<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-04-11

今日は14時から大阪港で酒取材の予定があり、
その前に「乙女麺」を購入すべく、午前中に日本橋へ。

「乙女麺」を作っている「やかん亭」は前の路地裏から大きな通り沿いの角地に移転していて、
大きく、キレイになっていた。
ちょうど店長の大和さんがいて色々話を聞くことができてよかった。

日本橋には二郎ライクなドカ盛りのラーメン屋がたくさんあるので誘惑に負けそうになるが、食べない。
この後、取材があるから。

日本橋から大阪港へ向かい、みゆきさんと合流。
少し時間があったので、取材先の周辺を散策。
天保山へ向かえば大勢の人がいて、海外の観光客もたくさんいるのだが、
反対側はいきなりひっそりしている。
高齢の方がのんびり歩いている住宅街。

取材先の「大澤酒店」はめちゃくちゃ落ち着く雰囲気のいい飲み屋。
おっとりした店のお母さんに色々話を聞く。
60年前からこの場所で営業していて、開店当初はこの辺りは港湾労働者で大賑わいで、
この店も連日満員になっていたという。

それがコンテナをでっかいクレーンで運ぶような感じで機械化されていき、
労働者が激減し、賑わっていた商店街も廃れ、今はこの辺で飲める店はここ含め3軒ほどになってしまったという。

でも、少なくなったからこそ町の人には貴重な酒場で、
夜勤明けの人から夜に仕事が終わる勤め人から、幅広く来るので、
9時半から23時までずっとお母さんが店に立っているんだとのこと。
息子さんが継いでくれることが決まっていて、もう少しやれそうだという。
またゆっくり来たい。

店を出て天保山方面へ歩く、とんでもない豪華客船が停泊している。
(お店のお母さんがそう言っていた)
いや、あれはさすがにショッピングモールの建物か、と思ったけど近づいていったら本当に客船だった。
一目で豪華だと分かる客室でくつろいでいる人も少しいるが、
ほとんどはバスで町に下りて観光を楽しんでいるようだ。

辺りをウロウロし、前に取材で乗ったことのある天保山からUSJ方面に出ている無料の渡し舟に乗ることに。
今日は波が高くて遊覧船などは欠航になっていたが、この渡し舟は運航している。
5分ぐらいだが一応海の上。
そこから見る客船、迫力があった。
カメラを構えているおじさんもいる。

USJの方へ歩く。みゆきさんは年間パスポートを持っているほどUSJが好きだというので、
園の外から見るUSJを案内する。
園の入口辺りで「ちょっとパスポートで中に入ってトイレ行ってきます」とパスポートをこの上なく贅沢に使っていて面白かった。
ついでに中でポップコーンを買ってきてもらう。
それをつまみに入口前で酒を飲む。

電車で京橋まで出て散歩しながら飲んで帰宅。

[PR]
by chi-midoro | 2018-04-15 19:13 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>