<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-04-04

昼前に起床。
キクザキリョウさんから声をかけてもらって、
神戸で「ごろごろ、神戸2」というコラムを連載しているライターの平民金子さんと飲むことに。
当初はお昼から飲む予定だったが、予定が変更となり、夕方からスタートすることに。

昼はボーイズをベルファの千円カットに連れていき、
ついでにフードコートで食事。
自分はリンガーハットの皿うどんを食べたのだが、
やけに美味しかった。
このところいつも「野菜たっぷり皿うどん」をチョイスしていたのだが、
それは最後の方、本当に多い野菜との戦いみたいになってしまって、
自分には普通のでちょうどいいみたいだ。

夕方、家を出る。

ちょうど平民金子さんのコラムがタブロイド版になったやつが発売になって、
それが三ノ宮駅の近くの観光インフォメーションセンターで300円で販売されていると聞いた。
なのでそれを買いがてら、目的地の「中畑商店」へ行くことにする。
三ノ宮駅から歩こうと思ったら結構遠いことがわかり、
神戸駅まで電車に乗ってそこから歩く。

店前でキクザキさんと合流。
二人で飲んでいるところへほどなくして金子さんがくる。
初めて会ったが、そんな気がしなかったのは、
もしかしてこの店で前にお見かけしていたからかもしれない。
そんな気がした。

金子さんは店に入ってくるなり「キクザキさん金かりれます?」と言って、
財布を忘れてきたらしい。
しばし無言で、メテオさんのnoteに書いてあった飲み方みたいに
グビリという音しかしないみたいな時間が流れ、
「ああ、こんな感じで全然しゃべらなくても十分楽しい時間だな」と思っていたが、
キクザキさんが話を色々ふってくれて、ポツポツとみんなで話し合う。

「中畑商店」は19時閉店。
その後、新開地の「八喜為」へ行こうということになる。
金子さんは家に財布を取りに行って後から合流するという。
しかし「八喜為」は定休日。
そしたら、ということで「高田屋」というおでんの美味しいらしい店に金子さんが案内してくれる。
コの字カウンターに三人で座り、ここでもぽつりぽつり、必要最低限の会話。
黙っているだけでいい時間。
松井一郎嫌っすねーとか、この辺の良い商店街の話とかをした気がする。
金子さんは自分の顔をヤマコットさんのツイッターでよく見てくれていて、
知っていたという。

「そうなんですか!そのヤマコットさんが金子さんのブログのことも中畑商店のことも教えてくれた人で、今日の場をきっと『うらやましい!』って言うだろうと思います」と話すと、「そうなんですかー!それはそれは」というので、「よかったら、ダメもとで誘ってみてもいいですか?」と話すと「もちろん」ということになり、ヤマコットさんに連絡。「少し遅くなるが向かいます」とのこと。

この「高田屋」は21時ラストオーダーでギリギリそれにヤマコットさんが間に合うかどうかというタイミングだった。
お店の方は「もう少し待ちましょうか」と言ってくれたが会計を済ませて外で待つことにする。
それにしても大根とキクザキさんが頼んで分けてくれた締めの「おでんそば」が旨すぎる店だった。

ヤマコットさんと合流し、小雨がふって来たので新開地の地下鉄の通路を歩いて移動。
天ぷらが旨いという立ち飲み屋で飲み、もうすぐいよいよ本当に無くなってしまうというガード下のモトコーを歩いて元町方面へ。
シャッターに「移転します」とか「長らくのご愛顧ありがとうございます」とか書いてあって、
本当に無くなるんだなと不思議な気持ち。
元町方面に向かって右側はまだ大丈夫だけど左側は閉めてる店が多くて、
ヤマコットさんによれば右と左で管轄が違うそうだ。
「アフタヌーンティーとかになるんじゃないですかね」と金子さん。

金子さんのコラム(かツイッターか)に、無くなっていくものを惜しむだけではダメで、
そこに住んでいる人が本当に望んでいるものがなんなのか考えたいというようなことが確か書いてあって、
このモトコーも、自分からすればそりゃもう絶対このままな方が良い場所だけど、
治安とか耐震とか、清潔感とか?そんな色々を考えたら作り替えたいと思う地元の人もいるだろう。

ただ、ここは自分が関西の面白さを初めて体感した場所で、
もう15年も前に、大学の友人で兵庫県出身の南くんに案内してもらって、
古いレコードだの昔のアイドルの写真集だの200円ぐらいのアダルトビデオだの買い漁って、
面白すぎるから明日も来よう!みたいな感じで泊まらせてもらっていた南くんの実家からまた翌日来て、
最終的には二人で買ったものが大量過ぎて、でかい段ボールで東京に郵送した。
そんなこともあった場所で、とても寂しい。
エネルギッシュで汚くて怪しくて最高の場所。
中村雅俊を見かけたこともあったな。

最後かもしれないと思いながらみぎひだりよく見て歩く。

元町駅前で三々五々解散。

そういえば金子さんは三軒目の立ち飲み屋で「ニンテンドースイッチのスプラトゥーンばっかりやってる」と話していて、
しきりに「買ってください!」とすすめてくれた。
来月のクレジットカードの支払いが終わった時、検討したい。

うとうとしながらも無事帰宅。
家に帰って開いてみた「ごろごろ、神戸2」がすごくよくて、
面白い人と飲んだなと改めて思った。

[PR]
by chi-midoro | 2018-04-07 04:00 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>