<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-05-20

朝からマンションの会議。
9時半から13時半ぐらいまでかかる。
やらなきゃいけないことなのだが苦痛で仕方ない。
どうすれば答えが出るのかわからないようなことをずっと話すのだが、
みんなが疲れてなあなあで済ませようという流れになったところを
「そんな風に強引に適当に決めていいんですかね」という人がいて、
自分はいつも、多数決とか声の強い人の意見で決まっていく色々なことに対して、
「そんな風に強引に適当に決めていいんですかね」と思っている方だし、
そういう人が世の中が一方向に行かないように反対側から引っぱってないと大変なことになると思っている側なのだが、
「早くこの話し合いを終えたい、もう疲れた」と思っているこの状況だと、
「そんな風に強引に適当に決めていいんですかね」というところでまたゼロから始めるというのが大変で大変で、
ああ、体制側が小さな意見を「それはそうかもしれないけど、もう決まったんで」と押し切りたい気持ちとはこういうものかと思う。

自分はだいたい打ち合わせだとか、会議だとか、そういうものが本当に苦痛で仕方ないようだ。しゃべれないし。

ドッと疲れ果て部屋に戻る。
今日、本当なら13時から関西コミティアを取材する予定なのだがすでにだいぶ遅れている。
とりあえずすぐ飛び出し、都島⇒谷四⇒コスモスクエアと乗り継いで会場のインテックス大阪を目指す。
途中道に迷ってさらに遅れを増やし、ようやく会場へ。
同じ取材スタッフとして午前中から来ていたみゆきさんと合流。
あぞさんも来ていたそうだが会えず。
広い会場にたくさんブースが並んでいる、デザフェスとかそういう感じの雰囲気。
80%ぐらいはオリジナルのマンガを売っている人で、
マンガ家志望の人が大手出版社のマンガ誌の担当者に自分の作品を読んでもらえるブースなんかもあり、
マンガを描きたい人には大事な発表の場になっているようだ。

残りの20%はシカクで扱っているような、ワンテーマの研究本だったり写真集だったり、
例えば屋上遊園地や公園遊具の写真集を出している木藤富士夫さんがいたりする。
即売会でしか売っていないという銭湯の写真集があったので買う。

あと、フェリーを研究しているサークルがあって、フェリー研究本を売っていたのでそれも買う。

みゆきさんに説明してもらいながら会場の雰囲気をざーっと見て外へ出る。
近くのサイゼリアで、買った本を見せてもらいながらそれを記事で紹介するべくメモを取る。
1時間ぐらいして外にで出て、コスモスクエア駅前の海辺で発泡酒1缶。
ベンチに自前のミニDJブースを作って一人でDJしている男性がいて面白かった。
誰か客がいるとかじゃなく、トランペットの練習している感じでDJしている。
少し遠くから見てたらこっちを見て、「グー!」っていう感じで両手を突き出してきたので照れた。
面白い人である。

釣りをしている人がたくさんいる。
芝生を駆け周ってる子どもとその家族。
静かな場所で好きだ。

17時過ぎに解散し帰宅。
早起きしたのでめちゃくちゃ眠いが寝る間なくボーイズを連れてくら寿司に。
お金がないので「スパらってぃ」っていうラーメンとスパゲティのハーフみたいな食べ物をいきなり食べる。
(昨日食べたインスタントペペロンチーノと似たようなものだと今気づいた)
ボーイズがかなり食べるので、油断できないのだ。
満腹になって帰宅し、22時ごろ一回寝る。
24時過ぎに起き出して今日の取材の原稿を書く。
それを書き終え、もう一仕事。

なんだか長い一日だった。

[PR]
by chi-midoro | 2018-05-22 10:40 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>