<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-03-04

事務所で寝ていると妹の子どもたちが遊びにきた。
慌てて起きて身支度。

交代するように部屋をあけてもらってシャワー浴びる。
今日中にやらなきゃいけない仕事。

昼、近くの中華にみんなでご飯を食べにいく。
チャーシューメン。旨い。

部屋に戻り、今日中にやらなきゃいけない仕事の続き。
ICレコーダーで録音した音声を再生しながら原稿を書いていて、
店のマスターが「ニンニクの黒酢漬け」をサービスで出してくれた時の音声で、
はやとさんが「カメムシみたいな色っすね」って言っているのが録音されていて笑った。

昼ごろに大木テングさんから連絡があり、「桜台で飲みませんか」と言ってもらった。
が、原稿が全然終わらず、なんだかんだで気付けば19時。
慌てて家を出てまず新宿へ向かう。
新宿のBEAMSで、BEAMSと別府市が共同で作っているフリーペーパーを配布していると聞いて行ったのだが、
昨日で無くなってしまったらしい。
「今度から電話してから行けよお前!」と自分に言いたくなる。

紀伊国屋書店でずっと欲しかったスペクテイターのつげ義春特集とメテオさんがおすすめしていた町山智浩の映画評論の本を買う。

大木さんから返事があり、20時半頃からなら家を出れるとのこと。
スマホの充電、残り1%だったのでヒヤッとした。

池袋→桜台と乗り継ぐ。
桜台、久々だがなんだか店が増えた印象。
日曜夜なのに結構飲める場所がありそう。

大木さんとの待ち合わせ場所である「末広」に先に一人で入って飲んでいる。
しばらくして大木さんが来て乾杯。
玉置さんが記事に書いていた店で、安くてサワー類の中身が濃い。
マスターが自分のことを知ってくれていたようで声をかけられて驚く。

ヘビメタが大音量で流れており、みんな静かに頭を振っている。

生卵を飲んでいる常連さんがいる。
一気に飲まず、少しずつ、つまみにして飲むという。

大木さんが近所に住むヤギヌマさんとトモビッチさんを呼んでくれていたようで、
途中からその二人も参加。
4人であれこれ歓談。
ヤギヌマさんが冷凍庫の中で働くバイトをした初日、
半袖で行ったら自前のジャンパーを持って行かないとダメだったらしく、
マイナス15度ぐらいの環境で半袖という過酷な状況になった話。大阪の飲み屋の話など。

もう一軒、秋元屋出身のネパール人店主が営む「スタイリス屋」(店名最高)が良いっていうんでそこに連れていってもらう。
一口カレーがめちゃくちゃ旨い。あと、小籠包にスパイシーなソースをつけて食べるやつも旨い。
でも焼きとん類はネパール感無く至極まっとうらしい。朝5時までやってるそうだ。

あっという間に終電なくなり、神田止まりの経路で帰宅。
スペクテイターのつげ義春特集が素晴らしい。

巻末につげ義春のインタビューが載っていて、とにかく何度も「この世から消えたい」「何の未練もない」と言うようなことを繰り返している。俺も早く未練を無くして消え去りたい。

[PR]
by chi-midoro | 2018-03-05 10:21 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>