。



[PR]
by chi-midoro | 2017-10-03 02:57 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2017-... ブラックニッカ日々 2017-... >>